• TOP
  • 美しいだけでない! トップスピード330km/h オーバー、3リッター・V6プラグインHVスポーツ、フェラーリ296GTBの衝撃

 ー 

美しいだけでない! トップスピード330km/h オーバー、3リッター・V6プラグインHVスポーツ、フェラーリ296GTBの衝撃

Writer:西川淳 Photo:Ferrari

フェラーリ296GTB 新車ニュース

フェラーリ296GTB 296GTBは時代が求める環境性能を備えた新世代MRスポーツ 3リッターV6ターボ(663ps)とモーター(167ps)を組み合わせたPHVモデル システム出力830psに達しEVとして25km走る
フェラーリ296GTB 296GTBは時代が求める環境性能を備えた新世代MRスポーツ 3リッターV6ターボ(663ps)とモーター(167ps)を組み合わせたPHVモデル システム出力830psに達しEVとして25km走る

名車「ディーノ」の復活! フェラーリ初の6気筒ロードカー誕生

 フェラーリが新たな量産ミッドシップカーシリーズを発表した。プラグインハイブリッド(PHV)の296GTBだ。
「跳ね馬ネーミング」の伝統に則って素直に解読すれば、排気量2.9リッター(実際には2992cc)の6気筒エンジンを積む、グラントゥーリズモ・ベルリネッタ(クーペ)である。
 ここ数年、6気筒モデル開発はずっとマラネロのウワサだった。1960年代後半から70年代初頭に人気を博したディーノ復活かと騒がれた。モデル名にこそ共通性(ディーノ206&246GTB)を感じるものの、実際にはフェラーリ初の6気筒ロードカーになった。

 296GTBは、マルチシリンダーモデルの弟分ではない。実質的にはF8シリーズの後継車としてラインアップに君臨するだろう。もっとも、F8のルーツは308GTBである。これはディーノ246GTBの後継車だったから、ディーノの子孫が再びV6を積んだ、ともいえる。 

296GTBは3リッター・V6ターボを積む現行F8シリーズの実質的な後継車 今後スパイダーボディも登場予定

システム最高出力830ps! EVとして25km走るプラグインHVスポーツ

 新開発V6のバンク角は120度だ。全長を短く、軽く、重心を低くするためのお手本のような設計で、両バンクの間にツインターボを搭載した、ホットVレイアウトである。最高出力は663psを発揮。リッター当たり221psは、跳ね馬史上最強スペックになる。

 296GTBは、このF163型エンジンと8速DCTとの間に167psとパワフルな電気モーターを組み込んだ。システム総合出力は、何と830ps。床下には7.45kWhのバッテリーを配置する。満充電で25km、最高速度135km/hのEV走行を可能とした。
 推定140kgのシステム重量も何のその、パワーウェイトレシオは1.77kg/psにすぎない。これはF8の1.82kg/psを下回る。フィオラノ(テストコース)のラップタイムは、F8より1.5秒速い1分21秒をマークするという。

 スタイリングは魅力的。最近のフェラーリらしくシンプル路線だ。空気の流れを活用する手法で、派手なスポイラーや面構成から卒業。296GTBの造形に1960年代の跳ね馬が備えていた美しい面影を重ね合わせたファンは多いに違いない。
 フェラーリに限らず、スーパーカーの世界もいよいよPHVが常識になる。そして2025年以降にはフルEVも登場する。大排気量自然吸気からBEVまで、すべてのパワートレーンを楽しむことのできる幸せな時代にわれわれは生きている。

2992cc・V6DOHC24Vターボ(663ps)+モーター(167ps) システム出力830ps パワーウェイトレシオ:1.77kg/ps
インテリアはデジタルインターフェイスを徹底 機能的でシンプルな造形 ステアリング部に走行モード切り替えを含め各種コントロールを集中レイアウトする トランスミッションは8速DCT
キャビンは適度にタイトな2シーター構成 純粋にドライビングを楽しむ空間 パドルシフトはコラム固定式
296GTBは標準仕様とサーキット指向の軽量版アセット・フィオラノパッケージ(写真)を設定

フェラーリ296GTB 主要諸元

グレード=296GTB
価格=8DCT 未定
全長×全幅×全高=4565×1958×1187mm
ホイールベース=2600mm
トレッド=フロント:1665×リア:1632mm
車重(乾燥重量)=1470kg
乗車定員=2名
エンジン=2992cc・V6DOHC24Vターボ
最高出力=488kW(663ps)/8000rpm
最大トルク=740Nm/6250rpm
モーター出力=122kW(167ps)
システム最高出力=610kW(830ps)
燃料タンク容量=65リッター
高電圧バッテリー容量=7.45kWh
サスペンション=前後ダブルダブルウィッシュボーン
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ=フロント:245/35ZR20/リア:305/35ZR20
駆動方式=MR
0→100㎞/h加速=2.9秒
最高速度=330km/h以上
※スペックは欧州仕様

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年12月号

  • ・新型レクサスNX
  • ・新型トヨタ・カローラクロスとライバル
  • ・特集 トヨタSUVワールド

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る