ー 

ダイハツが新開発のハイブリッドシステムを搭載した新ロッキーのティーザーサイトを披露

Writer:大貫直次郎 

シリーズ式ハイブリッドシステム「e SMARTハイブリッド」を採用した新ダイハツ・ロッキーのティーザーサイトが公開。発売は本年11月を予告

 ダイハツは2021年10月1日、新開発のハイブリッドシステムを搭載した新ロッキーの一部情報をティーザーサイトで先行公開。合わせて本年11月の発売を予告し、試乗予約キャンペーンを開始した。

▲ダイハツは新開発のハイブリッドシステムを搭載した新ロッキーの一部情報をティーザーサイトで先行公開。発売は本年11月を予定する

 新開発のハイブリッドシステムは、100%モーターの力で走行するシリーズ式ハイブリッドで構成。呼称は「e SMARTハイブリッド」と謳う。発電に使うエンジンは、ハイブリッド用に最適化したロングストロークの新開発1.2リットル直列3気筒ガソリンユニットで、高タンブルストレートポートなどの新技術を組み込んで最大40%という高い熱効率を実現。ダイハツはコンパクトSUVクラスでトップレベルの動力性能を確保したという。また、アクセルの踏み・戻しだけで加減速を快適に行える「スマートペダル(S-PDL)」を採用。モードとしては、出足の力強い加速が特徴のノーマルモードと、燃費性能を高めるエコモードを設定した。

▲新開発のハイブリッドシステムは100%モーターの力で走行するシリーズ式ハイブリッドで構成。呼称は「e SMARTハイブリッド」
▲発電に使うエンジンはハイブリッド用に最適化した新開発の1.2リットル直列3気筒ガソリンユニット
▲アクセルの踏み・戻しだけで加減速を快適に行える「スマートペダル(S-PDL)」を採用

 静粛性の向上も新ロッキーの訴求点。低速域ではエンジンをかけず、バッテリーのみでモーターを駆動するほか、フードサイレンサーの遮音性アップやエンジンアンダーカバー吸音材の追加、ダッシュサイレンサーの三層化、フェンダー後端部のシール性のアップ(ウレタン追加)、フロアサイレンサー目付のアップ、デッキサイドトリムへの吸音材の追加などを実施している。

▲低速域ではエンジンをかけず、バッテリーのみでモーターを駆動する

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る