• TOP
  • スズキからOEM供給を受ける三菱自動車の軽キャブバン/キャブワゴンが機能装備をバージョンアップ

 ー 

スズキからOEM供給を受ける三菱自動車の軽キャブバン/キャブワゴンが機能装備をバージョンアップ

Writer:大貫直次郎 

三菱自動車の軽商用バンのミニキャブバンと軽乗用ワゴンのタウンボックスが安全機能の拡充をメインとした一部改良を実施

 三菱自動車は2021年9月24日、軽商用キャブバンのミニキャブバンと軽乗用キャブワゴンのタウンボックスの一部改良を行い、同日より発売した。

▲三菱ミニキャブバンG(2WD) 価格:4AT128万400円 全長3395×全幅1475×全高1895mm ホイールベース2430mm 車重890kg 乗車定員2(4)名 電動格納式リモコンドアミラーを新装備

車種展開は以下の通り。
■ミニキャブバン
M・2WD:5MT99万円/5AMT109万1200円/4AT110万7700円
M・4WD:5MT112万2000円/5AMT122万3200円/4AT123万9700円
G・2WD:4AT128万400円
G・4WD:4AT141万2400円
ブラボーターボ・2WD:4AT146万4100円
ブラボーターボ・4WD:4AT159万6100円
■タウンボックス
G・2WD:4AT175万4500円
G・4WD:4AT188万3200円
Gスペシャル・2WD:4AT183万1500円
Gスペシャル・4WD:4AT196万200円

 スズキからOEM供給を受けて販売する三菱自動車のミニキャブバン/タウンボックスは、スズキのエブリイ/エブリイ・ワゴンをベースとする三菱ブランドの軽キャブバン/キャブワゴンだ。今回の改良は、先進安全装備や機能装備をいっそう拡充したことが特徴である。

▲ミニキャブバンの全グレードにアクティブスタビリティコントロール(ASC)を標準装備
▲ヒルスタートアシストをMグレードの4AT車に標準で採用する

 まずミニキャブバンでは、アクティブスタビリティコントロール(ASC)やオートライトコントロールを全グレードに標準装備して、走行安全性を向上。また、坂道でブレーキペダルからアクセルペダルに踏み替える時、自動でブレーキを最大約2秒間キープするヒルスタートアシストをMグレードの4AT車に標準で採用した(Mグレードの5MT車を除き全車標準装備)。
 一方、外装ではプライバシーガラスを全グレードに標準装備したほか、ブラボーターボに採用していた電動格納式リモコンドアミラーをGグレードにも展開。さらに、4WD車にはヒーテッドドアミラーを装着する。そして、ブラボーターボにはメッキフロントフードガーニッシュを配備し、質感を向上させた。
 内包するインテリアでは、Mグレードを除いてUSB電源ソケット(2個)を標準装備。利便性をいっそう引き上げている。

▲三菱ミニキャブバン・ブラボーターボ(2WD) 価格:4AT146万4100円 全長3395×全幅1475×全高1895mm ホイールベース2430mm 車重920kg 乗車定員2(4)名 メッキフロントフードガーニッシュを新装備

 次にタウンボックスに関しては、新たにアイドリングストップ「オートストップ&ゴー(AS&G)」を組み込んで、燃費性能を向上。また、4WD車に標準装備していた運転席シートヒーターを2WD車にも拡大展開する。さらに、全グレードにUSB電源ソケット(2個)を標準で設定した。

▲三菱タウンボックス・G(2WD) 価格:4AT175万4500円 全長3395×全幅1475×全高1910mm ホイールベース2430mm 車重960kg 乗車定員4名 新たにアイドリングストップ「オートストップ&ゴー(AS&G)」を採用
▲USB電源ソケット(2個)を標準で設定
▲2WD車にも運転席シートヒーターを標準で組み込む

 パワートレインは基本的に従来と共通で、ミニキャブバンにR06A型658㏄直列3気筒DOHC12V・VVTエンジン(46ps/6.0kg・m)+5MT/5AMT(スズキの呼称では5AGS)/4ATとR06A型658㏄直列3気筒DOHC12V・VVTインタークーラーターボエンジン(64ps/9.7kg・m)+4ATを、タウンボックスにR06A型658㏄直列3気筒DOHC12V・VVTインタークーラーターボエンジン(64ps/9.7kg・m)+4ATを採用。Mグレードを除くミニキャブバンの機種とタウンボックス全機種は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーSワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS2)認定車」に該当している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報