ー 

Jeep誕生80周年を記念したジープ・コンパスのアニバーサリーモデルが日本上陸

Writer:大貫直次郎 

コンパクトSUVのジープ・コンパスにJeep誕生80周年を祝う特別仕様車の「コンパス 80thアニバーサリーエディション」を設定。販売台数は285台限定

 FCAジャパンは2021年10月5日、ジープのコンパクトSUVの「コンパス(Compass)」にJeep誕生80周年を記念した特別仕様車「コンパス 80thアニバーサリーエディション(Compass 80th Anniversary Edition)」をラインアップし、10月16日より販売すると発表した。車両価格は462万円の設定で、販売台数は285台の限定だ。

▲ジープ・コンパス 80thアニバーサリーエディション 価格:9SAT462万円 全長4420×全幅1810×全高1640mm ホイールベース2635mm 車重1630kg 乗車定員5名 WLTCモード燃費11.5km/リットル 写真のボディカラーは特別設定色のテクノメタリックグリーン P/Cで、販売台数は135台限定

 今回ラインアップしたコンパス 80thアニバーサリーエディションは、本年2月に発売したラングラー/ラングラー・アンリミテッド/チェロキーの80thアニバーサリーエディション、本年4月に発売したレネゲードの80thアニバーサリーエディションに続く、Jeep誕生80周年を祝う特別仕様車で、2359cc直列4気筒マルチエア16Vエンジン(175ps/229Nm)+電子制御式9速AT+オンデマンド方式4×4システム(セレクテレインシステムおよびJeepアクティブドライブ付き)を搭載する通常モデルのコンパス・リミテッドをベースに、通常では設定のないボディカラーや内外装を引き立てる特別な配色などを採用したことが特徴である。

▲グレイマグネシオメタリックのボディカラーも選択可。販売台数は150台限定

 まず外装では、ブラックフロントグリル(グラナイトクリスタルアクセント付)やボディ同色フロントフェイシア/ホイールフレア/シルモールディング、グラナイトアクセント付ボディ同色フロントバンパー、グロスブラックウィンドウモールディング、ブラックルーフレール(グラナイトクリスタルアクセント付)、グラナイトクリスタルドアミラー、80th Anniversaryバッジ、グラナイトエクステリアバッジ(4×4/Jeep/COMPASS)を特別装備。足もとには、グラナイトカラーの18インチアルミホイール(タイヤは225/55R18 3シーズンタイヤ)を装着する。ボディカラーは特別設定色のテクノメタリックグリーン P/C(販売台数135台限定)と、人気のグレイマグネシオメタリック(同150台限定)の2色をラインアップした。

▲グラナイトクリスタルアクセント付のブラックフロントグリルを採用
▲グラナイト仕上げの4×4/Jeep/COMPASSバッジと80th Anniversaryバッジを貼付
▲ボディ同色フロントフェイシア/ホイールフレア/シルモールディングを配備
▲グラナイトアクセント付のボディ同色フロントバンパーを組み込む
▲グロスブラックウィンドウモールディングとブラックルーフレール(グラナイトクリスタルアクセント付)を特別装備
▲グラナイトクリスタル仕上げのドアミラーを装着
▲足もとにはグラナイトカラーの18インチアルミホイールを配備

 内装については、ジープのオリジンである“Willys”のタグをあしらったレザーシートやブラック仕上げのヘッドライナー、特殊加工を施したライトアノダイズドのドリフトウッド(流木)インテリアアクセント、ブラックカラーのミッドボルスターを特別装備。また、インストルメントパネルとフロアマットには80th Anniversaryロゴを配する。さらに、前後席に開放感をもたらすコマンドビュー デュアルペインパノラミックサンルーフを標準で組み込んだ。

▲特殊加工を施したライトアノダイズドのドリフトウッド(流木)インテリアアクセントとブラックカラーのミッドボルスターを特別装備。ハンドル位置は右
▲インストルメントパネル(写真・上)とフロアマット(同・下)には80th Anniversaryロゴを配する
▲“Willys”のタグをあしらったレザーシートを特別装備
▲前後席に開放感をもたらすコマンドビュー デュアルペインパノラミックサンルーフを標準で設定

 ベース車と同様、最新のオーディオナビゲーションシステム(Uconnect)10.1インチタッチパネルモニターやフルカラー10.25インチマルチビューディスプレイ、Alpineプレミアムサウンドシステム(9基)なども標準で装備。安全運転支援機構として、アダプティブクルーズコントロール(STOP&GO機能付)やアクティブレーンマネジメント、衝突被害軽減ブレーキ(歩行者、サイクリスト検知機能付)、ParkSense縦列/並列パークアシスト・アンパークアシスト、サラウンドビューカメラ、インテリジェントスピードアシストなども標準で採用している。

▲駆動システムはオンデマンド方式4×4システム(セレクテレインシステムおよびJeepアクティブドライブ付き)で構成
▲アダプティブクルーズコントロール(STOP&GO機能付)を標準で採用する

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る