ー 

フルバッテリー電気自動車のジャガー・Iペイスの2022年モデルが日本での受注を開始

Writer:大貫直次郎 

ワンメイクレースで培った経験や知識を活かして機構面の効率性を高めたジャガー・Iペイスの2022年モデルが日本での予約受注をスタート。内外装や機能装備のアップデート、新グレードの「ブラックエディション」の設定も敢行

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年9月9日、フルバッテリー電気自動車(BEV)に位置するジャガー・Iペイス(I-PACE)の2022年モデルの受注を開始した。

▲ジャガー・IペイスHSE 価格:1221万円 全長4695×全幅1895×全高1565mm ホイールベース2990mm 車重2230kg 航続距離はWLTCモードで438km

車種展開は以下の通り。
IペイスS:1005万円
IペイスSE:1093万円
IペイスHSE:1221万円
Iペイス・ブラックエディション:1139万円

 Iペイスの2022年モデルは、ワンメイクレース「Jaguar I-PACE eTROPHY」で培った経験や知識を活かして効率性や温度管理能力を高めたほか、内外装や機能装備のアップデート、新グレードの「ブラックエディション(BLACK EDITION)」の設定などを行って、エレクトリック・パフォーマンスSUVとしての魅力度をいっそう引き上げたことが特徴である。

▲ジャガー・IペイスSE 価格:1093万円 フロントグリルにクロームティップドグリルピンを採用

 まずパワートレインでは、トータルで294kW/696Nmを発生する前後モーターと最大438km(WLTCモード)の航続距離を実現する90kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載したうえで、ワンメイクレース「Jaguar I-PACE eTROPHY」で培った経験や知識を活かし、前後モーターのトルク配分見直しによるECOモード時の効率アップや、アクティブベーンシステムを効果的に使用した温度管理性能の向上を実施。また、パフォーマンスや耐久性に影 響を及ぼすことなく、バッテリー残量がより少ない状況でも作動ができるようにリセッティングした。

▲ワンメイクレース「Jaguar I-PACE eTROPHY」で培った経験や知識を活かし、前後モーターのトルク配分見直しによるECOモード時の効率アップや、アクティブベーンシステムを効果的に使用した温度管理性能の向上を実施

 エクステリアについては、Sグレードのホイールを従来の18インチから19インチに拡大したほか、フロントグリルにクロームティップドグリルピンを採用するなどして、よりスポーティで存在感のあるスタイリングを創出。また、グリルサラウンド(ノーブル)やミラーキャップ(アトラスグレイ)、サイドウィンドウサラウンド(サテン)、リアディフューザー(アトラスグレイ)にアクセントを施した「ブライトエクステリアパック」を新たに追加した。さらに、ボディカラーには新色のカルデラレッド/ポルトフィーノブルー/アイガーグレイ/アルバをラインアップし、ほかにフジホワイト/サントリーニブラック/ユーロンホワイト/インダスシルバー/フィレンツェレッド/シージアムブルー/ボラスコグレイ/ファラロンブラックを継続設定して全12色の展開としている。

▲ジャガー・IペイスS 価格:1005万円 ホイールを従来の18インチから19インチに拡大する

 インテリアに関しては、グレインレザーの14ウェイ電動フロントパフォーマンスシートを導入するとともに、ヘッドレストに配するジャガーリーパーの3D加工化(レザーシートのみ)や40:20:40 分割可倒式リアシートの標準装備化などを実施する。また、最新のインフォテインメントシステム「Pivi Pro」を標準設定。Pivi Proに付帯するオンラインパックには専用の通信データプランを用意し、ナビゲーション(施設情報のオンライン検索/ガソリン価格のオンライン取得/マップデータのオンラインアップデート)やメディア(Spotify/Deezer/TuneInRadio、天気予報のAccuWeather)、カレンダー(Google Suite/Microsoft Office 365)のアプリがデータ容量を気にすることなく使用できるようにした。

▲内装ではヘッドレストに配するジャガーリーパーの3D加工化(レザーシートのみ)や40:20:40 分割可倒式リアシートの標準装備化などを行う
▲最新のインフォテインメントシステム「Pivi Pro」を標準で採用

 先進安全システムの拡充も訴求点だ。ドライバー支援システムとして3Dサラウンドカメラやブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール(ステアリングアシスト付)、リアコリジョンモニター、クリアイグジットモニターを標準で採用。さらに、新規のオプションとしてスマートフォンのワイヤレスデバイスチャージングやClearSightインテリア・リアビューミラー、第2世代のアクティビティキー、フルオートのパークアシスト、コンビニエンスパック(ジェスチャーテールゲート/ラゲッジスペースパーティションネット/ラゲッジスペースストレージレール/クリック&ゴーベースユニット/アクティビティキー)、プレミアムアップグレードインテリアパック(エクステンデッドレザーパック/プレミアムカーペットマット/イルミネーテッドトレッドプレート/プレミアムキャビンライト/スエードクロスヘッドライニング)を追加した。

▲3Dサラウンドカメラやブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール(ステアリングアシスト付)などを標準設定

 新グレードの「ブラックエディション」については、外装にブラックエクステリアパック (ブラックミラーキャップを含む)やプライバシーガラス、固定式パノラミックルーフなどを標準で装備。足もとには、存在感を高める20インチ“スタイル5068”5スポークホイール(グロスブラックフィニッシュ)を組み込んだ。

▲ジャガー・Iペイス・ブラックエディション 価格:1139万円 ブラックエクステリアパックや20インチ“スタイル5068”ホイールを装備
▲内装にはインタラクティブドライバーディスプレイやMERIDIANサウンドシステムを組み込む

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る