• TOP
  • 街の景観をも左右する、素晴らしいエクステリアデザインのクルマを選ぶ

 ー 

街の景観をも左右する、素晴らしいエクステリアデザインのクルマを選ぶ

Writer:森口将之 Photo:小久保昭彦

クルマは街の景観を左右する。走り去る姿に注目。 スタイリッシュであるか否か の判断基準は人それぞれ。個人的に大事だと考えているのは、速さや楽しさの演出が適度で真に美しいフォルムを追求していること。スポーツカーがカッコよさの頂点という価値基準ではない。今回はコンパクトカーやSUVまで含めたオールジャンルの中から、道を歩いていて走り過ぎる姿がスタイリッシュであると思う車種をセレクトした。クルマは街の景観を左右する重要な要素である。

1位:LEXUS LC

 レクサスLCを見て思い浮かぶのは、日本的。東洋的というキーワードだ。メタリックな縁取りを施した小振りなライト、フロントフェンダーからピラーへの滑らかなつながり、大胆なのに派手ではないリアフェンダーの張り出し、薙刀を思わせるルーフ左右のモールなど、ヨーロッパの競合車にはない優美で繊細な世界観で統一されている。日本的、東洋的なクルマはこれまでも、Kカーのハイトワゴンや5ナンバーミニバンなどがあった。でもそれは、低速短距離移動という道路事情に合わせた車種だった。レクサスLCはラグジュアリークーペという西洋がメインマーケットになるジャンルで、ライバルにはない独自の存在感を提示したところが素晴らしい。クーペはプレミアムブランドのイメージリーダーとして不可欠な存在であるとレクサスは認識し、欧米のライバルに負けない魅惑的なプロポーションと、西洋とは異なる独自の美意識を備えたLCをラインナップした。日本人のひとりとして嬉しく、誇りに感じる。

レクサスLC500h・Lパッケージ 価格:THS 1400万円 LCは2012年発表のコンセプトカー「LFーLC」の造形を再現 クーペとコンバーチブルを設定

2位:ALPINE A110

 1962年に生まれたオリジナルA110をそのまま蘇らせたようなフォルムに感心。中身はリアエンジンからミッドシップに転換しているが、造形バランスは崩れていない。しかも新鮮な印象を発散する。攻撃的なスタイリングが目立つ最新スポーツカーの中で、エレガンスを感じる存在感は貴重。必要以上のサイズアップをせず、小型軽量にこだわった作りも共感できる。

アルピーヌA110S 価格:7DCT 864万円 新型は往年のイメージを踏襲しながら超一級の空力特性も実現 2シーターMRレイアウト 走り鮮烈

3位:HONDA e

 EVだからとモダンに仕立てず、丸目のヘッドライトが象徴するように、周囲に溶け込むフレンドリーな存在を目指した思想に感心する。キーを持ってクルマに近づくとデイライトが点灯し、ドアハンドルがポップアップする動作は、クルマと対話しているような感覚。それでいてデジタルドアミラーなど最新技術は、「今日性」を象徴している。完成度が高い。

ホンダeアドバンス 価格:495万円 ホンダeはシティユースに的を絞ったBEV リアに駆動モーターを搭載したRRレイアウト 最小回転半径4.3m

4位:MAZDA 3 Fastback

 街で見かけるといまなお振り返ってしまう。200万円台の実用的なハッチバックが、ここまで魅惑的なスタイリングを備えていることは驚きだ。マツダが2012年から展開してきた「魂動(こどう)デザイン」のひとつの到達点と言えるだろう。生まれ故郷の広島で、マツダ3は東京以上にたくさん走っている。マツダのイメージリーダーという認識が強いことが伝わってくる。

マツダ3ファストバックXD・Lパッケージ(FF) 価格:6SAT 297万3055円 造形はマッシブな面で構成 魂動(こどう)デザインの完成形

5位:VOLVO XC40

 現行ボルボのデザインは日本でも高く評価されている。中でも完成度が高いのがXC40だ。基本的なテイストはブランド共通ながら、サイドウィンドウ後端のキックアップや台形のフェンダーなどでカジュアルな雰囲気を演出する。2トーンカラーやクラシカルなリアパネルを含めて、北欧らしいロングライフを受け継ぎつつ遊び心をプラスした造形が好ましい。

ボルボXC40・B4モメンタム 価格:8SAT 479万円 XC40はカジュアルな雰囲気を発散する北欧デザイン 世界的に高い人気を獲得している

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る