• TOP
  • DS7クロスバックに特別仕様車の「パフォーマンスライン」を新設定。通常モデルのグレード体系の変更も実施

 ー 

DS7クロスバックに特別仕様車の「パフォーマンスライン」を新設定。通常モデルのグレード体系の変更も実施

Writer:大貫直次郎 

DSが旗艦ラグジュアリーSUVのDS7クロスバック E-テンス4×4およびブルーHDiにレーシングシーンからインスパイアされたディテールを纏う特別仕様車「パフォーマンスライン」を追加

 グループPSAジャパンは2021年9月8日、DSブランドのフラックシップSUVに位置するDS7クロスバックのE-テンス4×4およびブルーHDiに特別仕様車の「パフォーマンスライン(PERFORMANCE Line)」をラインアップし、同日より発売した。車両価格はパフォーマンスライン・E-テンス4×4が727万円、パフォーマンスライン・ブルーHDiが609万円に設定する。

▲DS7クロスバック・パフォーマンスライン・E-テンス4×4(写真・右) 価格:8SAT727万円 DS7クロスバック・パフォーマンスライン・ブルーHDi(同・左) 価格:8SAT609万円 フォーミュラEにて2年連続でダブルタイトルを獲得したDS TECHEETAH Formula E Teamチームからインスパイアされたレーシーなディテールを導入する

 今回の特別仕様車は、“PureTech”1598cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(200ps/300Nm)+フロントモーター(81kW/320Nm)+リアモーター(83kW/166Nm)という総出力300ps/520Nmの動力源に、容量13.2kWhのリチウムイオンバッテリーとオンボードチャージャー+DC/DCコンバーター、トルクコンバーターに代わり湿式多板クラッチを配したe-EAT8(電子制御8速AT)を組み合わせて、電動4×4システムを具現化したプラグインハイブリッド(PHEV)のE-テンス4×4と、“Blue HDi”1997cc直列4気筒DOHCコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン(177ps/400Nm)+EAT8(電子制御8速AT)を搭載するブルーHDiをベースに、フォーミュラEにて2年連続でダブルタイトルを獲得したDS TECHEETAH Formula E Teamチームからインスパイアされたレーシーなディテールを、フレンチラグジュアリーSUVに融合させてスポーティ・エレガンスに仕立てたことが特徴である。

▲シャイニーブラックのルーフレールとパノラミックサンルーフを採用
▲マットブラック仕上げのDSウイングやDSアクティブLEDビジョンを標準装備
▲オニキスブラックの19インチアロイホイール(タイヤは235/50 R19サイズ)を特別装備

 エクステリアに関しては、マットブラック仕上げのDSウイング&リアガーニッシュやシャイニーブラックのルーフレール、パノラミックサンルーフ、PERFORMANCE Line専用デザインフロントドアステップガードなどを特別装備。足もとには、オニキスブラックの19インチアロイホイール(タイヤは235/50 R19サイズ)を組み込む。ボディカラーは、ブランナクレ/クリスタルパール/グリプラチナム/ノアールペルラネラの計4色を設定した。

▲ボディカラーは写真上よりブランナクレ/クリスタルパール/グリプラチナム/ノアールペルラネラから選択可

 内包するインテリアは、ダッシュボードやセンターコンソール、ドアトリムにアルカンタラをあしらってレーシーな雰囲気を付加したほか、パーフォレーテッド加工ステアリングホイールやPERFORMANCE Line専用デザインフロアマットを特別装備。また、ステアリングやダッシュボード、ドアトリムなどのステッチをPERFORMANCE Lineのイメージカラーであるカルマン(カーマインレッド)&ゴールドに統一し、スペシャル感を演出した。さらに、アルカンタラ/テップレザー表皮シート(電動調整式/シートヒーター)やアルミペダルなどを標準で採用。ダッシュボードには、PERFORMANCE Lineエンブレムも配備した。

▲ダッシュボードやセンターコンソール、ドアトリムにアルカンタラをあしらってレーシーな雰囲気を創出。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲アルカンタラ/テップレザー表皮のシートを採用

 DSはパフォーマンスラインの追加設定と合わせて、通常モデルのグレード体系の変更も実施する。グレード呼称は従来のSo Chic(ソーシック)およびGrand Chic(グランシック)を廃し、OPERA(オペラ)、 RIVOLI(リヴォリ)、BASTILLE(バスティーユ)などのインスピレーション(インテリア仕様)を機種名に新採用。よりシンプルかつ明快なグレード体系へと刷新した。なお、ベースグレードのSo Chicはカタログから外れている。具体的な車種展開は以下の通りだ。
BASTILLEブルーHDi(旧:So ChicブルーHDiパッケージオプション):520万3000円
RIVOLI(旧:Grand Chic):607万9000円
RIVOLIブルーHDi(旧:Grand ChicブルーHDi):627万9000円
OPERA(旧:Grand Chic OPERAナッパレザーオプション):668万5000円
OPERAブルーHDi(旧:Grand ChicブルーHDi OPERAナッパレザーオプション):688万5000円
E-TENSE 4×4(旧・E-TENSE 4×4 Grand Chic):732万円

▲D7クロスバック・BASTILLEブルーHDi(旧:So ChicブルーHDiパッケージオプション) 価格:8SAT520万3000円
▲DS7クロスバック・RIVOLI(旧:Grand Chic) 価格:8SAT607万9000円
▲DS7クロスバック・OPERAブルーHDi(旧:Grand ChicブルーHDi OPERAナッパレザーオプション) 価格:8SAT688万5000円

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る