• TOP
  • 「最新モデル試乗」スタイルを楽しむワゴン。VWアルテオン・シューティングブレークが提案する美しい生活

 ー 

「最新モデル試乗」スタイルを楽しむワゴン。VWアルテオン・シューティングブレークが提案する美しい生活

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

VWアルテオン・シューティングブレークTSI・4モーション・エレガンス 価格:7DCT 644万6000円 試乗記

VWアルテオン・シューティングブレークTSI・4モーション・エレガンス シューティングブレークは「スポーツカーのデザインを備えたビジネスクラスのクルマ」をコンセプトに開発 ラインアップはRライン系とエレガンスの3グレード構成
VWアルテオン・シューティングブレークTSI・4モーション・エレガンス シューティングブレークは「スポーツカーのデザインを備えたビジネスクラスのクルマ」をコンセプトに開発 ラインアップはRライン系とエレガンスの3グレード構成

スタイリッシュなニューボディ登場

 アルテオンは、VWが新たなるフラッグシップとして2017年に投入したブランニューモデル。シューティングブレークは、マイナーチェンジを機に加わったスタイリッシュなニューボディだ。
 水平基調のルーフラインを後方まで延長し、リアウインドウ角度を立ち上げたルックスは、いわゆるステーションワゴンタイプ。ただし、VWがヴァリアントとして紹介する各モデルに比べると、デザインは遊びゴコロに富んでいる。いわばクーペ風味のワゴンである。

 全長×全幅×全高4870×1875×1445mmのボディサイズはベース車の5ドアとほぼ共通。一見延長されたように見えるリアのオーバーハングにも変更はない。後席使用時のラゲッジスペース容量は、VDA法の計測で5ドアの563リッターに対して565リッター。一方、後席アレンジ時は1557リッターに対して1632リッターと、こちらはボディ形状の違いを反映して少しだけ広い。

 シューティングブレークは必ずしも積載量を増すために開発された実用モデルではない。スタイリッシュさを第一義に、まずは見た目の違いを楽しませるというのが、魅力でありキャラクターだ。
 とはいえシューティングブレークは、実用性面でベース車に対して見劣りする部分は見当たらない。むしろ5ドア以上にユーティリティは高い。足元空間やニースペースの広大さという美点はそのままに、良好な乗降性というアドバンテージを加えた。後方に向かってルーフの落ち込みが少ないゆえ、頭部の運びの容易性は5ドアモデルを上回る。さらに大きく開くテールゲートを備えるので、ラゲッジスペースへのアクセルもすこぶる良好である。アクティブなライフスタイルを楽しむユーザーの、良き相棒になってくれるに違いない。

ボディサイズは全長×全幅×全高4870×1875×1445mmと伸びやか 5ドアファストバックとほぼ同等
フロントグリルは大胆な造形 ヘッドライトはフルLED ウインカーとデイランニング灯はFグリルバーと連続した設定

力強く滑らかなパフォーマンス。頼りになる走り

 試乗車は『TSI 4モーション・エレガンス』。本革シートや大径20インチシューズを装着した上級グレードだ。7速DCTとの組み合わせで搭載されるのは、ターボ付き直噴の2リッター4気筒ガソリンユニット(272ps/350Nm)。大柄ボディに4WDシステムも搭載し、車両重量は1750kgとそれなりの重量級だが、実際にアクセルペダルを踏み込んでみると、その動きに気になる鈍さは感じられない。微低速走行時の挙動に滑らかさが足りないと指摘されることもあるDCTを採用するが、その点でもこのモデルは文句ナシと言える。

「アクセルを踏み込めば、踏み込んだだけきちんと仕事をしてくれる」といった印象には惚れ惚れする。あえてマニュアルモードを選択して高回転域までの吹きあがりを楽しみたくなるような情感豊かな回転フィールには乏しいものの、優れたパフォーマンスの持ち主であることは確かだ。
 トレッド面に穴が開いた際に、それを瞬時にふさぐシール材入りのタイヤを採用するのはパサート系の伝統のひとつ。凝ったデザインのホイールと組み合わされ、見た目にもステイリッシュな20in仕様にもそれは採用されていた。

Rゲートはフル電動ハンズフリータイプ 開口部が大きく重量物の積載も苦にならない
ラゲッジスペースは広く使いやすい 容量は後席使用時565リッター/最大1632リッター 後席は6対4分割

快適性ハイレベル。電子制御サスがいい仕事をしている!

 薄くて大径のシューズを履くだけにちょっと心配した快適性は、上級モデルらしく滑らかな仕立てだった。標準装備の電子制御式の可変減衰力ダンパー、”アダプティブシャシーコントロール”が見事な仕事をしているという印象。さすがに路面凹凸への当たり感そのものはやや強めだが、その先のサスペンションのストローク感は十分にしなやかだ。『コンフォート』モードを選ぶと路面によってはボディの動き量がやや多めだが、『ノーマル』ではそれも適度に抑制される。テストドライブ中はノーマルポジションで、大半のシーンを過ごすこととなった。安全・運転支援機能も充実しロンククルージングをサポートしてくれる。

VW車は「質実剛健」というフレーズが当てはまるクルマが多い。その中で抜群にスタイリッシュで遊びゴコロ心を感じさせるアルテオン・シューティングブレークは別格。2008年に登場した3rdシロッコと同様のインパクトを感じた。高い実用性はそのままにデザインを楽しむ個性派。VWの異端児と言えそうだ。

シートは上質なナパレザー仕様 運転席マッサージ機能付き 前後席ともゆったりとした印象
メーターは10.25インチ・フル液晶 オーソドックスな意匠からナビ優先まで多彩なデザインが選べる ヘッドアップディスプレイ標準
トランスミッションは7速DCT 微低速時から滑らかな走りを実現 シフト基部に各種スイッチをレイアウトする
0~210km/hの範囲でステアリング/ブレーキ/アクセルを制御するトラベルアシスト標準
245/35R20タイヤ+アルミ装着 電子制御アダプティブシャシーコントロール標準 快適性高水準
1984cc直4DOHC16Vターボ 272ps/5500~6500rpm 350Nm/2000~5400rpm 全域パワフル WLTCモード燃費:11.5km/リッター

VWアルテオン・シューティングブレーク・TSI・4モーション・エレガンス 主要諸元と主要装備

グレード=TSI・4モーション・エレガンス
価格=7DCT 644万6000円
全長×全幅×全高=4870×1875×1445mm
ホイールベース=2835mm
トレッド=1585/1575mm
車重=1720kg
エンジン=1984cc直 4DOHC16Vターボ(プレミアム仕様)
最高出力=200kW(272ps)/5500~6500rpm
最大トルク=350Nm(35.7kgm)/2000~5400rpm
WLTCモード燃費=11.5km・リッター(燃料タンク容量66リッター)
(市街地/郊外/高速道路=8.6/11.6/13.5km/リッター)
サスペンション=前:ストラット/後:4リンク
ブレーキ=前:ベンチレーテッドディスク/後:ディスク
タイヤ&ホイール=245/35R20+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=5.5m
●主な燃費改善対策:アイドリングストップ/筒内直接噴射/可変バルブタイミング/電動パワーステアリング/充電制御/DSG
●主要装備:アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付き)/緊急時停車支援システム/レーンキープアシスト/同一車線全車速運転支援システム(トラベルアシスト)/レーンチェンジアシストシステム/スタティックコーナリングライト/ダイナミックコーナリングライト/ダイナミックライトアシスト/アラウンドビューカメラ/駐車支援システム/デイタイムランニングライト/ドライバー疲労検知システム/前後パークディスタンスコントロール/オプティカルパーキングシステム/リアトラフィックアラート/プリクラッシュブレーキ/LEDヘッドランプ/オールウエザーライト/リアフォグランプ/ダークティンテッドガラス(リア3面)/3ゾーンフルオートAC/アレルゲン除去機能付きフレッシュエアフィルター/VW純正インフォテイメントシステム・ディスカバープロ/デジタルメータークラスター/ヘッドアップディスプレイ/ETC2.0対応車載器/モバイルオンラインサービス/ブルーモーションテクノロジー/AC100V電源ソケット/ナパレザー・トップコンフォートシート/運転席マッサージ機能/前後シートヒーター/ステアリングヒーター/インテリアアンビエントライト/4モーション(フルタイム4WD)/アダプティブシャシーコントロール(DCC)/電子制御式でファレンシャルロック(XDS)/ドライビングプロファイル機能/20インチアルミ(10スポーク)
●装着メーカーop:ラグジュアリーパッケージ(電動パノラマスライディングルーフ+プレミアムサウンドシステム)29万7000円
●ボディカラー:キングスフィッシャーブルーM(op3万3000円)
※価格はすべて消費税込み 

ボディカラーは全7色 写真のキングフィッシャーブルーM(3万3000円)はエレガンス専用
シューティングブレークのCd値は0.265と優秀

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る