ー 

日産GT-Rの2022年モデルが発表。いっそうの進化を果たした2つの特別仕様車「T-spec」を新設定

Writer:大貫直次郎 

日産の「究極のドライビングプレジャーの追求」はまだまだ続く。GT-Rの2022年モデルにさらなる進化を遂げた「GT-R Premium edition T-spec」と「GT-R Track edition engineered by NISMO T-spec」をラインアップ

 日産自動車は2021年9月14日、GT-Rの2022年モデルと特別仕様車の「GT-R Premium edition T-spec(プレミアムエディション・Tスペック」および「GT-R Track edition engineered by NISMO T-spec(トラックエディション・エンジニアード・バイ・ニスモ・Tスペック」を発表した。販売開始は本年10月下旬を予定する。

▲日産GT-R Premium edition T-spec 価格:6DCT1590万4900円 全長4710×全幅1895×全高1370mm ホイールベース2780mm 車重1760kg 写真のボディカラーは新色のミレニアムジェイド

車両価格は以下の通り。
GT-R Pure edition:1082万8400円
GT-R Black edition:1277万2100円
GT-R Premium edition:1232万9900円
GT-R Track edition engineered by NISMO:1463万6600円
特別仕様車GT-R Premium edition T-spec:1590万4900円
特別仕様車GT-R Track edition engineered by NISMO T-spec:1788万1600円
なお、2つの特別仕様車の「T-spec」は合わせて100台限定(予定)の抽選販売。抽選の申込は9月15日~9月29日の期間で受け付けている。

 2022 年モデルの最大の特徴は、究極の走りを追求した「GT-R Premium edition T-spec」と「GT-R Track edition engineered by NISMO T-spec」の設定にある。「T-spec」の名称は、「時代を導くという哲学」であり、GT-Rの在り方やその時代を牽引するクルマであり続けるという願いを表現した“Trend Maker”と、「しっかりと地面を捉え駆動する車両」という開発におけるハードウェアへの考えを表した“Traction Master”から命名した。

▲「T-spec」を冠する2つの特別仕様車は、写真上より専用カーボンセラミックブレーキ、カーボン製リアスポイラー、専用エンジンカバー、専用バッヂを標準で採用する

 2モデル共通の特別装備としては、専用カーボンセラミックブレーキやカーボン製リアスポイラー、専用エンジンカバー、専用バッヂ(フロント・リア)を採用。走行性能をいっそう高めるとともに、特別仕様車ならではのスペシャル感を強調する。さらにボディカラーとして、歴代のGT-Rに採用してきた色の進化版で、神秘的なオーロラから着想を得て、見る角度によってグリーンやパープルが顔を出してドラマチックな色変化が感じられる「ミッドナイトパープル」、グリーンの色調を採用し、さらに強い金属感を持ったグレイッシュメタリックに仕上げることで、静かな中にも存在感のある“洗練された佇まい”を引き出す「ミレニアムジェイド」という2タイプの新色を追加した。

▲GT-R Premium edition T-specは足もとに専用レイズ製アルミ鍛造ホイール(ブロンズ)を採用してバネ下質量の軽量化を達成。これに合わせてサスペンションに専用のセッティングを施す

 また、「GT-R Premium edition T-spec」は、足もとに専用レイズ製アルミ鍛造ホイール(ブロンズ)を採用してバネ下質量の軽量化を図り、これに合わせてサスペンションに専用のセッティングを施すことで、ホイールリム幅の拡大(前9.5J×20/後10.5J×20→前10J×20/後10.5J×20)によるタイヤの高剛性化と相まって、軽快でスムースなハンドリングを実現する。また、インテリアにはPremium edition T-spec専用内装(専用内装色コーディネーション、アルカンターラインストルメントパネル、アルカンターラサンバイザー)、アルカンターラのルーフトリム、専用色の本革巻きステアリングおよびディンプル付本革巻きシフトノブ、専用エンブレム付カーボン製フィニッシャー(センターコンソール)、専用のドアグリップ色、専用キッキングプレート、専用本革・パールスエードコンビシートを採用した。

▲Premium edition T-specは専用内装(専用内装色コーディネーション、アルカンターラインストルメントパネル、アルカンターラサンバイザー)を設定
▲専用本革・パールスエードコンビシートを装着
▲ルーフトリムをアルカンターラで仕立てる
▲T-specのロゴを刻んだ専用キッキングプレートを配備

 一方、「GT-R Track edition engineered by NISMO T-spec」は、外装に専用カーボン製ルーフやカーボン製トランクリッド(トリムレス、本革プルストラップレス仕様)を特別装備。カーボン製パーツの拡大展開により、さらなる軽量化を果たしたボディが圧倒的なパフォーマンスを生み出す。足もとには、NISMOレーシングブラックで彩ったレイズ製アルミ鍛造ホイール(前10J×20/後10.5J×20)を装着した。また、内装はブラックのカラーリングを基調にレッドのアクセントを施したうえで、専用エンブレム付カーボン製フィニッシャー(センターコンソール)やレカロ製シートなどを標準で組み込んでいる。

▲日産GT-R Track edition engineered by NISMO T-spec 価格:6DCT1788万1600円 全長4710×全幅1895×全高1370mm ホイールベース2780mm 車重1740kg 専用カーボン製ルーフやカーボン製トランクリッドを特別装備。写真のボディカラーは新色のミッドナイトパープル
▲NISMOレーシングブラックで彩ったレイズ製アルミ鍛造ホイールを装着
▲内装はブラックのカラーリングを基調にレッドのアクセントを施したうえで、専用エンブレム付カーボン製フィニッシャー(センターコンソール)などを装備する
▲運転席/助手席に専用レカロ製シートを装着

 匠により1台1台手組みするパワーユニットは基本的に従来と共通で、VR38DETT型3799cc・V型6気筒DOHC24Vツインターボエンジン(最高出力570ps/6800rpm、最大トルク65.0kg・m/3300~5800rpm)を搭載。トランスミッションには、ファイナルドライブ一体型トランスアクスル方式のGR6型デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせている。

▲日産GT-R Pure edition 価格:6DCT1082万8400円 全長4710×全幅1895×全高1370mm ホイールベース2780mm 車重1760kg 写真のボディカラーはブリリアントホワイトパール
▲日産GT-R Premium edition 価格:6DCT1232万9900円 全長4710×全幅1895×全高1370mm ホイールベース2780mm 車重1770kg 写真のボディカラーはワンガンブルー
▲日産GT-R Track edition engineered by NISMO 価格:6DCT1463万6600円 全長4710×全幅1895×全高1370mm ホイールベース2780mm 車重1760kg 写真のボディカラーはアルティメイトメタルシルバー

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年12月号

  • ・新型レクサスNX
  • ・新型トヨタ・カローラクロスとライバル
  • ・特集 トヨタSUVワールド

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る