ー 

マツダが2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の強化計画を発表

Writer:大貫直次郎 

マツダがクロスオーバーSUV商品群の拡充を予告。米国工場で生産するCX-50やラージ商品群のCX-60/CX-70/CX-80/CX-90を2022年から翌年にかけて新たに導入

 マツダは2021年10月7日、2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の拡充計画を発表した。

 新設定されるのは、スモール商品群で米国新工場において生産する「CX-50」、ラージ商品群の「CX-60」「CX-70」「CX-80」「CX-90」で、2022年から翌年にかけて新たに導入し、グローバルに成長を続けるSUVセグメントにおいて、最新の環境性能と“走る歓び”を両立させた多様な選択肢をユーザーに提供する。また、これらの商品ラインアップの拡充は、ビルディングブロック戦略に基づいて積み上げてきたSKYACTIV技術や一括企画、フレキシブル生産などの開発、生産の技術資産を最大限に活用することで低投資かつ効率的に実現させ、中長期におけるマツダのビジネスの安定的な成長を図る計画だ。

▲マツダは2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の拡充計画を発表。スモール商品群では米国新工場において生産する「CX-50」を導入する。写真は米国仕様のCX-5

 各モデルの概要を紹介しよう。
 CX-50はSUVらしい存在感やオフロード性能が求められる米国に、新たなラインアップの中核として導入するクロスオーバーSUVだ。マツダ3やCX-30などと同じスモール商品群に位置し、米国アラバマ州ハンツビル(Huntsville)市に建設したトヨタ自動車との合弁新工場「Mazda Toyota Manufacturing, U.S.A., Inc.」(MTMUS)において2022年1月から生産を開始する予定である。

▲ラージ商品群ではCX-60、CX-70、CX-80、CX-90を設定。これらのモデルでは各国での電動化ロードマップに対応し、さまざまな電動化パワートレインの選択肢を提供する。写真はガソリンエンジンの48Vマイルドハイブリッド

 一方、ラージ商品群のCX-60、CX-70、CX-80、CX-90は、既存モデルのCX-5や前述のCX-50から上の幅広い価格帯に位置するモデルで、2つの異なるボディタイプと2列および3列の2つのシートタイプで構成。道路や駐車場が比較的狭い日本や欧州には、2列シートのCX-60、3列シートのCX-80を、より大きなサイズや存在感が求められる北米などの市場には、ワイドボディ2列シートのCX-70、ワイドボディ3列シートのCX-90を展開し、ミッドサイズクロスオーバーSUVのラインアップを拡充させる。
 また、これらのラージ商品群では各国での電動化ロードマップに対応し、さまざまな電動化パワートレインの選択肢を提供。電動化が進んでいる欧州には、直列4気筒ガソリンエンジンとモーター駆動を組み合わせたプラグインハイブリッドを中心に、新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」やクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」を直列6気筒化し、48Vのマイルドハイブリッドシステムを組み合わせることで、出力性能と環境性能を高次元に両立させる予定だ。
 よりハイパワーが求められる北米には、ターボチャージャー搭載の直列6気筒ガソリンエンジンに加えて、プラグインハイブリッドを展開することで、ユーザーの志向と環境対応を同時に推進。クリーンディーゼルエンジンの人気が根強い日本では、直列6気筒の「SKYACTIV-D」と48Vマイルドハイブリッドの組み合わせやプラグインハイブリッドなどを導入していく計画だ。

▲ガソリンエンジンのプラグインハイブリッド
▲ディーゼルエンジンの48Vマイルドハイブリッド

 さらに、並行してマツダ初の量産EVであるMX-30の拡販や、2022年前半よりロータリーエンジンを発電機として活用するマルチ電動化技術を搭載したモデルの導入を進めるとともに、2025年ごろからはEV専用プラットフォームの商品群を設定。これらの電動化モデルの導入を通じて、マツダは2030年には生産する全てのモデルの電動化を完了させる予定である。

▲マツダ初の量産EVであるMX-30はさらなる拡販を予定
▲ロータリーエンジンを発電機として活用するマルチ電動化技術を搭載したモデルの導入も推進

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2021年11月号

  • ・新型SUBARUレガシィ・アウトバック
  • ・Driving Report Special 新型トヨタ・ランドクルーザー、ライバル比較付き
  • ・SPECIAL FEATURE 国産スポーツ新世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る