• TOP
  • 「最新モデル試乗」通常ユースはEVでOK! エコでスポーティなプジョー508GTハイブリッド

 ー 

「最新モデル試乗」通常ユースはEVでOK! エコでスポーティなプジョー508GTハイブリッド

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 Photo:小久保昭彦

プジョー508SW・GTハイブリッド 価格:8SAT 633万6000円 試乗記

プジョー508SW・GTハイブリッド ハイブリッド(PHV)はシステム出力220㎰を誇るトップモデル 価格は2リッターディーゼルターボ比60万7000円高 ボディカラーは全7色を設定
プジョー508SW・GTハイブリッド ハイブリッド(PHV)はシステム出力220㎰を誇るトップモデル 価格は2リッターディーゼルターボ比60万7000円高 ボディカラーは全7色を設定

 プジョーのフラッグシップ、508にプラグインハイブリッド(PHV)が登場した。パワートレーンは1.6リッター直4ターボ(180ps/300Nm)とモーター(110ps/320Nm)の組み合わせ。弟分の3008GTハイブリッド4(4WD)と比較すると、駆動方式(FF)とエンジン最高出力が20psマイルドな点が異なる。満充電時のEV走行距離は56kmに達する。

 ファストバックとワゴンの 2ボディがラインアップされる中で、試乗車はワゴン。ライバルとなるBMW3シリーズやモデルチェンジしたばかりのメルセデス・ベンツCクラスのPHVはセダンのみ。PHVのワゴンは少数派だ。
 スタイリングは、従来からの508シリーズと共通。控えめな形状のエンブレム以外、PHVと見分けるポイントはない。さりげない演出は、環境対応車が時代の主流になったことを感じさせる。

スタイリングは伸びやか ライトはフルLED ポジション&ウインカーはライオンの牙をイメージ
508は写真のSWとファストバックを設定 ワゴンボディのPHVは少数派 全長4790mm

走行モードは4種。どこまでも走って行きたくなる電動ツアラー

 走りは、想像以上に静粛でスムーズ。走行モードはエレクトリック/ハイブリッド/コンフォート/スポーツの4種。デフォルトはエレクトリックで、電池容量に余裕がある限りEVとして走行する。EV時の最高速度は 135km/h。街中はもちろん高速道路でもパフォーマンスは余裕たっぷり。モーターならではのトルクフルな味わいが心地いい。
 電池残量が少なくなるとハイブリッドに自動的に移行する。この状態でも発進時は基本的にモーターが担当。巡航時はエンジンが適宜停止する。感覚的にエンジンは脇役の印象。エレクトリックモードと同様のイメージが持続する。

 一方、スポーツを選ぶと、エンジンが主役。アクセルレスポンス、シフトタイミング、サスペンション設定が変化しアップテンポな走りに対応する。システム出力220psならではの速さが実感できる。スポーティな外観にふさわしい走りが楽しめるモードだ。
 気に入ったのはコンフォート。パワートレーンの制御はハイブリッドと共通のまま、サスペンション設定がより快適方向に変化する。電子制御アクティブサスペンションを備えた508の乗り心地は、通常モードでもハイレベルだが、コンフォートはいちだんとしなやかだ。絶妙な座り心地のシートのマッサージ機能(マルチランバーサポート)をONにしての高速クルージングは、まさに「特別な時間」。このままどこまでも走って行きたいと思った。

 ちなみに充電は200V普通充電のみに対応。3kWで約5時間/6kWの場合は約 2.5時間で満充電になる。
 508のPHVは、極上の快適性と環境性能が際立つフレンチプレミアム。大人に似合う個性派である。

インパネは最新プジョー共通の「iコクピット」 小径ステアリングとハイマウントメーターで構成 センターディスプレイは8インチ ナビ標準
上質な座り心地のナッパレザーシート標準 前席はマッサージ機能(マルチランバーサポート)内蔵 低めの着座位置がスポーティな印象を強調
ラゲッジ空間は最大1780リッター/後席使用時630リッター リアゲートは電動式
メーターは多彩な表示モードが選べるフル液晶 スタイリッシュなデザイン 視認性は良好 ヘッドアップディスプレイは未設定
トランスミッションは8速AT パドルシフト標準 EV走行時はトランスミッションを介さず走行
走行モードは4種切り替え式 コンソールにスイッチを配置
ACCは全車速対応型 ステアリングコラムの短いレバーで操作
235/45R18ミシュラン+アルミ装着 足回りは電子制御アクティブ仕様
200V普通充電に対応 3kWで約5時間/6kWで約2.5時間必要
1.6リッター直4ターボ(180ps)+モーター(110ps)の組み合わせ 満充電時EV走行距離は56km/ハイブリッド時WLTCモード燃費は15.5km/リッター

プジョー508SW・GTハイブリッド 主要諸元と主要装備

グレード=GTハイブリッド
価格=8SAT 633万6000円
全長×全幅×全高=4790×1860×1420mm
ホイールベース=2800mm
トレッド=フロント:1595×リア:1590mm
車重=1820kg
エンジン=1598cc直4DOHC16Vターボ(プレミアム仕様)
最高出力=133kW(180ps)/6000rpm
最大トルク=300Nm(30.6kgm)/3000rpm
モーター最高出力=81kW(110ps)/2500rpm
モーター最大トルク=320Nm/500〜2500rpm
駆動用バッテリー総電力量=11.8kWh
WLTCモード燃費=15.5km/リッター(ハイブリッド、燃料タンク容量43リッター)
(市街地/郊外/高速道路=11.3/16.8/17.5km/リッター)
充電電力使用時走行距離=56km
サスペンション=フロント:ストラット/リア:マルチリンク
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=235/45ZR18+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=5.5m
主要燃費改善項目:プラグインハイブリッド/可変バルブタイミング/筒内直接噴射/アイドリングストップング/電動パワーステアリング/ブレーキエネルギー回生システム
主要装備:アクティブセーフティブレーキ/レーンポジショニング&レーンキープアシスト/アクティブブラインドスポットモニター/トラフィックサインインフォメーション/ドライバーアテンションアラート/アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)/エレクトリックパーキングブレーキ/フロント&リアソナー/ワイドバックアイカメラ/フルLEDヘッドライト/インテリジェントハイビーム/スタティックコーナリングランプ/スポーティフロントグリル/ブラックサイドウィンドウモール/ブラックルーフレール/ハンズフリー電動テールゲート/左右独立調整式オートAC/デジタルヘッドアップインパネ/本革巻きスポーツステアリング/パドルシフト/ハイブリッド・ドライブモードセレクター/ナッパレザーシート/前席シートヒーター&電動調節機能&マルチポイントランバーサポート(マッサージ機能)/98インチタッチスクリーン/SDナビゲーションシステム/FOCALプレミアムHi-Fiシステム/ワイヤレススマートフォンチャージャー/PEUGEOTミラースクリーン/アクティブサスペンション
ボディカラー:セレベスブルー
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は2万860円

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年1月号

  • ・新型SUBARU・WRX・S4
  • ・NEWマツダCX-5
  • ・特集 2022版最新Kカー選び

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る