• TOP
  • 「新型モデル試乗」キーワードは「爽快」、世界を見据えたスポーティ5ドア、11thシビックの新価値

 ー 

「新型モデル試乗」キーワードは「爽快」、世界を見据えたスポーティ5ドア、11thシビックの新価値

Writer:山本シンヤ Photo:小久保昭彦

ホンダ・シビックEX 価格:6MT/CVT 353万9800円 試乗記

ホンダ・シビックEX ラインアップはEXとLXの2グレード エンジン/足回り/18インチ・タイヤなど走りの機能は共通 違いは快適装備
ホンダ・シビックEX ラインアップはEXとLXの2グレード エンジン/足回り/18インチ・タイヤなど走りの機能は共通 違いは快適装備

新型は人間中心設計を徹底。爽やかなクルマに仕上がった!

 2022年、シビックは生誕50年を迎える。次の50年に向けてどうあるべきか? その答えが“爽快シビック”をキーワードに開発された11thモデルである。今回テストコースで試乗した。

 エクステリアはハッチバックと言うよりクーペと呼びたくなる伸びやかなプロポーション。自然光の下で見ると、より魅力的に感じる。ボディサイズは全長×全幅×全高4550×1800×1415mm。個人的にはディーラーopのリアスポイラーを装着し、よりスタイリッシュさを強調したいと感じた。

 インテリアは水平基調のシンプルでノイズレスなデザイン。内部の構造を隠した“アウトレットメッシュ”空調ルーバーが印象的だ。スッキリとした造形は、見た目だけでなくストレスフリーな運転環境に大きく貢献している。スイッチの触感/操作感、加飾のバランスなども吟味され、質感はプレミアム領域に足を踏み入れた。ただしセンターコンソール周囲の造形は、やや事務的な印象が拭えない。

11thモデルは日本で生産 「爽快シビック」がコンセプト 人間中新設計により親しみやすさと特別感を追求 e:HEVハイブリッドとタイプRは2022年に追加予定
ボディカラーは写真のソニックグレーパールを含め全5色を設定

1.5リッターターボはスムーズ&パワフル。大幅に洗練

 エンジンは、まずは直列4気筒の1.5ℓ・VTECターボを用意。e:HEVハイブリッドは開発中。来年、ラインアップに加わる。1.5ℓターボは、旧型からのキャリーオーバーと思いきや、乗ると「本当に同じエンジン?」と思うほどの差がある。先代はパワフルなもののドッカンターボでスムーズさに欠けた。意外に武闘派だったのだ。新型はアクセルを踏んだ時のターボの立ち上がりがスムーズ。応答性や過給の立ちあがりの滑らかさ、そして高回転まで力強さが持続する伸びの良さが印象的である。より洗練、より扱いやすいユニットに改善されている。

 トランスミッションは6速MTとCVT。先代で好評だったMTは継続され、シフトフィール向上とショートストローク化などの改良が実施された。軽いタッチで正確なシフト操作が可能になっている。だが伸び代が高いのはCVTだ。エンジン回転と加速感のズレを解消する全開加速ステップシフト制御、減速Gに合わせてエンジンブレーキを併用するブレーキ操作ステップシフトダウン制御を採用。全開にしない限りはCVTだと気付かない仕上がりになっている。とくにブレーキ操作ステップシフトダウン制御は「パドルいらず」と言っていい賢さである。

走りの実力はクラストップ級 ボディは主要フレームの25%以上に高張力鋼板(980MPa以上)を使用 構造用接着剤を従来比9.5倍に拡大し高剛性を実現
1496cc直4DOHC16Vターボ 182ps/6000rpm 240Nm/1700〜4500rpm ターボの立ち上がりをスムーズに改善 伸びの良さも印象的 プレミアムガソリン仕様

走りの純度が大幅アップ。高い完成度に感銘

 フットワークはどうか? プラットフォームは先代の改良版。潜在能力を100%活かすべく、基本素性の変更(ホイールベース+35mm、リアトレッド+12mm)をはじめ、体幹を強化するため各部をアップデートした。走らせてみると従来型とは別物である。
フットワークは軽快でスポーティなフィーリング。操作に対して忠実にな反応し、コーナリング時の動きの連続性は抜群。動かす所は動かし、抑える所は抑えるボディコントロールは見事だ。4つのタイヤを上手に使ったコーナリング姿勢、リアの接地性の高さも印象に残った。新型は圧倒的に「走りの純度」が高まった。先代を大きく超える「一体感/自在性/懐の深さ/安心感」を備えたハンドリングに仕上がっている。
それだけではない。走りの純度アップは、アコードに匹敵する直進安定性とドッシリした安定感、やや硬めだが目線がブレないフラットな乗り味と快適性にも大きなプラスをもたらしている。

 ADASも最先端。新型は、次世代型ホンダセンシングを採用。世界初の自動運転レベル3実現したホンダセンシングエリートの技術を水平展開した高機能タイプである。中でも車線維持支援システム(LKAS)の精度は素晴らしい。
静粛性も高い。単に音量を下げるのではなく、エンジンサウンドを雑味を抑えた上で聞かせるのは、ホンダらしいこだわり。ホンダは電動化に舵を切る宣言をしているが、「まだまだエンジンもやるよ!!」と言う本音が表れている!?

 11thシビックは「本質重視」の作り込みにより、総合的なレベルアップを実現した。しかも旧型よりも「シビックらしさ」が増している。その要因は何か? ヒントはグランドコンセプト「爽快」にあった。 
「爽快」は人間の気持ちである。数値では測るのは難しく、人の感覚で磨き上げていく必要がある。つまり、絶対性能より官能性能を重視した開発となる。それが結果として今まで以上にドライバー中心のクルマづくりに繋がった。シビックらしさとは、ボディサイズでも車両重量でもエンジンパフォーマンスでもない。「人に寄り添うこと」だったのだ。そういう意味で、新型は久々に「シビックらしいシビック」である。

インパネはスッキリとした水平基調 中央に9インチ・ホンダコネクトディスプレイ標準装備 空調ルーバーは内部の構造を隠した“アウトレットメッシュ”デザイン 各部の作りは上質
シートは優れた着座感を追求したボディスタビライジング構造 EXはプライムスムースとウルトラスエードのコンビ仕様 前席は電動式
EXは全面液晶の10.2inフルグラフィック仕様 オーソドックスな2眼デザイン(写真)とシンプルモードが選べる
6速MTはシフトストロークを従来比5mm短縮 デュアルマスフライホイールとシンクロナイザー改良で変速フィールを改善 ヒルホールド機能により坂道発進も安心
CVTは7速マニュアルモード付き パドルシフトを装備 全開加速ステップシフト制御/ブレーキ操作ステップシフトダウン制御を新採用 CVT固有のラバー感を解消
ホンダコネクトは地図自動更新機能付きナビ標準 様々なアプリで多彩な機能が楽しめる
CVT車のACCは渋滞運転支援機能付き 制御は滑らかで正確
リアゲートは軽量樹脂製 開口部は大型サイズ 開閉は軽くスムーズ

ホンダ・シビックEX 主要諸元と主要装備

グレード=EX
価格=6MT/CVT 353万9800円
全長×全幅×全高=4550×1800×1415mm
ホイールベース=2735mm
トレッド =1535/1565mm
車重=1340(※1370)kg
エンジン=1496cc直4DOHC16Vターボ(プレミアム仕様)
最高出力=134kW(182ps)/6000rpm
最大トルク=240Nm(24.5kgm)/1700~4500rpm
WLTCモード燃費=16.3km/リッター(燃料タンク容量47リッター)
(市街地/郊外/高速道路=12.2(※11.7)/16.6(17.1)/18.8(18.9)km/リッター)
サスペンション=前ストラット/後マルチリンク
ブレーキ=前ベンチレーテッドディスク/後ディスク
タイヤ&ホイール=235/45R18+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=5.7m
●主な燃費改善対策:直噴エンジン/可変バルブタイミング/アイドリングストップ/電動パワーステアリング/自動無段変速機(CVT車)
●EX専用装備:アダプティブドライビングビーム/LEDフォグランプ/アクティブコーナリングライト/プライムスムーズ&ウルトラスエードコンビシート/前席電動調節機能/BOSEプレミアムサウンドシステム/プラズマクラスター技術搭載AC/ワイヤレス充電器/レッドステッチ本革巻きステアリング/EX専用インテリア/Fドア&フットLEDアンビエントライト/自動防眩ルームミラー/後席ベンチレーション/ブラックドアモールディング/ベルリナブラック&ダーク切削クリア18inアルミ
●主要装備:ホンダセンシング(衝突被害軽減ブレーキ+前後誤発進抑制機能+近距離衝突軽減ブレーキ+歩行者事故低減ステアリング+路外逸脱抑制機能+渋滞追従機能付きアダプティブクルーズコントロール+車線維持支援システム+トラフィックジャムアシスト+先行車発進お知らせ機能+標識認識機能+オートハイビーム)/パーキングセンサー/ブラインドスポットインフォメーション/後退出庫サポート/フルLEDヘッドライト/ドライバー注意力モニター/アジャイルハンドリングアシスト/デュアルピニオンアシストEPS/ヒルスタートアシスト/ホンダコネクトディスプレー+ETC2.0車載器/デジタルグラフィックメーター/左右独立温度調節式オートAC/ステンレス製スポーツペダル/スマートクリアワイパー/遮音機能付きフロントウィンドウガラス/プライバシーガラス(リア3面)
●ボディカラー:ソニックグレーパール
※価格はすべて消費税込み ※CVT車の数値

ラゲッジスペース容量は後席使用時452ℓ 後席は6対4分割式 横巻き取りタイプのソフト仕様カーゴエリアカバーを標準装備

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年10月号

  • ・新型トヨタ・アクア・オールガイド
  • ・新型日産ノート・オーラNISMO
  • ・新型ホンダ・シビック試乗&ライバル比較

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る