• TOP
  • ポルシェ・ケイマンに強力ライバル誕生! 絶品ハンドリングを追求したロータス最後のエンジンスポーツ、エミーラの衝撃

 ー 

ポルシェ・ケイマンに強力ライバル誕生! 絶品ハンドリングを追求したロータス最後のエンジンスポーツ、エミーラの衝撃

Writer:西川淳 Photo:Lotus

ロータス・エミーラ 新車ニュース

ロータス・エミーラ エミーラは新たなロータスの時代を告げるニューカマー 走りと快適性を重視したミドルスポーツ デリバリー開始は2021年春の予定 最大のライバルはポルシェ・ケイマンか!?
ロータス・エミーラ エミーラは新たなロータスの時代を告げるニューカマー 走りと快適性を重視したミドルスポーツ デリバリー開始は2021年春の予定 最大のライバルはポルシェ・ケイマンか!?

エミーラは新世代ロータスを牽引する存在。ダイナミックな造形

 ロータスが中国吉利汽車(ジーリー)傘下に入ったのは2017年だった。潤沢な資金と人材という支えを得たロータスは「ヴィジョン80」を掲げ、大胆な変身を宣言した。その第1弾が2019年に発表した最高出力2000psを掲げるEVハイパーカー、エヴァイア。第2弾がタイプ131、エミーラだ。
 エヴァイアがごく少量生産のイメージカーなのに対し、エミーラは次世代を担うロータスの主力モデル。従来のエリーゼ、エキシージの後継というポジショニングになる。エミーラというネーミングは「リーダー」を意味する古代言語に由来。スポーツカー界を牽引するという、ロータスの強い意志が込められている。

 スタイルはエヴァイア譲り。ヘッドライト周辺やサイドの巨大なエアインテーク、全体的なシルエットは共通イメージ。航空機からインスピレーションを得たというエアロダイナミクス処理も同様だ。デザインを手がけたのは、長らくロータスデザインを担当するラッセル・カー。アメリカや中国を筆頭とした世界市場を重視した造形である。

エミーラは高剛性で軽量な接着アルミニウムシャシー採用 駆動方式はMR AMG製2リッターターボのデビューは2022年夏以降

エンジンはトヨタ製とAMG製をラインアップ。英国工場で生産

 ボディサイズは全長×全幅×全高4412×1895×1225mm。エリーゼ(同3900×1720×1130mm)比でかなり大きくなった。ベンチマークとしたのはポルシェ・ケイマンだろう。エミーラはライトウェイトスポーツではなく、ミドルスポーツカーがコンセプト。開発の当初から実用性の向上という目標が掲げられていたという。2シーターながらホイールベースを2+2のエヴォーラと同じ2575mmとし、シート後方だけでなく、独立したトランクスペースを設けたのはその成果だ。大型化は、将来の電動化の布石でもある。

 インテリアはさらに挑戦的。快適性を重視し、インフォテインメントに加えてADASや各種機能装備も充実する。もちろん最も大切なテーマは、ドライビングダイナミクス。ワイドトラックとなり、ジオメトリーや前後重量配分を徹底的に最適化。シャシーは軽量設計の接着アルミニウム構造だ。

 パワートレーンは、2種のピュアエンジンを設定。初期の限定モデルにはお馴染みトヨタ製3.5リッター・V6スーパーチャージャーが搭載され、MTもしくはATが選ベる。注目は、続く4気筒モデル。何とAMG製の2リッター直4ターボ(M139)+7速DCTの採用が決定した。スペックの詳細は明らかにされていないが、最高出力は365〜405ps前後になるという。
 エミーラは、英国ヘセルの新工場で生産。「For The Drivers」を掲げた新型が、どのような新価値を提供するのか、楽しみだ。

ホイールは大径20インチ タイヤは専用設計のGYイーグルF1標準 ミシュランをop設定
ライトはエヴァイアと共通イメージのフルLED 印象的な意匠
インパネは機能的な造形 メーターはフル液晶 中央には10.25インチタッチスクリーンを配置する ステアリングは小径フラットボトム形状 各部の仕上げはロータス史上最も上質な印象
シートはサポート性と快適性を重視した形状 シート後方スペースと独立したトランクにより実用性は高水準

ロータス・エミーラ 主要諸元と主要装備

車名=エミーラ
デリバリー開始時期=2022年春以降
全長×全幅×全高=4412×1895×1225mm
ホイールベース=2575mm
車重(DIN、乾燥重量)=1405kg
乗車定員=2名
エンジン=2リッター直4ターボ/3.5リッター・V6スーパーチャージャー
最高出力=360〜400hp(365〜405ps)
最大トルク=430Nm(43.8kgm)
駆動方式=MR
0→100km/h加速=4.5秒以下
最高速度=290km/h
CO2排出量=180g/km
●コネクティビティ&インフォテインメント:10.25インチタッチスクリーン/ナビゲーション(一部地区除く)/アップルカープレイ/アンドロイドオート/KEF Uni-Qプレミアムオーディオシステム
●主要装備:キーレスゴー/クルーズコントロール/雨感知ワイパー/電動格納式ミラー/電動シート/LEDエクステリアライト/アダプティブクルーズコントロール/衝突防止システム/疲労感知アラーム/道路標識情報/車速リミッター/車線逸脱警告/後退時安全確認警告機能/レーンチェンジアシスト
※スペックは欧州仕様

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る