• TOP
  • 「GR86+BRZ詳細解剖」個性明快な走り味。FRスポーツの新たな基準を提示する2台の個性を全開チェック

 ー 

「GR86+BRZ詳細解剖」個性明快な走り味。FRスポーツの新たな基準を提示する2台の個性を全開チェック

Writer:山本シンヤ Photo:小久保昭彦+TOYOTA+SUBARU

トヨタGR86+SUBARU BRZ サーキット試乗

新開発2.4ℓボクサー4は7400rpmのレッドゾーンまでスッキリと回り好印象 旧型の弱点だった3500~4500romのトルク落ち込みが解消されドライバビリティは大幅に向上 エンジン特性はGR86がレスポンス重視 BRZはリニアリティ指向 GR86は痛快なパワー感 BRZは「+400ccの余裕」が満喫できる
新開発2.4ℓボクサー4は7400rpmのレッドゾーンまでスッキリと回り好印象 旧型の弱点だった3500~4500romのトルク落ち込みが解消されドライバビリティは大幅に向上 エンジン特性はGR86がレスポンス重視 BRZはリニアリティ指向 GR86は痛快なパワー感 BRZは「+400ccの余裕」が満喫できる

新型の2.4リッター・フラット4は絶品。ミッションも大幅進化

 2ndモデルの走りは鮮烈だ。個人的には「進化」と言うよりも「純度」が高められたという表現がふさわしいと感じた。新型のパフォーマンスと、GR86/BRZの走りの違いを紹介しよう。
2.4リッター・エンジンはスポーツ性能がグッと上がった。実用域のトルク向上と高回転域のパンチ力、そして7450rpmのレッドゾーンまでスッキリと回り切る気持ち良さは素晴らしい。加えて2リッターの弱点だった3500~4500rpmのトルクの落ち込みがなくなった。シフトアップ後の駆動の繋がりが大きく改善され、ドライバビリティは大幅アップした。

 MT車のエンジン特性は2台で異なる。GR86はレスポンス重視、BRZはリニアリティ重視。GR86は「さすが2.4リッター!!」と感じる後輪の蹴り出しとパワー感が印象的。BRZは全体的に底上げされた「+400ccの余裕」が味わえる。

 トランスミッションは6速MT、6速ATとも大きくリファインされた。MTはシフトの入り辛さ(特に1→2速)、フィールの悪さ、正確性(ミスシフトしやすい)を改善。ギアノイズも低減した。アキレス腱だった部分の改善は1 stユーザーの羨望を集めるだろう。
ATはシフトスピード/シフトショックのリファインと合わせてスポーツモード時の制御を変更。サーキット走行でも「パドルいらず」と言えるくらいドライバーの意志に近いアップ/ダウンシフトを行なう。ATの特性も2台で異なり、GR86は「シフトショックよりもシフトスピード優先」、BRZは「シフトスピードとシフトショックのバランス」を狙う。だがその違いは僅かだ。

ボディはフロント曲げ剛性約60%/ねじり剛性約50%アップ 走りの進化は明快
GR86とBRZはフロントナックルやリアスタビライザーの取り付けなど各部が異なる
2.4リッターユニットは実用域のトルク向上と高回転域のパンチ力が印象的 MTの0→100km/h加速は従来の7.4秒から6.3秒に短縮

高い完成度。GR86は打てば響く動き、BRZは滑らかさが印象的!

 フットワークはどうか? 走り始めて、ステアリング系やペダル周りのシッカリ感に驚いた。これは車体……とくにバルクヘッド周りの剛性アップが効いている。シートも同様である。ホールド性やフィット感の向上だけでなくフレーム剛性アップで、より正確な操作が可能な運転環境になっていた。

 走りの進化はコーナーを一つ曲がるだけで理解できるレベルだ。ステアリングの直結感(タイヤの情報がより伝わりやすい)が高い上に雑味の無い滑らかな操舵フィールが味わえる。ボディは絶対的な剛性が高いのはもちろん、旧型で感じた「どこか緩さが残る」印象が払拭された。操作してからの応答性の高さやフロントからリアに伝わる力の連続性は、旧型のコンプリートカー(86GR/BRZ・STIスポーツ)以上の完成度と言っていい。

 フットワークは、粘りを増したリアのスタビリティとノーズがシッカリと入るフロントの応答性、ミシュラン・パイロットスポーツ4の高いグリップ力が素晴らしいハーモニーを奏でる。まるでトレッドが拡大されたかのような安定したコーナリングと抜群の路面追従性を実感。従来型の悩みどころだった予期せぬアンダー/オーバーステアは影を潜めた。
ただし「安定方向」に変化したわけではない。自在性やコントロールする楽しさはむしろ高められている。クルマの挙動変化は一段と自然、滑らかになっており、グリップ/ドリフトが自由自在なのはもちろん、その時のコントロール性と失敗した時のリカバリーもしやすい。もう最高である。

2台のフットワークとパフォーマンスはともに超一級 速さは胸のすくレベル コントロールする楽しさも増している
2ndモデルは新世代FRスポーツとして2台の走りの個性を明確化 実際に試乗してから選ぶのがオススメ
新型は従来以上に低重心が徹底されハンドリングが向上

2台の差は明確。FRらしいGR86、BRZはスムーズ指向!

 GR86/BRZの違いはどうか? 簡潔に表現すると、限界は変わらないが、限界に至るまでの「アプローチ」と「道筋」に大きな違いがある。明確な差があると感じたのは2点だ。
1つは「操舵してからの一連のクルマの挙動」。GR86は打てば響くメリハリのある動き、BRZは過度な部分のない連続性のある動きをする。もう1つは「荷重コントロール」だ。GR86はアクセルOFFでも姿勢変化できるくらい荷重移動しやすい。BRZは普段は安定方向、ドライバーが積極的な荷重移動のアクションをした時のみ姿勢変化を行なう。

 GR86は「FRスポーツならではの姿勢変化を積極的に楽しんでね」、BRZは「FRでもSUBARUの安心・安全の思想は普遍、ドライバーの意志で姿勢変化も楽しめます」と言うメッセージに違いない。各ブランドが目指す走りの方向性に準じたセッティングなのだ。どちらも「正解」である。
ただし、各々のクルマの特性を理解しながら走らせると、どちらも同じ動きをするから面白い。そう、2台は「似てるようで似ていない」、「似ていないようで似ている」兄弟なのだ。

GR86は荷重コントロールが自在に可能 打てば響くメリハリのある動きが特徴 ドリフトを安心して楽しめる 
BRZは安定指向 スムーズなコーナリングが持ち味 ハンドリングはリアのスタビリティとフロントの応答性が見事にバランス 旧型の「予期せぬアンダー/オーバーステア」は影を潜めた
6速MTは全車に設定 新型はシフトの入りずらさ/正確性を改善 ギアノイズも低い 操作そのものが楽しいシフトフィールも大きな魅力 クラッチは軽い
6速ATはRC以外で選べる ATはスポーツモード時の制御を変更 サーキット走行でも“パドルいらず”の的確な変速を実現 ATはアイサイト標準装備
GR86/BRZは世界でも希少な軽量FRスポーツ 写真後方は17インチタイヤ仕様のBRZ・Rグレード

SUBARU BRZ・S 主要諸元と主要装備

グレード=S
価格=6MT 326万7000円/6SAT 343万2000円
全長×全幅×全高=4265×1775×1310mm
ホイールベース=2575mm
トレッド=1520/1550mm
最低地上高=130mm
車重=1270(AT1290)kg
エンジン=2367cc水平対向4DOHC16V(プレミアム仕様)
最高出力=173kW(235ps)/7000rpm
最大トルク=250Nm(25.5kgm)/3700rpm
WLTCモード燃費=11.9(AT11.7)km/リッター(燃料タンク容量50リッター)
(市街地/郊外/高速道路=8.0/12.8/14.2(AT7.2/12.7/14.9)km/リッター)
サスペンション=前ストラット/後ダブルウィッシュボーン
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=215/40R18+アルミ
駆動方式=FR
乗車定員=4名
最小回転半径=5.4m
●主な燃費改善対策:筒内直接噴射/可変バルブタイミング/電動パワーステアリング/ロックアップ機構付きトルクコンバーター(AT)
●主要装備:トルセンLSD/Vタワーバー/前後スタビライザー/アクティブサウンドコントロール/水冷式エンジンオイルクーラー/アルミ製フロントフード&ルーフパネル&フロントフェンダー/フロントバンパーダクト(空力テクスチャーパターン)/前後エアアウトレット/サイドシルスポイラー/ダックテールトランクリッド/デュルテールパイプ/フルフロアアンダーカバー/フルLEDヘッドライト/クルーズコントロール/本革巻きステアリング&シフトノブ&ハンドブレーキレバー/TRACKモードスイッチ/アルミパッド付きスポーツペダル/左右独立温度調節式オートAC/BOXERメーター(7インチカラー+LCD液晶)/キーレスアクセス&プッシュスタート/8スピーカー/ウルトラスエード&本革コンビシート/ブランノーブ表皮メーターバイザー/スバルリアビークルディテクション(後側方警戒支援システム)/アイサイトコアテクノロジー(AT)

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る