• TOP
  • 「最新モデル試乗」MRに全面刷新。新たな歴史を刻み始めたシボレー・コルベットの驚くべき完成度

 ー 

「最新モデル試乗」MRに全面刷新。新たな歴史を刻み始めたシボレー・コルベットの驚くべき完成度

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

シボレー・コルベット・クーペ3LT 価格:8DCT 1400万円 試乗記

シボレー・コルベット・クーペ3LT 8thコルベット(C8)はクーペとコンバーチブルをラインアップ クーペは標準2LT(1180万円)とスポーツ仕様の3LTを設定 エンジンは6.2ℓ・V8(502ps) 日本仕様は全車コルベット初の右ハンドル
シボレー・コルベット・クーペ3LT 8thコルベット(C8)はクーペとコンバーチブルをラインアップ クーペは標準2LT(1180万円)とスポーツ仕様の3LTを設定 エンジンは6.2ℓ・V8(502ps) 日本仕様は全車コルベット初の右ハンドル

新たな歴史の始まり。メカニズム&イメージ…すべてが新しい!

 話題の新型コルベットが、ついに日本の道を走り始めた。コルベットは、1954年に1stモデルをローンチして以来、アメリカンスポーツの雄として名声を轟かせてきたレジェンド。2020年デビューのC8型と呼ばれるこの最新モデルで8thモデルになる。
 新型コルベット最大のトピックは、歴代で初めて、ミッドシップ・レイアウトを採用したことである。

 これまで連綿とFRレイアウトを取り続けてきたコルベットだが、過去にはそれ以外のレイアウトにチャレンジした形跡も認められる。このタイミングでミッドシップに刷新するという大英断に打って出たのは、トラクション能力や俊敏なハンドリングなど、FRレイアウトではブレークスルーが難しい様々な課題を一気に乗り越えるためだ。
 大胆なリファインの結果は、プロホーションの大幅な変革をもたらした。コルベットのお約束とも言える極端なまでのロングノーズは影をひそめ、ルックスは典型的なミッドシップスポーツのそれ。低く短いノーズに始まるそのスタイルは、従来のイメージを完全に一新した。

 大変身が市場でどのようにとらえられるかは興味のあるところ。新たなスポーツカーの登場ととらえれば魅力的だが、一方で「コルベットらしくない」といえば、その通りだからだ。コルベット=ロングノーズのFRスポーツカーと考える信奉者には違和感を与える可能性が高い。これまでのコルベットの伝統は、先代のC7では終止符を打った。C8はコルベットの歴史にとって、新たな1ページの始まりである。

全長×全幅×全高4630×1940×1220mm 車重1670kg 前後重量配分40対60 パワーウェイトレシオ:3.33kg/ps
日本仕様はブレンボ製ブレーキ/専用エグゾースト/スポーツサスペンション/電子制御LSDなどをセットしたZ51パッケージ標準

コルベット初の右ハンドル。V8は気持ちいい!

 C8のボディサイズは、全長×全幅×全高4630×1940×1220mm。幅の広さと全高の低さはただならぬオーラを発散し、派手なボディカラーも相まって街ゆく人の視線を集める。
ドライバーズシートへと収まる。目前に伸びるフード長はやはり歴然と短いのだが、一方でダッシュボードのボリュームが大きいことに驚かされた。パッセンジャー側と明確に仕切られた”1+1”デザインによるキャビン空間は特徴的。センターディスプレイは完全にドライバー側へと振られたデザイン。その仕上がりが余りに自然なためうっかり忘れそうになるが、C8は歴代モデル初の右ハンドル仕様。ここまで完璧な完成度だと、「左ハンドル仕様が欲しい」と意見を述べるのは、もはや全く意味がないことと思わざるを得ない。

 2人のためのシート背後に8速DCTとの組み合わせでマウントされるのは、502ps/637Nmという大出力を発揮する、6.2リッターの自然吸気V型8気筒ユニット。この期に及んでOHVだから、余り上までは回らないんでしょ、と思われるかも知れないが、そんな予想に反してオーバー6000rpmまでピュンピュンと威勢よく回ってくれる。
 6.2リッターの自然吸気と、この先どれくらい生きながらえられるかがいささか心配なスペックの持ち主だが、さしあたりどんなシーンからでも太いトルクが得られ、アクセル操作に対するレスポンスがシャープであることを大いに歓迎したい。もちろん、そんな強心臓に安心して鞭を入れる気持ちになれるのは、トラクション能力に優れたミッドシップ・レイアウトを採用した恩恵でもある。

ミッドシップ化で従来のロングノーズからプロポーションを全面刷新 ライト類の造形には伝統のシャープなイメージが残る
クーペのルーフは脱着自在なタルガトップ仕様 簡単操作でオープンエアが楽しめる カーボン製ルーフはリアトランクに収納できる設計

軽やかなフットワークが新鮮! 快適性もハイレベル

 新世代コルベットの走りで「これは今までとは全然違うな」と教えられるのは、ステアリングを切り込んだ際の挙動の軽やかさだ。これはもう、画期的と言えるほどに印象が異なる。巨大でいかにも重そうな心臓が、ノーズ下から後輪の直前へと住処を移したのだから、それも道理ではあるわけなのだが。
 C8のハンドリング感覚には「軽快」という形容こそが相応しい。よもや6.2リッターという大排気量の心臓を積むモデルと連想するのが不可能なほどである。一方、そんな感覚の持ち主であるゆえに、ここでも「コルベットらしくない』というフレーズが当てはまりそうだ。軽快感も、このモデルに対する賛否が再度吹き出す部分かも知れない。

 予想と期待を上回ったのが、全般的な快適性の高さ。日本仕様は、電子制御式の可変減衰力ダンパー”マグネティックセレクティブライドコントロール”を標準で採用する。ランフラットタイヤを装着するにもかかわらずその効用はバッチリ表れている。最もコンフォート志向の『ツーリング』のポジションはもとより、それより一段階ハードな『スポーツ』を選択しても、その乗り味は快適そのもの。路面を舐めるように走り抜けてくれる。
 実用性もハイレベル。トランクスペースは前後に用意される。フロントはさほどではないが、リアのラゲッジスペースは思った以上のボリュームの持ち主。ミッドシップ・レイアウトのスポーツカーなのにそれなりのGTカー的要素も備えている。

 C8コルベットはすべてが新世代。FRスポーツカーとして長い歴史の持ち主ゆえ、余りの激変ぶりに当初は戸惑いの声も聞かれるかも知れない。しかし、走りこみ、チェックを重ねるほどに「満を持してのミッドシップ化」であったことが理解を出来る、何とも気合の入った1台である。

6153cc・V8OHV(LT2型) 502ps/6450rpm 637Nm/5150rpm オイル潤滑はドライサンプ式 可変シリンダーシステム採用
3LTグレードはカーボン製ウイングスポイラー標準 リアランプは従来モデルと似た意匠
タイヤは前245/35ZR19/後305/30ZR20ミシュランPS4S装着 電子制御可変減衰力可変ダンパーシステム標準
インパネは左右を明確に分けたデザイン C8はミッドシップ化でシート位置が従来比で約400mmほど前方に移動 短く低いノーズと相まってワイドな視界を提供する
シートはスポーツ走行に適したパケット形状 レザーとファブリックのコンビ仕様 調節機能はフル電動 乗り心地は良好
メーターはフル液晶 速度計はデジタル タコメーターは5500rpm以上がイエロー/6500rpmからレッドゾーン
トランスミッションは8速DCT メインセレクターはボタン式 変速は滑らかでシャープな設定
ペダルレイアウトはオフセットなし フットレストは大型 アクセルはオルガン式
8インチ・タッチディスプレイ標準 日本仕様はクラウドストリーミングナビ標準

シボレー・コルベット・クーペ3LT 主要諸元と主要装備

グレード=クーペ3LT
価格=8DCT 1400万円
全長×全幅×全高=4630×1940×1220mm
ホイールベース=2450mm
トレッド=1630/1570mm
車重=1670kg
エンジン=6153cc・V8OHV(プレミアム仕様)
最高出力=369kW(502ps)/6450rpm
最大トルク=637Nm(65.0kgm)/5150rpm
WLTCモード燃費=未公表(燃料タンク容量70リッター)
サスペンション=前後ダブルウイッシュボーン
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=前:245/35ZR19/後:305/30ZR20+アルミ
駆動方式=MR
乗車定員=2名
最小回転半径=未公表
●主な燃費改善対策:未公表
●主要装備:Z51パフォーマンスパッケージ(ブレンボ4ピストンモノブロックキャリパー+大径ブレーキキャリパー+パフォーマンスエキゾースト+パフォーマンス・リアアクスルレシオ+電子制御LSD+フロントスプリッター&リアスポイラー+ミシュランパイロットスポーツ4Sランフラットタイヤ+強化クーリングシステム)/マグネティックセレクティブライドコントロール/ドライブモードセレクター(6モード)/フロントリフトハイトアジャスター/ローンチコントロール/フロント&サイドエアバッグ/サイドブラインドゾーンアラート/リアクロストラフィックアラート/リアパークアシスト/イエローペインテッドブレーキキャリパー/ヴィジブルカーボン製ルーフパネル(着脱可能)/クオッドエキゾーストテールパイプ/LEDヘッドライト/リアカメラミラー/12インチ・カラークラスターディスプレイ/ヘッドアップディスプレイ/パフォーマンスデータレコーダー/クルーズコントロール/コンパティションバケットシート/シートヒーター&ベンチレーション/ヒーター付き本革巻きステアリング/ハイグロスカーボンファイバートリム/ワイヤレスチャージング/デュアルゾーンAC/8インチ・タッチスクリーンディスプレイ/クラウドストリーミングナビ/Bose14スピーカーサウンドシステム
●ボディカラー:ラピッドブルー (op16万5000円)
※価格はすべて消費税込み  
撮影協力:小田急・箱根レイクホテル

ルームミラーはカメラ映像を表示できる設計 斜め後方を含めワイドな視界を約束
C8は前後にトランクスペース用意 フロントは深く機内持ち込みトランクに対応 リアはゴルフバッグ2個積める 容量は前後合わせ356.8リッター

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年10月号

  • ・新型トヨタ・アクア・オールガイド
  • ・新型日産ノート・オーラNISMO
  • ・新型ホンダ・シビック試乗&ライバル比較

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る