ー 

マセラティの新世代スーパースポーツ「MC20」が鈴鹿サーキットでシェイクダウン

Writer:大貫直次郎 

専用ボディカラーのブルー・インフィニートを纏ったマセラティMC20が日本上陸。鈴鹿サーキットにおいて刺激的で爽快な走りを披露

 マセラティ ジャパンは2021年9月23日、新世代スーパースポーツの「MC20」を鈴鹿サーキットに持ち込み、シェイクダウン走行を実施した。

▲マセラティMC20 価格:8DCT2650万円 全長4669×全幅1965×全高1221mm ホイールベース2700mm トレッド前1681/後1649mm 車重1500kg以下 前ヒンジ式のシザーズドアを採用

 点火システムにMTC (マセラティ・ツイン・コンバスチョン) ツインスパークおよびパッシブプレチャンバーを採用し、圧縮比11.0から最高出力630ps/7500rpm、最大トルク730Nm/3000~5500rpmを発生する新開発の3リットル・V型6気筒DOHC直噴ツインターボエンジンを縦置きミッドシップ搭載したMC20は、2020年9月に本国イタリアのモデナをはじめ、東京とニューヨークで同時発表される。そして今回、量産タイプのMC20が日本上陸を果たし、そのハイパフォーマンスを確認する目的で、鈴鹿サーキットにおいてシェイクダウン走行を行った。

▲新開発の“Nettuno”3リットル・V型6気筒DOHC直噴ツインターボエンジンは最高出力630ps/7500rpm、最大トルク730Nm/3000~5500rpmを発生
▲鈴鹿サーキットでシェイクダウン走行したMC20は、専用ボディカラーのブルー・インフィニートを纏う

 専用ボディカラーのブルー・インフィニート(Blu Infinito)を纏ったMC20は、純粋なマセラティ製V6ハイパフォーマンスエンジン“Nettuno(ネットゥーノ)”のサウンドをサーキットに響かせ、また1500kg以下という軽量なボディと専用セッティングの8速DCTと相まって、軽快かつ刺激的な走りを見せつける。性能面では0→100km/h加速2.9秒以下、0→200km/h加速8.8秒以下、最高速度325 km/h以上と公表した。ちなみに、専用ボディカラーはブルー・インフィニートのほか、ビアンコ・アウダーチェ、ジャッロ・ジェニオ、ロッソ・ヴィンチェンテ、ネロ・エニグマ、グリジオ・ミステロを設定している。

▲性能面では0→100km/h加速2.9秒以下、0→200km/h加速8.8秒以下、最高速度325 km/h以上と公表

 なお、鈴鹿サーキットにはMC20の実質的な前身モデルといえる「MC12」も持ち込み、マセラティ製スーパースポーツのバントタッチ的な意味合いを持つ2ショット展示も行われた。

▲鈴鹿サーキットではMC20の実質的な前身モデルといえる「MC12」(写真・左)との2ショットも披露

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報