ー 

第7世代のメルセデス・ベンツ・SクラスにV8エンジン+ISG搭載車が登場

Writer:大貫直次郎 

メルセデス・ベンツのフラッグシップモデルのSクラスに「S580」を追加設定。パワーユニットには48V電気システムとISGを組み合わせた4リットルV8エンジンを搭載

 メルセデス・ベンツ日本は2021年9月3日、第7世代となるSクラス(W223)に「S580」を設定し、同日より予約受注を開始した。

▲メルセデス・ベンツS580 4MATIC(ISG搭載モデル) 価格:9SAT1611万円 全長5179×全幅1954×全高1503mm ホイールベース3106mm 乗車定員5名 日本導入モデルのハンドル位置は右/左

車種展開は以下の通り。
S580 4MATIC(ISG搭載モデル):1611万円
S580 4MATICロング(ISG搭載モデル):1953万円

▲メルセデス・ベンツS580 4MATICロング(ISG搭載モデル) 価格:9SAT1953万円 全長5289×全幅1954×全高1503mm ホイールベース3216mm 乗車定員5名 日本導入モデルのハンドル位置は右/左

 7代目Sクラスの最上級グレードに位置するS580は、パワーユニットに「M176」3982cc・V型8気筒DOHC直噴ガソリンツインターボエンジン(最高出力503ps/5500rpm、最大トルク700Nm/2000~4000rpm)+ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター、モーター、出力15kW/180Nm)/48V電気システム/リチウムイオンバッテリー(容量約1kWh)+9G-TRONIC(電子制御9速AT)を搭載する。V8エンジンは2つのターボチャージャーをVバンク内側に配置する“ホットインサイドV”レイアウトによって、ハイパワーと俊敏なレスポンスを発揮。また、大きな力を必要としないときに4つの気筒が休止するシリンダーマネジメントシステムを採用し、高回転まで滑らかに吹け上がる特性とともに、環境性能を高次元で両立する。さらに、アイドリングストップからの再発進時の瞬時のエンジン始動、ほとんど振動を感じることのないシフトアップ/ダウンなど、高い快適性も具現化した。一方、駆動機構には全天候型フルタイム4WDシステムの4MATICを採用。合わせて、走行安定性と旋回性を高める後輪操舵システムのリア・アクスルステアリングを組み込んでいる。

▲「M176」3982cc・V型8気筒DOHC直噴ガソリンツインターボエンジン(503ps/700Nm)+ISG(モーター出力15kW/180Nm)/48V電気システム/リチウムイオンバッテリーでパワーユニットを構成

 懸架機構にはエアスプリングと電子制御ダンパーを組み合わせて極上の乗り心地を提供する高性能型のAIRMATICサスペンションに加えて、4輪それぞれに48V電動油圧ユニットを装備する「E-ACTIVE BODY CONTROL」をオプションで設定する。機能としては、フロントガラス上部のステレオマルチパーパスカメラで前方の路面の詳細な凹凸を検知し、様々なセンサーからの情報によるドライビング状況も加味して電子制御ダンパーおよびエアスプリングをコントロールするロードサーフェススキャン機能のほか、コーナリング時のロールによるばね上の傾きを修正して水平になるよう制御するダイナミックカーブ機能を採用した。側面衝突の危険を検知すると、サスペンションシステムが衝突側の車体を瞬時に持ち上げ、より頑丈な車体下部で衝突を受け止めることで乗員保護性能を高める機能を有していることも、同システムの訴求点だ。

▲4輪それぞれに48V電動油圧ユニットを装備するE-ACTIVE BODY CONTROL(ダイナミックカーブ機能付)をオプション設定

 インテリアの機能面では、エナジャイジングパッケージ(エナジャイジングコンフォートプログラム)やアクティブマルチコントロールシートバックパッケージ(アクティブドライビングダイナミックシート、リラクゼーション機能)などの快適アイテムを標準で装備。また、S580 4MATIC/S580 4MATICロング用レザーエクスクルーシブパッケージをオプションで用意している。

▲最新バージョンの対話型インフォテインメントシステム「MBUX」やエナジャイジングパッケージ(エナジャイジングコンフォートプログラム)を標準装備

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る