ー 

日産ノート・オーラNISMOが提示する「電動スポーツ」の新たな刺激

Writer:岡本幸一郎 Photo:小久保昭彦

日産ノート・オーラNISMO 価格:286万9900円 試乗記

日産ノート・オーラNISMO ニスモは電動パワーの特性を生かした刺激的な走りを追求 ノート・シリーズのイメージリーダー エクステリアはフォーミュラEの空力技術を導入
日産ノート・オーラNISMO ニスモは電動パワーの特性を生かした刺激的な走りを追求 ノート・シリーズのイメージリーダー エクステリアはフォーミュラEの空力技術を導入

サーキットも射程に収めたeパワー登場

 2017年にNISMO(ニスモ)カーズ事業部を立ち上げた日産は、ニスモがレース活動で得たノウハウを盛り込んだ、コンプリートモデルを積極的に送り出してきた。中でも旧型ノート・ニスモは、ピーク時に全体の14%に達する好調な販売セールスを記録。人気モデルに成長した。

 新型はノートの上級モデルとなるオーラがベース。従来型ニスモは、サーキット走行を楽しむユーザーが開発陣の予想以上に多かった。新型もビビッドな走りを求める層の期待に応えるチューニングを施している。
まずは動力性能に注目だ。 “ひと踏み惚れ”とメーカーが表現する俊敏なレスポンスと力強い加速がeパワーの強み。ポテンシャルをフルに引き出す専用チューニングが施されたニスモは、いっそう力強い。

 パワートレーンは、オーラをベースにリファイン。136ps/300Nmのモータースペックはそのままに制御系を一新した。その違いはスタートの瞬間から実感できる。ドライブモードはECO/ノーマル/ニスモの3タイプ。ベース車のスポーツモードがニスモではECOに相当する。ECOでも十分に速いが、最強のニスモを選択するとさらには鮮烈。その瞬発力は圧倒的だ。eパワーもチューニングしだいで、ここまで刺激的になることを思い知った。
 しかもシミュレーターを駆使して綿密に作り込んだ効果で、モーター駆動ながら加速フィールは官能的。オーラ・ニスモの本質的な楽しさは、まずはeパワーを極めたエキサイティングな加速にある。

ニスモの開発コンセプトは「駿足の電動シティレーサー」 全長×全幅×全高4125×1735×1505mm 全長は標準オーラ比80mm長い
発電用エンジン(82ps/103Nm)とモーター(136ps/300Nm)で構成 鋭い加速と俊敏なレスポンスが魅力

意のままに操れるハンドリングが好印象

 ハンドリングの味付けも鋭い加速と呼応する。ステアリングはダイレクトそのもの。操作に対する応答遅れはほぼない。ポイントはリアの動きだ。微妙に流れて回頭性を高めたり、踏ん張って4WDのようなグリップを発揮したりと、荷重の具合をコントロールすることで意のままに操ることができる。

 接地性の高さも印象的。ワイドトレッドのオーラをベースに引き締めた足回りは、フラットな姿勢を保ちながら路面をガッチリつかむ。コーナリング時のロールは小さく、内輪側が安定して接地していることが伝わってくる。これにはスタイリッシュなだけでなく空力的にもハイレベルというエクステリアも効いているに違いない。

 軽快な走りを重視するため、ニスモは当初から2WDとして開発されたそうだが、現行ノートは4WDの完成度も非常に高い。この鋭い加速と4WDのコンビも気になるところ。ひょっとしてそれが噂の高性能仕様、ニスモSになるのだろうか?

足回りは標準車比20mm低いローダウン仕様 ハンドリング絶妙
大胆形状のエアロパーツはレーシングフィールドで培った機能美を追求
リアバンパー中央部にフォーミュラEをイメージしたRフォグをレイアウト
205/50R17ミシュランPS4+7Jアルミ標準 専用ダンパー&シャシー制御採用
ニスモの室内はレッドアクセントがスポーティな印象 本革&アルカンターラ巻きスポーツステアリング装着 ナビはプロパイロットとセットop(34万9800円)
レカロ製スポーツシート(op39万6000円)は本革コンビ仕様 サポート性&座り心地最高 室内はルーミー
TFT液晶メーターは専用意匠 レッドパワーメーターが鮮烈
走行モードはECO/スポーツ/ニスモの3タイプ セレクター脇のスイッチで切り替える方式

日産ノート・オーラNISMO 主要諸元と主要装備

グレード=NISMO
価格=286万9900円
全長×全幅×全高=4125×1735×1505mm
ホイールベース=2580mm
トレッド=前:1510×後:1510mm
車重=1270kg
エンジン=1198cc直3 DOHC12V(レギュラー仕様)
最高出力=60kW(82ps)/6000rpm
最大トルク=103Nm(10.5kgm)/3600~5200 rpm
モーター=交流同期電動機(EM47型)
最高出力=100kW (136ps)/3183~8500rpm
最大トルク=300Nm(30.6kgm)/0~3183rpm
WLTCモード燃費=23.3km/リッター(燃料タンク容量36リッター)
(市街地/郊外/高速道路=22.5/25.3/22.4km/リッター)
サスペンション=前:ストラット/リア:トーションビーム
ブレーキ=フロント=前ベンチレーテッドディスク/後ドラム
タイヤ&ホイール=205/50R17+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=5.2m
●主な燃費改善対策:ハイブリッド/アイドリングストップ/可変バルブタイミング/ミラーサイクル/電動パワーステアリング
●主要装備:NISMO専用サスペンション/専用LEDフォグランプ/専用フロントグリル+前後バンパー+サイドシルプトテクター+ルーフスポイラー/ミシュランPS4タイヤ&17インチアルミ/専用シート地/本革&アルカンターラ巻きステアリング/レッドシートベルト/インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)/インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)/BSW(後側方車両検知警報)/ヒルスタートアシスト/インテリジェントエマージェンシーブレーキ/標識検知機能(侵入禁止、最高速度、一時停止)/車線逸脱警報/ふらつき警報/踏み間違い衝突防止アシスト/前後ソナー/インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)/IRカット&スーパーUVカット断熱グリーンガラス/プライバシーガラス(リア3面)/アダプティブLEDヘッドライト/インテリジェントオートライト/電制シフト/プッシュパワースターター/e-パワーモードスイッチ/EVモード/インテリジェントキー/オートAC/6対4分割Rシート/アドバンスドドライブアシストディスプレイ(12.3インチ)/イモビライザー/前席エアバッグ/運転席ニーエアバッグ/前席サイドエアバッグ&カーテンエアバッグ
●装着メーカーop:レカロ製スポーツシート39万6000円/フードデカール5万5000円/寒冷地仕様5万7200円/ニッサンコネクトナビパッケージ+プロパイロット34万9800円
●ボディカラー:ピュアホワイトパール&スーパーブラック2トーン(7万1500円)
※価格はすべて消費税込み

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報