• TOP
  • 「新車詳報」新型はレヴォーグ譲りの最新メカニズム搭載。SUBARUらしい上級クロスオーバー、レガシィ・アウトバックのマルチな魅力

 ー 

「新車詳報」新型はレヴォーグ譲りの最新メカニズム搭載。SUBARUらしい上級クロスオーバー、レガシィ・アウトバックのマルチな魅力

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 Photo:小久保昭彦+SUBARU

SUBARUレガシィ・アウトバック 価格:414万7000〜429万円 新車ニュース

SUBARUレガシィ・アウトバック・リミテッドEX アウトバックは主力市場の北米で月販2万台以上のセールスを誇る世界戦略車 駆動方式は伝統のアクティブトルクスプリット4WD 最低地上高は旧型比13mm高い213mmを確保 雪道や悪路で信頼の走りを披露する 
SUBARUレガシィ・アウトバック・リミテッドEX アウトバックは主力市場の北米で月販2万台以上のセールスを誇る世界戦略車 駆動方式は伝統のアクティブトルクスプリット4WD 最低地上高は旧型比13mm高い213mmを確保 雪道や悪路で信頼の走りを披露する 

日本仕様は北米モデルを基本にメカニズムを大幅に洗練

 SUBARUのフラッグシップ、レガシィ・アウトバックの日本仕様が公開された。第5世代となる新型は、すでに主力市場の北米では2019年春に登場。月販2万台の販売セールスを記録しているワールドSUV。満を持して登場した国内版は、パワーユニットや安全・運転支援機能(ADAS)を最新技術で統一した意欲作だ。

 ラインアップは上級版のリミテッドEXと、アクティブなXブレイクEXの2グレード。エンジンはレヴォーグと共通の1.8リッター水平対向4気筒ターボ(177ps)。全車に世界トップの充実度を誇るアイサイトXを標準装備する。もちろん駆動方式は、スバル伝統のシンメトリー4WDである。

スタイリングはワゴンシルエットを基本に各部の力強い演出でタフなイメージを実現 全長×全幅×全高4870×1875×1675mm(リミテッド) 全長は旧型比50mm長い
ラインアップはリミテッドX(写真右)とXブレイクEX(同左)の2グレード 識別点はルーフ形状と各部のカラー処理 リミテッドはメッキ仕上げで上質な雰囲気を演出

ワイルドさと上質さが融合した造形。室内は快適指向

 アウトバックは、レガシィで培ったワゴンの走りと機能性。そして本格SUVに匹敵する走破性を兼備したマルチモデルだ。「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」を開発コンセプトに掲げる新型もその伝統を継承。逞しい造形がアピールポイントになる。

 エクステリアは伸びやかなシルエットと、厚みを増したボディパネル、そして力強いクラッディング処理が個性的。フルLEDヘッドライトは横長形状。レヴォーグや最新フォレスターとはイメージが異なる。リミテッドとXブレイクの識別点はルーフレールと各部のカラー処理。上質感を強調したリミテッドはアメリカンタイプの横バー付きルーフレールと各部メッキ処理の組み合わせ。対してXブレイクは使い勝手を重視したラダー式ルーフレールとスパルタンなブラックカラー処理を採用。「道具感」を表現した。

 ボディサイズは全長×全幅×全高4870×1875×1675mm(リミテッド)。旧型と比較して全長は50mm長く、全幅は35mmワイド、全高は70mm高い。世界戦略モデルらしく、日本の道路環境では大きめの設定だ。だが実際の使い勝手を左右するドアミラーtoドアミラー(2067mm)は旧型と共通。5.5mの最小回転半径も変わらない。最低地上高は旧型より13mm高い213mm。雪道や悪路でも安心度は高い。

 インパネは上質で機能的な造形。レヴォーグと共通イメージの大型11.6インチ・センターディスプレイと12.3インチ・フル液晶メーターが目を射る。センターディスプレイはナビゲーション機能や各種操作系を集約した多機能設計。メーターはオーナーの好みと走行状況に応じてデザインが切り替えられる。
 シートはリミテッドがファブリック、Xブレイクは防水性を高めたポリウレタン標準。リミテッドは、オプションでナッパレザー仕様が選べる。前席は電動調節機能付き。シートヒーターは、前後席とも標準となる。新型はオーディオも充実。11スピーカーのハーマンカードン・サウンドシステムを設定した。

新型アウトバックのボディカラーは写真のブリリアントブロンズメタリックを含め全9色をラインアップ
インパネは11.6インチ・センターディスプレイと12.3㌅フル液晶メーターを備えたデジタル仕様 ドライバーの運転状態を見守るモニタリングシステム標準 上質な仕上げ

エンジンは大幅トルクUP! 充実の安全装備が自慢

 新型は、最新のスバルグローバルプラットフォーム+フルインナーフレーム構造で車体剛性を最適化。レヴォーグ譲りの1.8リッター直噴ボクサー4ターボで走りの完成度を高めた。エンジンスペックは177ps/5200~5600rpm、300Nm/1600~3600rpm。旧型の自然吸気2.5リッター(175ps/235Nm)と比較すると、排気量をダウンサイジングしながらトルクが大きく向上しているのが光る。トランスミッションは8速マニュアルモード付きCVT。WLTCモード燃費は旧型比0.4km/リッター優れた13km/リッターをマークする。

 スバル自慢の安全・運転支援システムは最新仕様。広角化されたステレオカメラと前後4基のレーダーで車両周囲360度のセンシングを実現。衝突回避性能は世界トップレベル。さらに3D高精度地図データとGPS情報を利用した先進運転機能、アイサイトXを標準装備した。アイサイトXは、アクティブレーンチェンジアシスト、高速道路のコーナー通過速度を最適に調節するカーブ前速度制御、渋滞時に50km/hまで手放し運転が可能なハンズオフアシストを実現。クルージングを安全・快適にサポートする。
 悪路走破性もハイレベル。路面状況に応じて4輪の駆動力を自動調節するヒルディセントコントロール付きXモードを標準装備。Xブレイクは詳細設定が可能な2モード式になる。

 レガシィ・アウトバックは、伝統のグランドツーリング性能とタフな走りを磨いた個性派である。大人が似合うオールラウンダーが誕生した。

フロントグリルはヘキサゴン形状 写真のリミテッドはメッキ加飾付き Xブレイクはブラック仕上げ
1795cc水平対向4DOHC16Vターボ 177ps/5200~5600rpm 300Nm/1600~3600rpm レヴォーグ用と共通の最新直噴仕様 旧型の自然吸気2.5リッター比2ps/65Nmパワフル WLTCモード燃費:13.0km/リッター
225/60R18タイヤ+アルミ標準 アルミはリミテッドが切削光輝 Xブレイクはダークカラー
シートはクッション性とサポート性を高めた最新仕様 写真はリミテッドに設定するナッパレザー仕様 室内長1840mm
メーターは3種のデザインが選択できる 写真はアイサイトモード 他に2眼デザインと地図表示が選べる
11.6インチ・ディスプレイはスマホ感覚の操作性 アップルカープレイ&アンドロイドオート対応 バック時は後方と周囲の状況を表示する
雪道や悪路での走破性を高めるXモードはヒルディセントコントロール付き Xブレイクは詳細設定が可能な2モードタイプ
ラゲッジは後席使用時561ℓの大容量 後席は荷室側から倒せる ポップアップ式トノカバー標準

SUBARUレガシィ・アウトバック主要諸元と主要装備

グレード=リミテッドEX
価格=8CVT 429万円
全長×全幅×全高=4870×1875×1675mm
ホイールベース=2745mm
トレッド=前:1570×後:1600
車重=1690kg
エンジン=1795cc水平対向4DOHC16Vターボ(レギュラー仕様) 
最高出力=130kW(177ps)/5200~5600rpm
最大トルク=300Nm(30.6kgm)/1600~3600rpm
WLTCモード燃費=13.0km/リッター(燃料タンク容量63リッター)
サスペンション=前:ストラット/後:ダブルウィッッシュボーン
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=225/60R18+アルミ
駆動方式=4WD
乗車定員=5名
最小回転半径=5.5m
●主な燃費改善対策:アイドリングストップ/筒内直接噴射/可変バルブタイミング/電動パワーステアリング/自動無段変速機
●主要装備:アイサイトXテクノロジー(渋滞時ハンズオフアシスト+渋滞時発進アシスト+アクティブレーンチェンジアシスト+カーブ前速度制御+料金所前速度制御+ドライバー異常時対応システム)/アイサイトコアテクノロジー(プリクラッシュブレーキ+緊急時プリクラッシュステアリング+後退時ブレーキアシスト+AT 誤発進抑制装置+ツーリングアシスト+全車速追従機能付きクルーズコントロール+車線逸脱抑制機能ほか)/アイサイトセーフティプラス(スバル・リアビークルディテクション+エマージェンシーレーンキープアシスト+アレイ式アダプティブドライビングビーム+デジタルマルチビューモニターほか)/ドライバーモニタリングシステム/コネクティッドサービス(SUBARUスターリンク)/アクティブトルクスプリットAWD/Xモード/フルLEDロー&ハイビーム/ハンズフリーオープンリアゲート/シルバーステッチ本革巻きステアリング/アルミパッド付きスポーツペダル/12.3インチ・フル液晶メーター/11.6インチ・センターインフォメーションディスプレイ&インフォテイメントシステム/前席電動調節機構付きファブリックシート/前後席シートヒーター/ウエルカムライティング/ブラック塗装+メッキフロントグリル/前後バンパーガード/サイドクラッディング/メッキルーフレール
●主要メーカーop:ナッパレザー本革シート/サンルーフ
●設定ボディカラー:ブリリアントブロンズM(写真)/オータムグリーンM/クリムゾンレッドパール(op)/サファイアブルーパール/ストームグレーM/クリスタルブラックシリカ/マグネタイトグレーM/アイスシルバーM/クリスタルホワイトパール(op)
※価格はすべて消費税込み 

レガシィ・アウトバックXブレイクEX Xブレイクはアウトドアシーンでの使い勝手を磨いたワイルド仕様 各部ブラックカラー仕上げ シートは防水性を高めたポリウレタン仕様 メカニズムはリミテッドと共通

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年2月号

  • ・トヨタ/レクサス 新型BEV 16モデル公開
  • ・日産アンビション 2030 始動
  • ・NEWトヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る