ー 

トヨタのカローラ・シリーズ初のSUV「カローラ・クロス」が待望の日本デビュー

Writer:大貫直次郎 

トヨタの定番モデルのカローラに初のSUVモデルとなる「カローラ・クロス」を新設定。レジャーから街乗りまで幅広いシーンで活躍する高いユーティリティに、力強い走りと低燃費を両立

 トヨタ自動車は2021年9月14日、カローラ・シリーズ初のSUVモデルとなる「カローラ・クロス」を設定し、同日より発売した。

▲トヨタ・カローラ・クロスZ(ハイブリッド車・2WD) 価格:THS299万円 全長4490×全幅1825×全高1620mm ホイールベース2640mm 車重1410kg 乗車定員5名 WLTCモード燃費26.2km/リットル 日本仕様専用デザインのフロントマスクを採用。写真のボディカラーはダークブルーマイカメタリック

車種展開は以下の通り。
■ガソリン車
G“X”:2WD199万9000円
G:2WD224万円
S:2WD240万円
Z:2WD264万円
■ハイブリッド車
G:2WD259万円/E-Four279万9000円
S:2WD275万円/E-Four295万9000円
Z:2WD299万円/E-Four319万9000円

▲トヨタ・カローラ・クロスS(ハイブリッド車・2WD) 価格:THS275万円 全長4490×全幅1825×全高1620mm ホイールベース2640mm 車重1380kg 乗車定員5名 WLTCモード燃費26.2km/リットル 写真のボディカラーはスパークリングブラックパールクリスタルシャイン

 新設定のカローラ・クロスは、歴代カローラが培ってきた“プラスα”の思想と、ユーザーに寄り添って進化し続けるという使命を受け継ぎ、これからのカローラに求められる新しい姿を追求した結果、シリーズ初のSUVとして誕生。「新空間・新感覚 COROLLA」を開発コンセプトに、SUVならではの広い室内空間や高いユーティリティに加え、力強い走りと低燃費を両立したことが特徴である。

▲ZグレードにはBi-Beam LEDヘッドランプ+LEDシーケンシャルターンランプ+LEDクリアランスランプ&LEDデイタイムランニングランプを配備

 エクステリアについては“アーバン・アクティブ”をデザインコンセプトに、SUVらしいダイナミックで洗練されたスタイリングを創出。ガラス面やフロントおよびリアのランプに伸びやかなデザインを施したアッパー部と、ワイドで安定感のあるバンパー部のデザインのコントラストにより、都会的かつ堂々としたプロポーションを具現化する。カローラの一員であることがひと目でわかる日本仕様専用デザインのフロントマスクも印象的だ。ボディサイズは全長4490×全幅1825×全高1620mm/ホイールベース2640mmと、カローラ・シリーズとしては最大級の車格で、またヤリス・クロスとRAV4の中間的なサイズに設定している。ボディカラーは都会的で洗練された雰囲気を持つプラチナホワイトパールマイカ/セントグレーメタリック/シルバーメタリック/アティチュードブラックマイカ/スパークリングブラックパールクリスタルシャイン/センシュアルレッドマイカ/アバンギャルドブロンズメタリック/ダークブルーマイカメタリックという全8色をラインアップした。

▲ボディカラーは都会的で洗練された雰囲気を持つ全8色を設定

 SUVならではの優れたパッケージングを構築して、高いユーティリティを実現したこともカローラ・クロスの訴求点だ。キャビン空間は、見晴らしのいい視界の高さを確保するとともに頭上空間にもゆとりを設けることで、どの席に座っても、街乗りからロングドライブまであらゆるシーンで快適に過ごせるスペースを実現。また、前席はSUVならではの高いアイポイントに加え、細いフロントピラーとスッキリしたインストルメントパネルにより見切りが良く運転のしやすいコクピットで仕立て、一方で後席は大きく開くリアサイドドアで乗り降りがしやすく、合わせてリクライニング機能をリアシートにも内蔵して、高い居住性・快適性を創出する。さらに、開放感抜群のパノラマルーフを設定し(ZおよびSグレードにオプション)、大きなガラス面でどの席からも空が眺められるワイドな視界が広がるほか、電動ロールシェードで日差しのコントロールができるようにアレンジした。

▲SUVならではの優れたパッケージングを構築して、高いユーティリティを実現。車格はヤリス・クロスとRAV4の中間的なサイズに設定する
▲開放感あふれるパノラマルーフをZおよびSグレードにオプションで用意

 インパネ自体はカローラ・シリーズ共通の水平で連続性のあるデザインで仕立てたうえで、室内照明をすべてLED化するなど、カジュアルな雰囲気のなかに上質で洗練された質感を演出する。また、サテン調塗装メータークラスター付オプティトロンメーター+7.0TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイや7インチディスプレイオーディオ(オプションで9インチディスプレイも選択可)、アクセサリーソケット(DC12V・120W/センターコンソールボックス内1個)、充電用USB端子といった機能性を高めるアイテムを装備。オプションとして、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W/1個/非常時給電システム付)やおくだけ充電なども設定した。一方、前席にはスリムな背面部と高いホールド性を両立したスポーティなシートを装備。表皮はZグレードに本革+ファブリック、それ以外のグレードにファブリックを採用している。

▲インパネはカローラ・シリーズ共通の水平で連続性のあるデザインで仕立てたうえで、室内照明をすべてLED化するなど、カジュアルな雰囲気のなかに上質で洗練された質感を演出する。写真はZグレード
▲7インチディスプレイオーディオを標準で、9インチディスプレイオーディオ(写真)をオプションで設定
▲ハイブリッド車にアクセサリーコンセント(AC100V・1500W/1個/非常時給電システム付)をオプションで用意
▲センターコンソール部に配するおくだけ充電はオプションで選択可
▲前席にはスリムな背面部と高いホールド性を両立したスポーティなシートを装備。表皮はZグレードに本革+ファブリック(写真・上)、それ以外のグレードにファブリック(同・下)を採用

 ラゲッジ空間は、後席使用時でもクラストップレベルの487リットルを実現。また、6:4分割可倒式の後席を倒すとさらに広いスペースを確保でき、ロードバイクの積載が可能となる。荷物の積み下ろしのしやすさにもこだわり、ラゲッジ開口部を地面から720mmの高さに設定したことで小柄な人でも楽に荷物の積み下ろしができるほか、両手がふさがっていても簡単にバックドアを開閉することが可能なハンズフリーパワーバックドア(Zグレードに標準、Sグレードにオプション)を設定した。

▲ラゲッジ空間はクラストップレベルの487リットル(後席使用時)を確保
▲ハンズフリーパワーバックドアはZグレードに標準、Sグレードにオプションで設定

 基本骨格に関してはグローバル共通のTNGA(Toyota New Global Architecture)プラットフォーム(GA-C)を活用しつつ、フロントに専用セッティングのマクファーソンストラットサスペンション、リアに新型のトーションビームサスペンション(2WD車。E-Fourはダブルウィッシュボーン)を組み込んでSUVらしい安定したフラットな走りを実現。タイヤには215/60R17サイズ(SおよびG系グレード)または225/50R18サイズ(Zグレード)を装着する。静粛性を高めたこともアピールポイントで、エンジン音やロードノイズを低減する吸音素材を最適配置。また、最小回転半径はクラストップレベルの5.2mとし、狭い場所での取り回し性のよさを実現した。

▲基本骨格はグローバル共通のTNGAプラットフォーム(GA-C)を活用しつつ、フロントに専用セッティングのマクファーソンストラットサスペンション、リアに新型のトーションビームサスペンション(2WD車。E-Fourはダブルウィッシュボーン)を採用する

 パワートレインにはカローラ・クロス用に最適化したガソリンユニットの2ZR-FAE型1797㏄直列4気筒DOHCエンジン(最高出力140ps/6200rpm、最大トルク17.3kg・m/3900rpm)+Super CVT-iと、ハイブリッド(リダクション機構付THSⅡ)2WDの2ZR-FXE型1797㏄直列4気筒DOHCエンジン(最高出力98ps/5200rpm、最大トルク14.5kg・m/3600rpm)+1NM型フロントモーター(最高出力53kW、最大トルク163Nm)+リチウムイオン電池(容量3.6Ah)、ハイブリッドE-Fourの2ZR-FXE型1797㏄直列4気筒DOHCエンジン(最高出力98ps/5200rpm、最大トルク14.5kg・m/3600rpm)+1NM型フロントモーター(最高出力53kW、最大トルク163Nm)+1MM型リアモーター(最高出力5.3kW、最大トルク55Nm)+ニッケル水素電池(容量6.5Ah)を設定。燃費性能はガソリン車がWLTCモードで14.4km/リットル、ハイブリッド2WD車が同26.2km/リットル、ハイブリッドE-Four車が24.2 km/リットルを達成した。

▲カローラ・クロス用に最適化したパワートレインを搭載。写真はハイブリッド2WDの2ZR-FXE型1797㏄直列4気筒DOHCエンジン(98ps/14.5kg・m)+1NM型フロントモーター(53kW/163Nm)+リチウムイオン電池(容量3.6Ah)
▲後輪を1MM型モーター(5.3kW/55Nm)で駆動するハイブリッドE-Fourも設定

 安全機構としてはカローラ・シリーズを基本的に踏襲し、最新のToyota Safety Senseを全車に標準で装備。また、パーキングサポートブレーキとバックガイドモニターをG“X”を除く全グレードに標準で採用する。さらに、障害物の有無にかかわらずペダル踏み間違い時の急加速を抑制するプラスサポートを販売店装着オプションで設定した。

▲最新のToyota Safety Senseを全車に標準で装備
▲パーキングサポートブレーキとバックガイドモニターをG“X”を除く全グレードに標準で採用

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る