• TOP
  • 「最新モデル試乗」全地球対応!世界で最も信頼される4WD、新型ランドクルーザーの超絶ポイント

 ー 

「最新モデル試乗」全地球対応!世界で最も信頼される4WD、新型ランドクルーザーの超絶ポイント

Writer:岡本幸一郎 Photo:小久保昭彦

トヨタ・ランドクルーザー 価格:510〜800万円 試乗記

トヨタ・ランドクルーザーZX 価格:10SAT 760万円(ディーゼル)/10SAT 730万円(ガソリン)  新型は高剛性と軽量化を追求したラダーフレーム構造のGA-Fプラットフォームを採用 スタイルは迫力たっぷり エンジン違いによる外観の差はない
トヨタ・ランドクルーザーZX 価格:10SAT 760万円(ディーゼル)/10SAT 730万円(ガソリン) 新型は高剛性と軽量化を追求したラダーフレーム構造のGA-Fプラットフォームを採用 スタイルは迫力たっぷり エンジン違いによる外観の差はない

新型は伝統を守りすべてを刷新。オフローダーの頂点

 ランドクルーザーのフラッグシップ、新型300シリーズに試乗した。試乗車はZXとGRスポーツ。ガソリン、ディーゼルそれぞれのステアリングを握った。
誕生70周年のタイミングで登場した300系は、見てのとおりさらに派手になった面構えと、納車までかなり時間を要することが大いに話題となっている。新型は完全な新設計。約14年にわたり現役を務めた200系から継承したユニットはほぼ何もない。ボディサイズは全長×全幅×全高4985×1980×1925mm(ZX)。実際には旧型と同等ながら心なしか大きくなったように見える。

 車両の基本は、もちろんラダーフレーム構造を踏襲する。しかしプラットフォームはTNGAに基づくGA-F型に刷新。ボディは高張力鋼板の採用拡大やパネルの大半をアルミ化した点が目立つ。 搭載位置を後方に70mm、下方に28mm移動したエンジンは、ガソリンとディーゼルの2種。ガソリンは従来の4.6ℓ・V8(318ps/400Nm)から3.5リッターのV6ツインターボ(415ps/650Nm)にダウンサイズ。ディーゼルは新設計の3.3リッターV6ツインターボ(309ps/700Nm)を積む。トランスミッションは、いずれも10速ATだ。

ボディサイズは全長×全幅×全高4965×1980×1925mm(ZX) 旧型と基本的に共通 大柄だが絶好の視界により車両感覚は把握しやすい 最小回転半径半径は5.9m
ランドクルーザーGRスポーツ 価格:10SAT 800万円(ディーゼル)/10SAT 770万円(ガソリン) ダカールラリーの経験を生かした最強グレード 前後デフロック標準

意のままに操れる感覚。洗練されスムーズな走りが好印象

 走り味の改善は、新たに操舵アクチュエーターを追加した油圧パワーステの効果でもある。主たる目的は安全・運転支援装備(ADAS)に操舵支援機能を与えることだが、巧みに反力を演出することでステアリングフィール向上にひと役買っている。軽いながらも接地感を伝え、微舵の領域から正確な応答性を示す。

 操縦性には車体剛性の向上も少なからず効いている。一般的にボディオンフレーム車ではゴムマウントが入るためボディ剛性を上げても効果がないと思われがち。ランクルもその7割ほどをフレームに依存している。だが、操舵時にどの部分が変形するかは非常に重要という。開発過程で数値には表れなくても、フィーリングとしてドライバーに伝わることがわかった。すっきりとしたステアリングフィールと一体感のある動きを実現する上で、車体剛性の向上は大変効果があったという。

 ダカールラリーの経験を生かした、専用チューニングの足回りを持つGRスポーツはさらにひと味違う。一段と走りに一体感がある。スタビライザー効果を電子制御するE-KDSSも効いてロールが抑えられ、18㌅タイヤのたわみを上手く生かした巧みな設定によってステアリングを切り返した際のヨーの収束も絶妙だ。感触としてはクロスオーバーの領域まで踏み込んだかと思うぐらいだ。ランクルらしい安定性とランクルらしからぬ運動神経を併せ持っている。GRスポーツは、乗り心地もいい。20インチ・タイヤを履くZXも十分な快適性だと思ったが、GRスポーツのほうが突き上げやバタつきが小さい。

ランドクルーザーはすでに数年分の受注を獲得 生産計画の見直しなどで現在納期を調整中 シリーズ一番人気はZXのガソリン
ZXのFグリルは厚みを強調した造形 GRはエンブレムとカラーの工夫で機能性を演出 フロントアプローチアングルは32度

V6ツインターボはどちらも魅力的。パワフルでしかも静粛な印象

 2種類のエンジンは、どちらも素晴らしい。新開発ディーゼルは、低速トルクをしっかり出すため、トヨタで初めてバンクの内側にシーケンシャルツインターボを配置したのが特徴。全域で狙い通りの力強さが味わえた。音も静粛。車外ではそれなりに聞こえたものの、乗ってしまえばまったく気にならない。高級車らしくぬかりなく対策されている。

 一方のガソリンはレクサスLS用をランクルに合わせて特性を見直したユニット。ターボと聞いて、悪路における低速ドライバビリティが気になったが、まさしくそこが開発陣がこだわったポイント。踏み込みにリニアに応答して駆動力を発揮する。低回転域でも従来の自然吸気V8を上回るトルクが得られるようATとセットでチューニングしたという。
 走りのなめらかさは特筆レベル。そこにターボらしい加速の伸びやかさが加わり、性能的には申し分ない。こちらもかなり静かだ。

 感心したのが、ブレーキング時の姿勢のよさ。300系のはブレーキシステムは、電動パワーサーボ式。前後の制動配分をコントロールしやすくなったのに加えてリアサスのコントロールアーム配置を工夫、ZXとGRスポーツではAVSを姿勢安定にも使っている。

 試乗して、ランクルの最新版として考えられることはほぼやりつくした印象を受けた。あとは、「実は進化の幅は舗装路よりも大きい」と関係者が胸を張る悪路走破性を試してみたい。

3345cc・V6DOHC24Vディーゼル・ツインターボ 309ps/4000rpm 700Nm/1600~2600rpm バンクの内側にシーケンシャターボを配置した全域高性能設計 WLTCモード燃費:9.7km/リッター
3444cc・V6DIHC24Vツインターボ 415ps/5200rpm 650Nm/2000~3600rpm レクサスLS用をベースにリファイン 旧型の4.6リッターV8比97ps/250Nmパワフル WLTCモード燃費:7.9km/リッター
ZXの室内は上質で機能的 写真の12.3㌅Tコネクトナビシステム(45万7600円)はop ステアリングは油圧と操舵アクチュエーターを組み合わせた新方式
ZXとGRスポーツは本革シート標準 前席は電動調節機能付き ディーゼルは2列/定員5名 乗り心地はしなやか
3列シートはガソリン車に設定 3列目は補助席感覚
荷室は広く実用的 3列目シートは床下収納式 2列目は前倒しとタンブル可能 荷室最大長×幅×高1865×1320×945mm
ZXとGRは2眼オプティトロンメーター+7㌅TFT液晶 表示モードが選べる
10速ATの変速はスムーズそのもの 低い回転数での高速クルーズを実現する

トヨタ・ランドクルーザー 主要諸元と主要装備

グレード=ZXディーゼル
価格=10SAT 760万円
全長×全幅×全高=4965×1980×1925mm
ホイールベース=2850mm
トレッド=前:1665/後:1665mm
最低地上高=225mm
車重=2550kg
エンジン=3345cc・V6 DOHC24Vディーゼル・ツインターボ(軽油仕様)
最高出力=227kW(309ps)/4000rpm
最大トルク=700Nm(71.4kgm)/1600~2600rpm
WLTCモード燃費=9.7km/リッター(燃料タンク容量80リッター)
(市街地/郊外/高速道路=7.2/9.7/11.3km/リッター)
サスペンション=前:ダブルウィッシュボーン/後:トレーリングリンク車軸式
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=265/65R18+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=5.9m

●主な燃費改善対策:直噴エンジン/電子制御式燃料噴射/過給器/インタークーラー/高圧噴射
●主要装備:フルタイム4WD/AVS/リアトルセンLSD/マルチテレインセレクト/ドライブモードセレクト/トヨタセーフティセンス(プリクラッシュセーフティ+レーントレーシングアシスト+ドライバー異常時対応システム+レーダークルーズコントロール+ロードサインアシスト+アダプティブハイビームシステム)/ブラインドスポットモニター/パーキングサポートブレーキ/VDIM/パノラミックビューモニター/チルト&スライド電動ムーンルーフ/エアロ一体タイプサイドステップ/本革巻きステアリング/オプティトロンメーター(2眼式)/カラーヘッドアップディスプレイ/独立温度調節式オートAC/本革シート/前席電動調節機能/マイコンプリセットドライビングポジションシステム/スマートエントリー&スタートシステム/指紋認証スタートスイッチ/ディスプレイオーディオ
●主要メーカーop:Tコネクト・ナビゲーションシステム(JBLプレミアムサウンドシステム付き)45万7600円/リアエンターテインメントシステム17万4900円/クールボックス7万1500円/タイヤ空気圧警報システム2万2000円/ルーフレール3万3000円/寒冷地仕様3万1900円
ボディカラー:プレシャスホワイトパール(op5万5000円)
※価格はすべて消費税込み ※リサイクル費用は1万3910円

GRスポーツは専用カラーリングが引き締まったイメージを訴求 実際の走りもスポーティ オンロードでのハンドリングは優秀 オフロードの強さはダカールラリー仕込み アクティブなランクルの新たな個性

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年2月号

  • ・トヨタ/レクサス 新型BEV 16モデル公開
  • ・日産アンビション 2030 始動
  • ・NEWトヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る