• TOP
  • 日本の匠とドイツのクラフトマンシップが融合したBMW X7の特別限定車「西陣エディション」が登場

 ー 

日本の匠とドイツのクラフトマンシップが融合したBMW X7の特別限定車「西陣エディション」が登場

Writer:大貫直次郎 

BMWの最上級ラグジュアリーSAVのX7に3台のみの限定販売となる「X7西陣エディション」を設定。日本が世界に誇る西陣の色彩芸術をインテリアトリムおよびフロントセンターアームレストに採用

 BMWジャパンは2021年9月22日、最上級プレミアムSAVモデルのX7に特別限定車の「西陣エディション(NISHIJIN EDITION)」をラインアップし、BMWオンライン・ストアにおいて同日より受注を実施した。車両価格は1680万円で、販売台数は3台の限定。ユーザーへの納車は本年末以降を予定している。

▲BMW X7西陣エディション 価格:8SAT1680万円 全長5165×全幅2000×全高1835mm ホイールベース3105mm 販売台数は3台限定

 今回の限定車は、BMWジャパンが独自に「BMWと日本の名匠プロジェクト」と題し、日本が誇る匠の技と、BMWの妥協のないクルマ造りの技術と哲学、そしてBMW Individualに込めたドイツ・クラフトマンシップ技術との融合により、世界で唯一無二のラグジュアリー感を実現する特別仕様車の1台として企画したスペシャルモデルである。

▲ボディ色にはBMW Individualカラーの中で最も光の移ろいによる色彩の変化が感じられる「アメトリン」を採用

 ベース車はパワーユニットに2992cc直列6気筒DOHCコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン(340ps/700Nm)+48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載したX7 xDrive40d Pure Design Excellenceで、ボディ色にはBMW Individualカラーの中で最も光の移ろいによる色彩の変化が感じられる「アメトリン」を採用。ここに、アルミニウム・ランニングボードやスカイラウンジ・パノラマガラスサンルーフ、22インチ マルチスポーク・スタイリング757アロイホイール(前9.5J×22/後10.5J×22。タイヤは前275/40R22/後315/30R22サイズのランフラット)などを特別装備した。

▲足もとには22インチ マルチスポーク・スタイリング757アロイホイール(前9.5J×22/後10.5J×22)を装着

 内装に関しては、BMW Individualフルレザーメリノ・インテリア(アイボリーホワイト/ブラック)やBMW Individualアッシュグレイン・シルバーグレー・ファインウッド・インテリアトリム、BMW Individualアルカンタラ・ルーフライニング(アイボリーホワイト)などを採用。そして、300年以上前からの引箔技術を今もなお支え守り続ける一方、世界に向けて伝統工芸の枠を超えた新たなモノづくりにも積極的に取り組んでいる京都・西陣で箔屋としての歴史を重ねてきた村田商店の直営工房となる楽芸工房が手がけた、“五色金重ね”箔装飾のインストルメントパネルトリムおよびセンターパネルトリムを特別装備する。“五色金重ね”箔装飾は、キーケースにも採用した。

▲BMW Individualフルレザーメリノ・インテリア(アイボリーホワイト/ブラック)やBMW Individualアルカンタラ・ルーフライニング(アイボリーホワイト)を配したうえで、“五色金重ね”箔装飾のインストルメントパネルトリムおよびセンターパネルトリムを特別装備。ハンドル位置は右
▲キーケースも五色金重ね箔装飾で彩る

 さらに、フロントセンターアームレストには1889年創業の老舗西陣織メーカーである加納幸が手がけた西陣織を配備。箔装飾したメリノレザーを極めて細く裁断し、その1本1本の表面を引いて確かめながら絹の経糸(たていと)と繊細に織り込むという西陣の引箔技法を用い、レザーのしっとりした質感を残しながらも、立体感のある織の一目一目から優雅な光と色彩を放つ。古来より祥瑞とされる意匠“卿雲(けいうん)”をイメージした白い立体模様の織を加えて、日中の陽の光だけでなく、夜間のスカイルーフに映える美しい星空の中でも西陣織装飾の存在感を際立たせたことも、本モデルの訴求点だ。

▲フロントセンターアームレストには西陣織を採用。“卿雲”をイメージした白い立体模様の織が印象的

 機能装備の拡充も見逃せない。内装ではBowers&Wilkinsダイヤモンド・サラウンドサウンドシステム(1500W、20スピーカー、10チャンネルサラウンド)やウェルネス・パッケージ(アンビエント・エア・パッケージ/保冷・保温機能付カップホルダー/ヒート・コンフォート・パッケージ/5ゾーン・オートマチックエアコンディショナー)、2列目コンフォートシート(6名乗り)、リアシート・エンターテインメント・プロフェッショナルなどを、走行面ではエグゼクティブ・ドライブ・プロフェッショナルやインテグレイテッド・アクティブ・ステアリング(前後輪統合制御ステアリング・システム)などを標準で組み込んでいる。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報