ー 

根強い人気車のトヨタ・カローラ・アクシオ/カローラ・フィールダーが安全装備を強化

Writer:大貫直次郎 

トヨタの5ナンバー規格セダン&ワゴンのカローラ・アクシオ/カローラ・フィールダーが一部改良を実施。安全装備を拡充して魅力度アップ

 トヨタ自動車は2021年9月6日、カローラ・アクシオおよびカローラ・フィールダーを一部改良して発売した。

▲トヨタ・カローラ・アクシオ・ハイブリッドEX(2WD) 価格:THS213万4000円 全長4400×全幅1695×全高1460mm ホイールベース2600mm 車重1140kg 乗車定員5名 WLTCモード燃費27.8km/リットル

車種展開は以下の通り。
■カローラ・アクシオ
EX(2WD):5MT155万7600円/CVT167万7500円
EX(4WD):CVT182万1600円
ハイブリッドEX(2WD):213万4000円
■カローラ・フィールダー
EX(2WD):5MT170万9400円/CVT182万9300円
EX(4WD):CVT197万3400円
ハイブリッドEX(2WD):229万2400円

▲トヨタ・カローラ・フィールダー・ハイブリッドEX(2WD) 価格:THS229万2400円 全長4400×全幅1695×全高1475mm ホイールベース2600mm 車重1170kg 乗車定員5名 WLTCモード燃費27.8km/リットル

 今回の一部改良は、安全装備の強化を図って5ナンバー規格の定番セダン&ワゴンとしての訴求力をいっそう高めたことが特徴である。
 まず、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」のプリクラッシュセーフティを歩行者(昼)検知機能付衝突回避支援タイプにバージョンアップし、全車に標準装備化(サポカー補助金の対象)。また、周囲の明るさを感知してヘッドライトを自動でON・OFFするコンライトを標準で組み込んだ。
 なお、既存のカローラ・アクシオおよびカローラ・フィールダー(2015年3月~2021年9月式のプリクラッシュセーフティ搭載車)においても、「プリクラッシュセーフティ 昼間の歩行者検知機能追加キット」によるソフトウェアのアップグレードを可能としている。

▲衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」のプリクラッシュセーフティを歩行者(昼)検知機能付衝突回避支援タイプにバージョンアップする

 パワーユニットは基本的に従来と共通で、ガソリン2WD(FF)モデルに2NR-FKE型1496cc直列4気筒DOHCエンジン(109ps/13.9kg・m)+Super CVT-iと1NZ-FE型1496cc直列4気筒DOHCエンジン(109ps/14.1kg・m)+5MTを、ガソリン4WDモデルに1NZ-FE型1496cc直列4気筒DOHCエンジン(103ps/13.5kg・m)+Super CVT-iを、ハイブリッド2WDに1NZ-FXE型1496cc直列4気筒DOHCエンジン(74ps/11.3kg・m)+1LM型モーター(45kW/169Nm)+ニッケル水素電池(容量6.5Ah)+電気式無段変速機のリダクション機構付THSⅡを採用している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る