ー 

日産NV350キャラバンのガソリン車が商品改良。車名は「キャラバン」の単独ネームに回帰

Writer:大貫直次郎 

日産がNV350キャラバンのガソリン車をマイナーチェンジ。内外装の仕様変更や機能装備のバージョンアップ、車種展開の見直しに加えて、車名を「キャラバン」の単独ネームに変更。特別仕様車「プロスタイル」も新設定

 日産自動車は2021年10月20日、NV350キャラバンのガソリン車を商品改良し、合わせて車名を「キャラバン」の単独ネームに刷新して、同日より発売した。車両価格は241万2300円~409万7500円に設定する。

▲日産キャラバン・バンGRANDプレミアムGX(2WD) 価格:7SAT319万2200円 全長4695×全幅1695×全高1990mm ホイールベース2555mm 車重1820kg 乗車定員2/3/5名 写真のボディカラーは新色のミッドナイトブラック

 今回の改良は、QR20DE型1998cc直列4気筒DOHCユニット(130ps/18.1kg・m)およびQR25DE型2488cc直列4気筒DOHCユニット(147ps/21.7kg・m)を搭載するガソリン車の内外装の仕様変更や機能装備のバージョンアップ、車種展開の見直しなどを実施して、キャブオーバー型バン&ワゴンとしての魅力度をいっそう高めたことが特徴である。

▲日産キャラバン・バンEX(2WD) 価格:7SAT264万9900円 乗車定員3/6名 写真のボディカラーは新色のステルスグレー
▲日産キャラバン・ワゴンEX(2WD) 価格:7SAT296万100円 乗車定員10名 写真のボディカラーは新色のピュアホワイトパール

 まずデザイン面では、フロントグリルとフロントバンパーを刷新し、よりダイナミックで力強く、存在感のあるマスクを創出。また、ボディカラーには雪原を想起させる「ピュアホワイトパール」、漆黒の夜空をイメージした「ミッドナイトブラック」、アウトドアシーンでの存在感が光る「ステルスグレー」という3タイプの新色を追加し、全8色のラインアップとする。このうち、ピュアホワイトパールやミッドナイトブラック、インペリアルアンバー、ステルスグレーといった特別塗装色には新開発の特殊高弾性樹脂を配合し、日常使用で生じる擦りキズなど塗装表面の劣化を防ぐ塗料のスクラッチシールドを採用した。

▲フロントグリルとフロントバンパーを刷新し、よりダイナミックで力強く、存在感のあるマスクを実現

 インテリアに関しては、黒を基調に落ち着いた雰囲気を演出。メーターには先進的で視認性および操作性を大幅に引き上げた新型ファインビジョンメーター(5インチTFTディスプレイ付)を配備する。また、ステアリングには新形状のD型タイプを採用。さらに、シートトリムの表皮を刷新するなど、質感も大幅に向上させた。
 仕様向上も注目ポイントで、シートにはワゴンで好評を博している、中立姿勢を維持し長時間のドライブでの疲労を軽減する「スパイナルサポート機能付きシート」を全車に標準装備。昨今の衛生意識の高まりに対応するため、表皮にウイルスや菌の増加を抑制する抗菌加工を施したシートバックとクッションも全グレードの全シートに導入する。さらに、ステアリングのグリップ部分にも抗菌加工の素材を使用。また、寒冷地仕様にはオプションとして運転席と助手席にシートヒーターを設定した。

▲メーターには新型ファインビジョンメーター(5インチTFTディスプレイ付)を、ステアリングには新形状のD型タイプを配備
▲シートにはワゴンで好評を博している、中立姿勢を維持し長時間のドライブでの疲労を軽減する「スパイナルサポート機能付きシート」を全車に標準装備
▲荷室高×荷室幅は1325×1520mm、荷室最大長は3050mmを確保。荷室アレンジに活躍するラゲッジユーティリティナットをバン全車に標準装備

 動力性能の向上も見逃せない。トランスミッションは従来の5速ATからフルレンジ電子制御7速AT(7M-ATx)に換装。多段化したワイドレンジによって動力性能と燃費性能の両立を実現するとともに、高速走行時の静粛性を向上させる。さらに、追加されたマニュアルシフトモードにより、意のままのドライビングを可能とした。

 先進安全装備の強化も図り、ガソリン全車で経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーSワイド」の対象に発展。また、新たに全車標準装備となる「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」は、天候や周囲の明るさに左右されにくいミリ波レーダーとカメラのフュージョン方式により、歩行者の検知も可能とする。 さらに、「インテリジェントルームミラー」をEXグレード以上に標準装備するとともに、EXグレード以上に標準装備している「インテリジェントアラウンドビューモニター」の機能性をいっそう向上させた。

▲新たに「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」を全車標準装備化
▲「インテリジェントルームミラー」をEXグレード以上に標準装備

 車種展開の見直しについては、プライベートユースのユーザーの満足度を高める目的で専用の内外装の仕様を施した最上級グレード「GRANDプレミアムGX」をバンに新設定したことがトピック。また、従来型の「DX EXパッケージ」の装備を強化した「EX」グレードや、QR25DEエンジンを搭載するワゴンとバンの一部(標準幅&ハイルーフ)に4WDグレードを追加する。なお、「VX」グレードとマイクロバス「DX」グレードは廃止。マニュアルトランスミッション車もカタログから外れた。

 車種展開ではもう1点、特別仕様車のキャラバン「プロスタイル」を新設定したこともアピールポイントだ。グレードはプロスタイルGRAND プレミアムGX(328万5700円)とプロスタイル プレミアムGX(311万7400円)の2タイプで構成。ロングボディ/標準ボディ幅/標準ルーフ/低床フロアのボディを基調に、エクステリアには15インチアルミホイールをはじめ、存在感を高めるルーフスポイラー(オプション)などを採用する。また、インテリアにはアクティブな用途に対応する専用の防水シートを、キャラバン・シリーズで唯一装備。滑らか質感の高いシートは、雨の日の作業やレジャーの際にも汚れを気にせず使用できる。パワーユニットにはQR20DEエンジンを搭載。駆動レイアウトは2WDで仕立てた。

▲日産キャラバン・プロスタイルGRAND プレミアムGX 価格:7SAT328万5700円 全長4695×全幅1695×全高1990mm ホイールベース2555mm 車重1820kg 乗車定員2/3/5名 写真のボディカラーは新色のピュアホワイトパール
▲ゲート右下部にPROSTYLE専用エンブレムを貼付。オーテックジャパン扱いの専用ルーフスポイラーはオプション設定
▲専用15インチアルミホイールを装着。タイヤは195/80R15 107/105N LT
▲柔らかな触り心地の専用防水シートを配備。レジャーや雨の日などの泥汚れもサッと拭くだけできれいになる

 キャラバンの商品改良に伴い、関連会社のオーテックジャパンが手がけるキャラバンをベースとした車中泊仕様車のマルチベッドおよびトランスポーター、「ライフケアビークル(LV)」シリーズのチェアキャブおよび送迎タイプ、「ワークユースビークル」シリーズのDX2分割上級セカンドシート/ワゴン ワイドボディ/幼児通園専用車/中温冷凍バンおよびクールバン/保冷バン/リフター付バンのガソリン車もマイナーチェンジを実施する。内外装の仕様変更や機能装備のバージョンアップなどはベース車と同様の改良を敢行。また、車中泊仕様車では従来の「プレミアムGX」に加え、新設定の最上級グレード「GRANDプレミ アムGX」もベース車として追加する。さらに、ライフケアビークル(LV)のチェアキャブでは車いす固定装置を一新し、操作性の向上を図っている。

▲日産キャラバン・マルチベットGRANDプレミアムGX(2WD) 価格:7SAT369万3800円
▲日産キャラバン・チェアキャブ 車いす1+1名仕様(4WD) 価格:7SAT434万4000円
▲日産キャラバン・DX 2分割上級セカンドシート(2WD) 価格:7SAT273万3500円
▲日産キャラバン・ワゴン ワイドボディ(2WD) 価格:7SAT372万9000円

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報