• TOP
  • ルノー・メガーヌがビッグマイナーチェンジ。エクステリアの刷新や新パワーユニットの搭載などで魅力度アップ

 ー 

ルノー・メガーヌがビッグマイナーチェンジ。エクステリアの刷新や新パワーユニットの搭載などで魅力度アップ

Writer:大貫直次郎 

ルノーがCセグメント・ハッチバック/ステーションワゴンのメガーヌ/メガーヌ・スポーツツアラーを商品改良。2モデルともに「インテンス」グレードのみを設定し、車両価格は従来のGTグレード比で36万円以上値下げ

 ルノー・ジャポンは2021年8月26日、Cセグメント・ハッチバック/ステーションワゴンのメガーヌ/メガーヌ・スポーツツアラーを商品改良し、同日より発売した。

▲ルノー・メガーヌ・インテンス 価格:7DCT310万円 全長4395×全幅1815×全高1485mm ホイールベース2670mm 車重1320kg 乗車定員5名 写真のボディカラーはメガーヌ専用色のキュイーヴルソラールM

車種展開は以下の通り。
メガーヌ・インテンス:310万円
メガーヌ・スポーツツアラー・インテンス:330万円

 今回の商品改良は、エクステリアデザインの刷新や機能装備のバージョンアップ、搭載エンジンの換装など多岐に渡っている。また、車両価格を従来のGTグレード比で36万円以上値下げし、買い得感をいっそう高めた。

▲ルノー・メガーヌ・スポーツツアラー・インテンス 価格:7DCT330万円 全長4635×全幅1815×全高1495mm ホイールベース2710mm 車重1390kg 乗車定員5名 写真のボディカラーはメガーヌ・スポーツツアラー専用色のグリバルティックM

 エクステリアに関しては、メガーヌの特徴である洗練とモダンが融合したフレンチデザインに、さらなる優雅さを加味したことが訴求点だ。LEDヘッドライトユニットには最新のルノーモデルと同様の立体的なストライプを配し、合わせてヘッドライトカバーにダイヤモンドのモチーフを組み込んで、豊かな表情と上品さを付与。また、新造形のフロントバンパーおよびフロントグリルを装着するとともに、フロントエンドとフロントフェンダーにクロームのパーツを効果的に配して、質感と優雅さを向上させた。一方、リアセクションには新デザインのLEDコンビネーションランプやクロームフィニッシャー付バンパー、シーケンシャルウィンカーを、ルーフエンドにはシャークアンテナを、足もとには新造形の18インチアロイホイール“HIGHTEK”(タイヤサイズは225/40R18)を装備して、見栄え品質をいっそう高めている。

▲LEDヘッドライトユニットには最新のルノーモデルと同様の立体的なストライプを配し、合わせてヘッドライトカバーにダイヤモンドのモチーフを組み込んで豊かな表情と上品さを演出
▲リアセクションには新デザインのLEDコンビネーションランプやクロームフィニッシャー付バンパー、シーケンシャルウィンカーを採用
▲シューズには新造形の18インチアロイホイール“HIGHTEK”+225/40R18タイヤを装着

 ボディカラーはメガーヌに専用色のキュイーヴルソラールM、メガーヌ・スポーツツアラーに専用色のグリバルティックMを設定。ほかに2モデル共通のカラーとして、ブルーコスモスM/ルージュフラムM/ブランナクレM/ブラングラシエ(受注生産)をラインアップした。

▲メガーヌとメガーヌ・スポーツツアラーの共通のボディ色としてブルーコスモスM(写真)/ルージュフラムM/ブランナクレM/ブラングラシエを設定

 内包するインテリアは、先進性とエレガンスを高度に融合させたことがトピックだ。ダッシュボード中央に配置する7インチ マルチメディアEASY LINKタッチスクリーンには、スマートフォンとのミラーリングを可能にするマルチメディアシステム「イージーリンク」を新たに採用し、操作系もより使いやすくアレンジ。また、運転モードやインテリア照明(アンビエントライト)などをカスタマイズできるルノー・マルチセンスも、7インチ マルチメディアEASY LINKタッチスクリーンで操作する。このルノー・マルチセンスでは、4つの運転モードを設定。具体的には、My Sense:個別設定が可能なカスタマイズモード(初期設定モード)、Sport:スポーツ走行に適した運転モード、Comfort:リラックスした快適な走りを優先するモード、Eco:エコロジーおよびエコノミーを重視した運転モードが選択可能だ。
 一方、メーター部には視認性に優れる先進の7インチデジタルインストゥルメントパネルを装備。また、電動パーキングブレーキには、交差点の長い信号待ちなどでドライバーがブレーキペダルから足を離しても停止状態を保ち、アクセルペダルを踏むと自動的にブレーキを解除するオートホールド機能を組み込む。さらに、エアコンのコントロールには直感的で操作しやすいダイヤル式を採用。乗員全員の快適なドライブ体験をサポートするために、後席エアダクトにはUSBポートを2個配備した。

▲先進性とエレガンスを高度に融合させたインテリア。ダッシュボード中央に配置する7インチ マルチメディアEASY LINKタッチスクリーンには、スマートフォンとのミラーリングを可能にするマルチメディアシステム「イージーリンク」を採用する
▲運転モードやインテリア照明(アンビエントライト)などをカスタマイズできるルノー・マルチセンスも7インチ マルチメディアEASY LINKタッチスクリーンで操作。写真はMy Senseモードの表示画面
▲視認性に優れる先進の7インチデジタルインストゥルメントパネルを配備
▲電動パーキングブレーキにはオートホールド機能を新たに組み込む

 シート表皮にはレザー調×ファブリックのコンビシートを採用。前席にはヒーター機構を装備する。一方で後席には6:4分割可倒機構を組み込み、メガーヌ・スポーツツアラーにはワンタッチで後席を倒せるイージーフォールディングを設定。荷室容量はメガーヌが473リットル(後席格納時1367リットル)、メガーヌ・スポーツツアラーが580リットル(後席格納時1695リットル)を確保した。

▲シート表皮にはレザー調×ファブリックのコンビシートを採用。前席にはヒーター機構を内蔵する
▲後席には6:4分割可倒機構を組み込み、メガーヌ・スポーツツアラーにはワンタッチで後席を倒せるイージーフォールディングを設定
▲メガーヌ・スポーツツアラーは580リットル(後席格納時1695リットル)の荷室容量を確保

 パワーユニットは従来の1618cc直列4気筒DOHC16V直噴ガソリンターボエンジンから、ルノー・日産・三菱アライアンスとダイムラーにより共同開発された新世代の1333cc直列4気筒DOHC16V直噴ガソリンターボエンジンに換装。最高出力は159ps/5500rpm、最大トルクは270Nm/1800rpmを発生する。また、燃焼の効率化やシリンダーボア内部を鏡面仕上げにするボア・スプレー・コーティングの採用なども実施。トランスミッションにはパドルシフトを備えた湿式多板デュアルクラッチ電子制御7速AT(7EDC)を組み合わせ、WLTCモード燃費はメガーヌが17.5km/リットル、メガーヌ・スポーツツアラーが16.6km/リットルを実現した。

▲パワーユニットには1333cc直列4気筒DOHC16V直噴ガソリンターボエンジンを搭載。最高出力は159ps/5500rpm、最大トルクは270Nm/1800rpmを発生する
▲トランスミッションには湿式多板デュアルクラッチ電子制御7速AT(7EDC)を搭載

 先進安全運転支援システムのバージョンアップも見逃せない。新たな機能として、高速道路や自動車専用道路などを走行する際に同一車線を走る先行車を感知してドライバーが設定した速度と車間距離に基づき加速・減速し、先行車が停止したときは自車も減速あるいは停止して、先行車が3秒以内に発進すると自車も自動的に再発進し、渋滞時の走行に対応する「アダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)」、シフトレバーをリバースに入れた際に車両の左右後部に接近する車両を検知すると、ドアミラー内の表示灯の点灯と7インチ マルチメディアEASY LINKタッチスクリーンの後方映像の画面表示により注意を促す「リアクロストラフィックアラート」、車両がドライバーの疲労の兆候を繰り返し検知すると、アラーム音とともに 7インチ マルチメディアEASY LINKタッチスクリーンに警告メッセージを表示する「ドライバー疲労検知アラート」、前方の車両や歩行者に衝突する可能性を感知してアラーム音や表示灯による警告を行い、さらに衝突の危険が高まるとドライバーのブレーキ操作をサポートして衝突時の被害や衝撃の軽減を図る「アクティブエマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)歩行者検知機能付」を組み込んでいる。

▲シフトレバーをリバースに入れた際に車両の左右後部に接近する車両を検知すると、ドアミラー内の表示灯の点灯と7インチ マルチメディアEASY LINKタッチスクリーンの後方映像の画面表示により注意を促す「リアクロストラフィックアラート」を新設定

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る