• TOP
  • 「噂のネオクラシック」レッドゾーン8000rpm! エンジンを味わう名車、シビック・タイプRユーロの刺激世界

 ー 

「噂のネオクラシック」レッドゾーン8000rpm! エンジンを味わう名車、シビック・タイプRユーロの刺激世界

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 Photo:小久保昭彦

ホンダ・シビック・タイプRユーロ(2010年モデル) 新車時価格:6MT 300万円 試乗記

2010年型ホンダ・シビック・タイプRユーロ 欧州仕様シビックをベースに開発された“赤バッジ” 英国工場で生産され2019年に2010台/2020年に1500台販売された サーキットとともにワインディング路を重視した設計が特徴
2010年型ホンダ・シビック・タイプRユーロ 欧州仕様シビックをベースに開発された“赤バッジ” 英国工場で生産され2019年に2010台/2020年に1500台販売された サーキットとともにワインディング路を重視した設計が特徴

最近話題の「ちょっと古い国産スポーツ」を味わってみた!

 最近、「ネオクラシック」と呼ばれる“ちょっと古い国産スポーツ”が注目を集めている。R32~R34型の日産スカイラインGT-RやマツダRX-7、ホンダのスポーツスピリットを注入した“タイプR”の人気は鰻登りである。なぜ、それほど注目を集めるのか。秘密を確かめようと2010年型シビック・タイプRユーロを借り出した。

 タイプRユーロ(FN2型)は、ホンダの英国工場で生産された限定車。ベースモデルは、欧州仕様のシビック。フィットと同様のセンタータンクレイアウトを採用した独自設計モデルだ。パワートレーンは名機の誉高いK20A型2ℓDOHC16V。タイプR伝統のNSX製法と呼ばれるヘッドポート処理が施され201ps/7800rpm、193Nm/5600rpmをマークした。組み合わせるトランスミッションはクロースレシオ設定の6速MTである。

 歴代シビック・タイプRは、ストック状態のままサーキット走行が満喫できるハードな足回りが特徴。しかしタイプRユーロは、少しキャラクターが異なる。サーキット走行を射程に収めながら、ワインディングを中心とした一般路のハンドリングと快適性を重視している。“ユーロ”というサブネームを冠しているのはそのためだ。ダンパーにはザックス製を採用していた。

FN2型・欧州シビックはセンタータンクレイアウトを採用 全長×全幅×全高4270×1785×1445mm パワーウエイトレシオ:6.57kg/ps
1998cc直4DOHC16V 201ps/7800rpm 193Nm/5600rpm VTECが高速側に切り替わる5500rpm以上のパンチ力は絶品

絶品エンジン! 回して走る快感は格別

 対面したタイプRユーロは2010年秋から1500台限定で販売がスタートした後期型のブラックカラー。シリアルナンバーは「168」である。現オーナーは、購入後ディーラーでコンディションをチェック。FN2型の弱点であるリアゲート周囲の雨漏りを修理すると同時に、ブレーキ周りを一新。足回りをTEINの車高調整式に交換した。ちなみに10年超のモデルながら、まだパーツ供給に不安はないという。

 走りは鮮烈そのもの。素晴らしいエンジンだ。低回転域でもなかなか力強いが、回転が上昇するほど鋭さを増す。とくに5500rpm以上の炸裂感は快感。さすがホンダのスポーツ心臓である。6速MTのギア比は6速/100km/h時で3000rpm+と低めの設定。追い越し時やワインディングロードで最適なギアを選び加速を楽しむのは至福のひと時だ。タイプRユーロには、右足を踏み込むだけで圧倒的な速さが味わえる最新スポーツのイージーさはない。しかしドライバーが状況を的確に判断し、自身の操作で走りを組み立てる喜びがある。ドライビングは知的なゲームだと再認識した。引き締まった足回りも心地いい。

 現在の中古車価格は、200万円前後。まだ手が届く範囲だ。最新スポーツもいいが、刺激的なネオクラシックは要注目である。

フロントグリル中央にタイプRの象徴である「赤バッジ」が光る
足元は225/40R18タイヤ+軽量7本スポークアルミ標準 ブレーキは前300mm/後260mmの大径タイプ
リア回りは大型スポイラー下側にもウインドウを配置した個性的な造形
排気エンドはバンパーにビルトイン 全域で刺激的なサウンドを奏でる
インパネは現在でも新鮮な立体形状 ディンプル本革巻きステアリング&スポーツペダル標準 操縦性はシャープな感覚 前輪ヘリカルLSD標準
前席はサポート性に優れた本格バケット形状 欧州生まれらしくパッケージング優秀 室内は広い
メーターは2段デザイン 上部にデジタル速度計/正面にタコメーターをセット

2010年型ホンダ・シビック・タイプRユーロ 主要諸元と主要装備

グレード=タイプRユーロ(2010年式)
新車時価格=6MT 300万円
全長×全幅×全高=4270×1785×1445mm
ホイールベース=2635mm
トレッド=前:1505/後:1530mm
車重=1320kg
エンジン=1998cc直4DOHC16V(プレミアム仕様)
最高出力=148kW(201ps)/7800rpm
最大トルク=193Nm(19.7kgm)/5600rpm
JC08モード燃費=10.8km/リッター(燃料タンク容量50リッター)
サスペンション=前:ストラット/後:車軸式
ブレーキ=前:ベンチレーテッドディスク/後:ディスク
タイヤ&ホイール=225/40R18+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=5.6m

●主な燃費改善対策:可変バルブタイミング/電動パワーステアリング
●主要装備:DBW(ドライブバイワイヤ)/トルク感応型ヘリカルLSD/ザックス社製ダンパー/前後スタビライザー/大径ディスクブレーキ/タイヤ空気圧警報システム/ディスチャージヘッドライト/クラッチスタートシステム/専用エンジンヘッドカバー/カラードテールゲートスポイラー/車速連動ボリュームコントロール付きオーディオ/左右独立温度調節式オートAC/パーキングセンサーシステム/Rスペックシート/マルチフレックスメーター/マルチインフォメーションディスプレイ/エンジンスターターボタン/本革巻きステアリング/アルミ製シフトノブ/メタル製スポーツペダル/専用シリアルプレート
●ボディカラー:クリスタルブラックパール
※価格はすべて消費税込み
※撮影協力/小田急・箱根レイクホテル

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る