ー 

SUBARUの軽ハイトワゴンのステラが一部改良を実施

Writer:大貫直次郎 

ダイハツ・ムーヴのSUBARU版の「ステラ」が商品改良。オートライトを全車標準装備化

 SUBARUは2021年9月9日、軽乗用ワゴンのステラの一部改良を行い、同日より発売した。

▲SUBARUステラ カスタム・Rスマートアシスト(2WD) 価格:CVT151万8000円 全長3395×全幅1475×全高1630mm ホイールベース2455mm 車重830kg 乗車定員4名 WLTCモード燃費20.7km/リットル

車種展開は以下の通り。
ステラ・Lスマートアシスト:2WD120万1200円/4WD132万7700円
ステラ・Gスマートアシスト:2WD129万8000円/4WD142万4500円
ステラ カスタム・Rスマートアシスト:2WD151万8000円/4WD164万4500円

▲SUBARUステラ・Gスマートアシスト(2WD) 価格:CVT129万8000円 全長3395×全幅1475×全高1630mm ホイールベース2455mm 車重820kg 乗車定員4名 WLTCモード燃費20.7km/リットル

 ダイハツからOEM供給を受けて販売するSUBARUステラは、ダイハツ・ムーヴをベースとするSUBARUブランドの軽ハイトワゴンだ。
 今回の改良は、安全装備の拡充がメインメニュー。オートライトを全車に標準装備して、暗い所や夜間での走行安全性を向上させた。

▲オートライトを全車標準装備化して暗い所や夜間での走行安全性を高めた

 パワートレインは基本的に従来と共通で、KF型658cc直列3気筒DOHC12Vエンジン(52ps/6.1kg・m)+CVTを搭載。全車ともに経済産業省や国土交通省などが普及を推進するサポカーS〈ワイド〉に該当している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報