• TOP
  • 「最新モデル試乗」爽快、痛快、スポーティ! MT派イチオシの新型シビック

 ー 

「最新モデル試乗」爽快、痛快、スポーティ! MT派イチオシの新型シビック

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

ホンダ・シビックEX  価格:6MT/CVT  353万9800円 試乗記

ホンダ・シビックEX ラインアップはEXとLXの2グレード構成 エンジン/足回り/18インチタイヤなど走りの機能は両車共通 違いは快適装備 EXはBOSEプレミアムサウンド/アダプティブドライビングビーム標準
ホンダ・シビックEX ラインアップはEXとLXの2グレード構成 エンジン/足回り/18インチタイヤなど走りの機能は両車共通 違いは快適装備 EXはBOSEプレミアムサウンド/アダプティブドライビングビーム標準

MT販売比率は35%! いま走り好きが最も注目するHB

 ホンダの長寿モデル、シビックが11thモデルにスイッチした。シビックは北米を中心に世界各地で販売されるグローバルモデル。日本仕様は、大型テールゲートを備えた5ドアHB。来年e:HEVハイブリッドが追加予定だが、当初のパワーユニットは1.5ℓターボの1種。ただしトランスミッションは、CVTに加え6速MTが選べる。MTの販売比率は、従来型で約30%ほどだったが、新型の受注立ち上がりでは35%を占めるという。

 従来以上に”4ドアクーペ”風でまとめられたルックスは、なかなかスポーティだ。新型はAピラー位置が従来比50mmほど後退しノーズの長さを強調。Aピラーの延長線上に前輪の中心を置いた設定も、躍動感アップにひと役買っている。ボディサイズは全長×全幅×全高4550×1800×1415mm。同クラスのVWゴルフ(同4295×1790×1475mm)と比較し長く、低いプロポーションが特徴だ。
 インテリアの造形は水平基調。ドライビングポジションを決めるとすっきりとした視界が広がる。見やすいメーターグラフィックにも好感を抱いた。装備は充実している。

ヘッドライトは薄型LED EXはホンダ車初のミドルビーム付き最新仕様
ボディは5ドアHB ホンダセンシングは15の機能を備えた最新システム

スポーティというよりレーシー、このMTは味わうだけの価値がある!

 まずはMTでスタート。驚かされたのが、シフトフィールの素晴らしさ。ちょっと硬質ではあるが、シフト方向(縦)にもセレクト方向(横)にも短いストロークで高い剛性感とともにカチリと決まる。そのテイストは何とも秀逸。いわゆるラバーバンド感が抑えられたCVTの印象も悪くないが、スポーティというよりレーシーと表現した方が適切なMTの仕上がりは、予想と期待を遥かに超えていた。シビックのMTは、より優れたものを提供しようと切磋琢磨したことが実感として伝わってくる逸品である。

 1.5リッターの排気量から182ps/240Nmを発揮するターボユニットは、回転の高まりも滑らかで十分にパワフルな印象。ドライバーの意思に素直に応えるパフォーマンスを発揮する。しかも丁寧なアクセルワークを心がければ800rpm付近からでもリカバリー可能なフレキシブルさを備えている。ロードノイズが極力抑えられたことも、走りの上質感に繋がっている。

 足回りもいい。18インチシューズが拾う路面との当たり感はそれなりに感じられるものの、サスペンション自体は良く動いてくれる。高速道路上での高いフラット感とリニアさに富んだワインディング路のハンドリングは文句ナシだ。これで微低速時のしなやかさがもう少し高まれば満点である。
 新型のグランドコンセプトは「爽快シビック」。なるほど、乗れば乗るほどキーワードが納得出来る完成度の持ち主である。

インパネはすっきりとした水平基調 中央に9㌅ホンダコネクトディスプレイ装備 空調ルーバーは内部の構造を隠したデザイン EXの本革巻きステアリングはレッドステッチ入り
シートは快適なボディスタビライジング構造 EXはプライムスムースとウルトラスエードのコンビ 前席は電動式 室内長1915mm
EXのメーターは10.2㌅フルグラフィック仕様 好みに応じ表示モードが選べる設計
6速MTはシフトストロークを従来比5mm短縮 各部の改良で絶妙な変速フィール実現
CVTは7速マニュアルモード付き パドル標準 全開加速ステップシフト制御を導入
ホンダコネクトは地図自動更新機能付きナビ標準 多彩な機能が楽しめる最新仕様
荷室は広く実用的 容量は後席使用時446リッター 横巻き取り式トノカバー標準
1498cc直4DOHC16Vターボ 182ps/6000rpm 240Nm/1700〜4500rpm プレミアム仕様 WLTCモード燃費:16.3km/リッター
235/40R18タイヤ+ブラック&ダーク切削アルミ装着 足回りはしなやかな設定
走りは爽快 伸びやかな加速が印象的 完成度はクラストップ

ホンダ・シビックEX 主要諸元と主要装備

グレード=EX
価格=6MT 353万9800円
全長×全幅×全高=4550×1800×1415mm
ホイールベース=2735mm
トレッド=前1535/後1565
車重=1340kg
エンジン=1496cc直4DOHC16Vターボ(プレミアム仕様)
最高出力=134kW(182ps)/6000rpm
最大トルク=240Nm(24.5kgm)/1700~4500rpm
WLTCモード燃費=16.3km/リッター(燃料タンク容量47リッター)
(市街地/郊外/高速道路=12.2/16.6/18.8km/リッター)
サスペンション=前ストラット/後マルチリンク
ブレーキ=前ベンチレーテッドディスク/後ディスク
タイヤ&ホイール=235/40R18+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=5.7m

●主な燃費改善対策:直噴エンジン/可変バルブタイミング/アイドリングストップ/電動パワーステアリング/自動無段変速機(CVT車)
●主要装備:アダプティブドライビングビーム/LEDフォグランプ/アクティブコーナリングライト/プライムスムーズ&ウルトラスエードコンビシート/前席電動調節機能/BOSEプレミアムサウンドシステム/プラズマクラスター技術搭載AC/ワイヤレス充電器/レッドステッチ本革巻きステアリング/EX専用インテリア/フロントドア&フットLEDアンビエントライト/自動防眩ルームミラー/リアベンチレーション/ブラックドアモールディング/ベルリナブラック&ダーク切削クリア18インチアルミ/ホンダセンシング(衝突被害軽減ブレーキ+前後誤発進抑制機能+近距離衝突軽減ブレーキ+歩行者事故低減ステアリング+路外逸脱抑制機能+渋滞追従機能付きアダプティブクルーズコントロール+車線維持支援システム+トラフィックジャムアシスト+先行車発進お知らせ機能+標識認識機能+オートハイビーム)/パーキングセンサー/ブラインドスポットインフォメーション/後退出庫サポート/フルLEDヘッドライト/ドライバー注意力モニター/アジャイルハンドリングアシスト/デュアルピニオンアシストEPS/ヒルスタートアシスト/ホンダコネクトディスプレー+ETC2.0車載器/デジタルグラフィックメーター/左右独立温度調節式オートAC/ステンレス製スポーツペダル/スマートクリアワイパー/遮音機能付きFウィンドウガラス/プライバシーガラス(リア3面)
●ボディカラー:プラチナホワイトパール (op3万8500円)
※価格はすべて消費税込み 

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報