ー 

夢のカタチの変化、さよならランボルギーニ自然吸気V12

Writer:西川淳 Photo:小久保昭彦+Lamborghini

Addio fatto da Lamborghini Motor V12 aspirato! 新車ニュース

ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター 珠玉のV12ユニット(740hp)と軽量強靭なカーボンファイバー製モノコックを組み合わせたスーパースポーツ トップスピードは350km/hに達し 0→100km/h加速は3秒でクリアー 2011年に登場したアヴェンタドールは累計1万台の生産を達成した成功作 ランボルギーニ最後の自然吸気V12エンジン搭載車となる
ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター 珠玉のV12ユニット(740hp)と軽量強靭なカーボンファイバー製モノコックを組み合わせたスーパースポーツ トップスピードは350km/hに達し 0→100km/h加速は3秒でクリアー 2011年に登場したアヴェンタドールは累計1万台の生産を達成した成功作 ランボルギーニ最後の自然吸気V12エンジン搭載車となる

アヴェンタドール最終モデル「ウルティメ」登場

ウルティメ・ロードスター 生産台数は世界限定250台 ウルティメはSVJのパフォーマンスとSのエレガントさを融合 6.5リッター・V12は780hp/720Nmを発生

 一つの時代が終わろうとしている。「究極」という名のアヴェンタドールが発表された。正確には「LP780−4ウルティメ」。その数字が示す通り、780hpを誇る自然吸気V型12気筒エンジンを積んだモデルであり、2011年の登場から10年の長きにわたってフラッグシップを務め上げたアヴェンタドールの最後を記念する限定車である。生産台数は世界限定600台(クーペ350台/ロードスター250台)になる。

 アヴェンタドールはシリーズ累計1万台を突破した成功作(ジャパンプレミアに展示されたウルティメの車体番号は10600だった)である。年間生産台数は約1000台。この手のスーパーカーがデビュー当初から最後まで旺盛な需要に支えられたことは驚異的だ。アヴェンタドールは史上、最も成功した12気筒ミドシップカーと言っていい。

 ウルティメの日本での販売予定分はあっという間に完売となったらしい。どうしてそこまで注目されたのか。SVJに比べると派手なウィングもつかず、一見、大人しく見えるこのモデルが?
答えはランボルギーニ自身が明言している。ウルティメは最後のピュアな自然吸気V12エンジン搭載モデルなのだ。

 2011年3月。それまでのムルシエラゴに代わるフラッグシップモデルとして登場したのがアヴェンタドールLP700−4だった。“700”は最高出力を、“4”は4WDであることを意味した。画期的だったのはエンブレム以外、全てを刷新したフルチェンジであったこと。L539ユニットと呼ばれる6.5リッターの自然吸気V12エンジンは、創立期から改良に改良を重ねて使い続けたV12をようやく全面刷新した新世代エンジンだった。ちなみにアヴェンタドールの生産台数が1万台を超えたということは、それ以前のランボルギーニ全12気筒モデルと同じ台数を生産したことを意味する。僅か10年というライフスパンは短い気もするが、L539ユニットが終焉を迎えたのも不思議ではない。それだけの功績をランボルギーニにもたらしたのだ。

アヴェンタドールのドアは上方に開口するシザースタイプ ロードスターのルーフパネルは手動脱着式の2分割構造 素材は軽量カーボン製 外したルーフは前方のトランクに収納できる 6.5リッター・V12はキャビン後方に縦置き搭載

アヴェンタドール用V12は人類史上最高のエンジン!

 L539ユニットの足跡を振り返ろう。当初700hpで出発したL539は順調に進化を遂げた。ブランド50周年を記念したアニヴェルサリオで初のパワーアップ(720hp)を経験すると、限定車SV(750hp)、マイナーチェンジ版のS(740hp)、再びの限定車SVJ(770hp)へとエスカレート。ユニット単体ではトラック専用モデルのエッセンツァSCV12の830hpが最強である。

 ボクは多くのアヴェンタドールを1000km以上の長距離テストに連れ出している。700hp時代からエンジンの存在感は際立っていた。精緻なエンジンフィールは右足を深く踏み込ませ、その強烈な加速は、前方に吸い込まれるイメージ。なかでも回転を上げるにつれて増す力感は恐怖を感じさせるほどのレベルだった。間違いなく人類史上、最高のロードカー用12気筒エンジンである。

アヴェンタドールのステアリングギア比は10対1から18対1に変化する可変レシオ 4WSシステムの採用で低速域から超高速域までシャープなハンドリングを約束 トランスミッションは7速2ペダルMT
カウンタックLPI800-4 カウンタック発売50周年を記念した復活版(世界限定112台) 780hpのV12と48Vマイルドハイブリッドの組み合わせ システム出力は800hp以上

次世代は過給器付きV12+モーターのプラグインか!? 来春に全貌を発表

 L539NAユニットはアヴェンタドールと共に今年でその役目を終える。ピュアな自然吸気12気筒エンジン搭載の終焉をランボルギーニが明言したからだ。では、アヴェンタドール後継車のパワートレーンはどうなるのか?

 一時は限定車シアンFKP37や復活したカウンタックLPI800-4のようにスーパーキャパシタ(コンデンサ=蓄電池)の容量をかなり増やしたハイブリッドパワートレーンになるとみられていた。シアンはそのマーケットテストだったのだ。しかしここにきてランボルギーニははスーパーキャパシタ方式では社会環境の要請に応えられないと判断している。次世代はプラグインハイブリッドに移行するようだ。

 ウルティメの発表に先立って、ランボルギーニCEOのステファン・ヴィンケルマンはオンラインでのインタビューに応じ、アヴェンタドール後継モデルにも12気筒エンジンが搭載されることを明言した。つまり次世代フラッグシップは12気筒のプラグインハイブリッドになる。
 以前から将来の電動化は避けられないとランボルギーニの首脳は口にしていた。が、モータライズするもののエンジン自体は自然吸気だ、とも語っていた。けれどもウルティメの発表では自然吸気12気筒が終わると微妙に言い方を変えている。

 折しもトップがステファノ・ドメニカリから再びのステファン・ヴィンケルマンへ交代。過給機付きダウンサイズ12気筒+電気モーターという可能性も浮上してきたというわけか・・・。
いずれにせよ次世代モデルの登場が待ち遠しい。発表はおそらく2022年春となるだろう。

350GT 生産期間:1964~1966年/最高速250km/h/生産台数:120台 ランボルギーニ初の生産車である350GTはジオット・ビッザリーニの下で開発した3.5リッター・V12(320hp)搭載 1966年に4ℓの400GTに発展
350GT 生産期間:1964~1966年/最高速250km/h/生産台数:120台 ランボルギーニ初の生産車である350GTはジオット・ビッザリーニの下で開発した3.5リッター・V12(320hp)搭載 1966年に4ℓの400GTに発展
エスパーダ 生産期間:1968〜1978年/最高速245〜260km/h/生産台数1227台 エスパーダは斬新な4シーター・スーパーGT 4リッター・V12(325/350hp)をフロントに搭載したFRレイアウトを採用 1978年まで生産された
カウンタック 生産期間:1974〜1989年/最高速295〜300km/h/生産台数809台 1974年に発表されたカウンタックはV12エンジンを縦置き搭載 理想的な前後重量バランスを実現 優れたパフォーマンスと個性的なスタイリングでスーパースポーツの代表に君臨
カウンタック・アニバーサリーはランボルギーニ25周年記念モデル エアロスタイルが話題を集める
ディアブロ 生産期間:1990〜2001年/最高速325km/h V12フラッグシップは1990年ディアブロに発展 エンジン排気量は5.9ℓに拡大され455hpを発揮 トップスピードは325km/hに達した
ムルシエラゴ 生産期間:2001〜2010年/最高速320〜340km/h  21世紀はムルシエラゴで幕を開ける 当初は6.1リッター(580hp)を搭載 2006年には6.4リッター(670ps)のLP670-4がデビューした
アヴェンタドールは6.5リッターの新開発L539ユニット搭載 2011年モデルの700hpからエッセンツアSCV12の830hpまで様々なモデルが登場した 駆動方式は4WD

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る