ー 

ダイハツ・ロッキーのトヨタ版のライズにもハイブリッドモデルを新設定

Writer:大貫直次郎 

トヨタの人気コンパクトSUVのライズに新開発の「e-SMART HYBRID」を搭載したハイブリッドモデルを追加。合わせてガソリン2WD車のエンジンを新開発の1.2リットルガソリンエンジンに換装

 トヨタ自動車は2021年11月1日、ダイハツ・ロッキーと基本コンポーネントを共用する小型車規格SUVのライズに新開発の「e-SMART HYBRID」を搭載するハイブリッドモデルを設定し、合わせて新開発の1.2リットルガソリンエンジンを2WDモデルに採用して、同日より発売した。

▲トヨタ・ライズZ (ハイブリッド・2WD) 価格:232万8000円 全長3995×全幅1695×全高1620mm ホイールベース2525mm 車重1070㎏ 乗車定員5名 WLTCモード燃費28.0km/リットル

車種展開は以下の通り。
■e-SMART HYBRID搭載車
G・2WD:216万3000円
Z・2WD:232万8000円
■1.2リットルガソリンエンジン搭載車
X・2WD:170万7000円
G・2WD:185万7000円
Z・2WD:203万9000円
■1リットルガソリンターボエンジン搭載車
X・4WD:198万4800円
G・4WD:213万3700円
Z・4WD:229万9200円

▲5穴タイプの17インチアルミホイール(切削光輝+ブラック塗装)やe-SMART HYBRIDエンブレムを専用装備

 まずは新開発の「e-SMART HYBRID」から紹介しよう。e-SMART HYBRIDはエンジンで発電し、その電力を使用してモーターで駆動するシリーズ式ハイブリッドを採用する。発電専用エンジンは、ボア73.5×ストローク94.0mmに設定したWA-VEX型1196cc直列3気筒DOHC12Vユニットで、最高出力は82ps/5600rpm、最大トルクは10.7kg・m/3200~5200rpmを発生。これにE1A型モーター(最高出力78kW/最大トルク170Nm)とリチウムイオン電池(容量4.3Ah)を組み合わせて、前輪を駆動する。トランスアクスルは発電・駆動用のモータージェネレーター(MG)と、減速機構およびディファレンシャル機構からなる動力伝達機構で構成し、また2つのモーターを並列配置することでシステム全体をコンパクトにまとめた。さらに、アクセルペダルの踏み加減を調整するだけで車速をコントロールできる「スマートペダル(S-PDL)」を設定。出足の力強い加速が特徴の「ノーマルモード」と燃費重視の「エコモード」が選択可能で、低速ではクリープ走行を残すことで街乗りや駐車時の扱いやすさにも配慮する。従来通りの運転フィールを求めるユーザー向けに、スマートペダルOFFでの走行もできるようにした。肝心の燃費性能は、クラストップレベルの28.0km/リットル(WLTCモード)を実現している。

▲ハイブリッドシステムはWA-VEX型1196cc直列3気筒DOHC12Vエンジン(82ps/10.7kg・m)+E1A型モーター(78kW/170Nm)+リチウムイオン電池(容量4.3Ah)で構成
▲アクセルペダルの踏み加減を調整するだけで車速をコントロールできる「スマートペダル(S-PDL)」を採用

 デザイン面に関しても、専用のアレンジを施す。外装では5穴タイプの17インチアルミホイール(切削光輝+ブラック塗装)および16インチアルミホイール(シルバー塗装)やe-SMART HYBRIDエンブレムなどを専用装備。同ブランドのRAV4にも似た、トヨタのSUVならではの存在感あふれるフロントマスクは健在だ。また、ボディカラーにはシックなスムースグレーマイカメタリックを追加設定した。

▲ボディカラーは2トーンを3タイプ、モノトーンを8タイプ設定

 一方で内装については、専用ハイブリッドシステムインジケーター(パワーメーター・エネルギーフローモニター・バッテリー残量・平均燃費・瞬間燃費・航続可能距離・外気温・スマートアシスト・故障/停止警告・メンテナンス情報・時計モードなど)を専用装備。また、機能面ではヘッドランプ点灯延長機能やウェルカムランプ機能、車両接近通報装置を標準で採用した。

▲キーを持って施錠状態の車両に近づくとルームランプが点灯するウェルカムランプ機能を標準装備
▲専用ハイブリッドシステムインジケーターを採用
▲Zグレードはシート表皮をファブリック(前席レッドパイピング付)で仕立てる

 2WDモデルに搭載する新1.2リットルガソリンエンジンに話題を変えよう。ボア×ストロークを73.5×94.0mmのロングストロークに設定したWA-VE型1196cc直列3気筒DOHC12Vユニットは、e-SMART HYBRIDに採用するWA-VEX型と同じく、高タンブルストレートポートやデュアルポート+低ペネトレーション噴霧を導入して燃焼効率を高めたうえで、暖気性能を向上させる2系統冷却システムを設定。最高出力は87ps/6000rpm、最大トルクは11.5kg・m/4500rpmを発生する。トランスミッションにはスプリットギヤを用いたCVTを組み合わせ、燃費性能はクラストップレベルの20.7km/リットル(WLTCモード)を実現した。なお、4WDモデルは従来と同様に1KR-VET型996cc直列3気筒DOHC12Vインタークーラー付ターボエンジン(98ps/14.3㎏・m)を採用している。

▲トヨタ・ライズG(ガソリン・2WD) 価格:CVT185万7000円 全長3995×全幅1695×全高1620mm ホイールベース2525mm 車重970㎏ 乗車定員5名 WLTCモード燃費20.7km/リットル
▲電動パーキングブレーキの採用により、全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)に停止保持機能が追加される
▲ロングストロークに設定した新開発のWA-VE型1196cc直列3気筒DOHC12Vエンジンを搭載。最高出力は87ps/6000rpm、最大トルクは11.5kg・m/4500rpmを発生

 安全機能の進化を実施したことも、改良版ライズの訴求点だ。スマートアシストには、新世代のステレオカメラを採用。衝突警報機能および衝突回避支援ブレーキ機能が夜間の歩行者検知に対応し、合わせて標識認識機能では最高速度と一時停止の標識認識種類を加える。さらに、路側逸脱警報機能やふらつき警報機能も追加した。
 走行機能に関しては、旋回時で車両が外側に膨らんでいると検知した場合に内輪にわずかな制動力を加えることで旋回方向を補正し、コーナリングの安定化に寄与する機能を追加したCTA(コーナリングトレースアシスト)を設定。また、電動パーキングブレーキ(オートブレーキホールド機能付)の採用により、全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)に停車保持機能が加わる。さらに、外部給電機能のアクセサリーコンセント(AC100V・1500W/非常時給電システム付)を新たに採用した。

▲外部給電機能のアクセサリーコンセント(AC100V・1500W/非常時給電システム付)を設定

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年2月号

  • ・トヨタ/レクサス 新型BEV 16モデル公開
  • ・日産アンビション 2030 始動
  • ・NEWトヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る