• TOP
  • 「最新モデル試乗」まるで運転が上手くなったような感覚。熟練の技が光るフィット・モデューロXの走り味

 ー 

「最新モデル試乗」まるで運転が上手くなったような感覚。熟練の技が光るフィット・モデューロXの走り味

Writer:桂伸一 Photo:小久保昭彦

ホンダ・フィットe:HEVモデューロX 価格:286万6600円 試乗記

ホンダ・フィットe:HEVモデューロX モデューロXは熟練エンジニアが磨き込んだハンドリングが魅力のスペシャルモデル 駆動方式はFF
ホンダ・フィットe:HEVモデューロX モデューロXは熟練エンジニアが磨き込んだハンドリングが魅力のスペシャルモデル 駆動方式はFF

「フラットな姿勢と引き締まった操縦性」を追求。匠の技が光る!

 匠の技により理想の走りを目指したコンプリートカーが、モデューロXである。その第7弾としてフィット・モデューロXが誕生した。ベースモデルはe:HEVリュクス。286万6600円の価格はベース車比44万円高になる。

 フィットの乗り味は同クラスのライバルと比較して、滑らかさが突出している。サスペンションストロークやダンパーの減衰力など、すべての動きがスムーズそのもの。そのホワッとした乗り味は、いわゆる「ネコ足」といわれる往年のフランス車を彷彿させる。とはいえホンダ車ユーザーは、「フラットな姿勢と引き締まった操縦性を好む」層も多いという。モデューロXはそこに注目した。

 具体的にはサスペンションを全面リファイン。バネはそのままに、ダンパーを専用品に交換。標準比で1本当たり2.9kgも軽量な16インチアルミを装着した。アルミは操縦性と乗り味改善のため、しなりと剛性をコントロール。専用ダンパーとのセットで効力を発揮する機能アイテムだ。

ヘビーウェットの荒れた路面でも優れたロードホールディング性能を実感 ハンドリングは素晴らしい
モデューロXのベース車はリュクス ボディカラーは全4タイプ

日常域でもエアロパーツは効果を発揮。すべての走行シーンでレベルアップを実感

 エクステリアもスペシャル仕様。実車風洞実験を経て仕上げた、こだわりのエアロパーツが、フィットのイメージを大幅に変えた。まずフロントマスク。やはりグリルはそれなりのサイズのほうが、表情が豊かになり精悍である。前後のエアロバンパーは、ともに下面への空気の流れを調整。リフトを前後で抑えてタイヤの路面追従性を引き上げる。具体的には約60km/hからリフトの数値が変化するという。テールゲートスポイラーも同様の機能を持つ。

 試乗開始。駐車場から周囲の流れに合流、ステアリング操作にスッと追従する応答遅れのない自然な動きだ。適度に締まった足回りは、ドイツ車的な硬質感に変化していた。
 そのまま高速に進むと、コーナーでボディがロールする速度が抑えられ、継ぎ目の通過でもフラットな姿勢のままタイヤだけが上下動を繰り返す。100km/h域では路面への接地性が増し、ステアリングに重さとして伝わってくる。ベース車とはひと味違う上質な味わいに変化している。
 モデューロXの開発舞台でもある群馬サイクルスポーツセンターに到着。荒れた舗装とヘビーウェットの状況ながら、ロードホールディング性はいい。接地感を大舵角まで維持してくれた。その変化の穏やかさにタイヤ性能の違いを確信する。しかしタイヤは標準と共通という。サスペンションのレベルアップは、路面状況を問わず安心の走りを約束する。
 モデューロXは、走りの楽しさを重視するドライバーにジャストフィットする。

専用グリル&前後エアロバンパー採用 空気の流れを整え60km/h以上でダウンフォースが実感できる「実効空力」デザイン
アルミは1本当たり標準比2.9kg軽いスポーク形状 モデューロXは専用ダンパー装着
1496cc直4DOHC16V(98ps/127Nm)+モーター(109ps/253Nm)で構成 エンジンは発電と高速時に使用 スペックはベース車と共通
ステアリングは操作性に優れた本革巻き 操縦性は抜群 室内カラーは写真のブラック&ボルドーレッドとブラック単色の2タイプを設定
シートは本革とグランリュクスのコンビ仕様 サポート性/座り心地ともに良好 乗り心地はフラット感覚 スペース性はクラストップ
メーターは液晶デザイン 速度計はデジタル表示 視認性に優れたモダンなレイアウト
トランスミッションは電気式 Bレンジでブレーキ回生量が増大 パドルは未設定
ベース車同様に安全機能充実 ACCは全車速追従の高機能型

ホンダ・フィットe:EHVモデューロX 主要諸元と主要装備

グレード=e:HEVモデューロⅩ
価格=286万6600円
全長×全幅×全高=4000×1695×1540mm
ホイールベース=2530mm
トレッド=フロント:1485/リア:1475mm
車重=1190kg
エンジン=1496cc直4DOHC16V(レギュラー仕様)
最高出力=72kW(98ps)/5600〜6400rpm
最大トルク=127Nm(13.0kgm)/4500〜5000rpm
モーター最高出力=80kW(109ps)/3500〜8000rpm
モーター最大トルク=253Nm(25.8kgm)/0〜3000rpm
WLTCモード燃費=未公表(燃料タンク容量40リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:車軸式
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=185/55R16+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=5.2m
主な燃費改善対策:ハイブリッドシステム/アトキンソンサイクル/アイドリングストップ/可変バルブタイミング/電動パワーステアリング
モデューロⅩ特別装備:専用フロントグリル+前後エアロバンパー+テールゲートスポイラー/ドアロアガーニッシュ/ブラック塗装ドアミラー+リアライセンスガーニッシュ/ダーククロームメッキエンブレム/専用ダンパー/16㌅アルミ/専用本革巻きステアリング+セレクトレバー/アクセントカラーインテリアパネル/ラックススェード&本革コンビシート/専用フロアカーペット&パワースイッチ(Modulo Xロゴ入り)
主要装備:ホンダセンシング(衝突被害軽減ブレーキ+前後誤発進抑制機能+歩行者事故低減ステアリング+路外逸脱抑制機能+渋滞追従機能付きアダプティブクルーズコントロール+車線維持支援システム+オートハイビーム+先行車発進お知らせ機能+標識認識機能)/パーキングセンサー/サイドカーテンエアバッグ/フルLEDヘッドライト/セキュリティアラーム/LEDポジション&ターンランプ/電動サーボブレーキ/AC用フル電動コンプレッサー/充電用USBジャック/LEDマップ&ルームランプ/スマートフォントレー/チップアップ&ダイブダウン機構付き6対4分割リアシート/後席センターアームレスト/前席シートバックポケット
ボディカラー:プラチナホワイトパール&ブラック(op8万2500円)
※価格はすべて消費税込み ※モデューロXⅩは持ち込み車検車両です

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る