ー 

フォルクスワーゲンT-Rocに特別仕様車「Black Style」を新設定

Writer:大貫直次郎 

フォルクスワーゲンがクロスオーバーSUVのT-Rocにデザイン性を高める専用内外装を纏った特別仕様車「Black Style」をラインアップ。合わせてT-Crossにデザインパッケージ「ダークデニム」をオプション設定

 フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2021年11月2日、クロスオーバーSUVの「T-Roc(ティーロック)」に特別仕様車「Black Style(ブラックスタイル)」を設定し、同日より発売した。

車種展開は以下の通り。
TSI Black Style:396万7000円
TDI Black Style:416万9000円

▲フォルクスワーゲンTDI Black Style 価格:7DCT416万9000円 全長4240×全幅1825×全高1590mm ホイールベース2590mm 乗車定員5名 写真のボディカラーはインジウムグレーメタリック

 今回の特別仕様車は、1497cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(150ps/250Nm)を搭載する通常モデルの「TSI Style Design Package」と、1968cc直列4気筒DOHC16Vコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン(150ps/340Nm)を搭載する通常モデルの「TDI Style Design Package」をベースに、デザイン性をいっそう高める専用アイテムを内外装の随所に採用したことが特徴である。

▲フォルクスワーゲンT-Roc TSI Black Style 価格:7DCT 396万7000円 写真のボディカラーはピュアホワイト

 まず外装では、専用デザインのCピラーに、ブラックで仕上げたフロントグリル下部やウィンドウフレーム、ドアミラー、サイドストリップ、リアストリップ、ルーフレールを特別装備。足もとには、ブラック塗装の7J×18専用10スポークアルミホイール(タイヤサイズは215/50R18)を組み込む。ボディカラーはフラッシュレッド/ピュアホワイト/ディープブラックパールエフェクト/インジウムグレーメタリック/ターメリックイエローメタリック/ラヴェンナブルーメタリックの全6色を設定し、ルーフカラーはすべてブラックで仕立てた。

▲専用デザインのCピラーを採用
▲ルーフレールやドアミラーをブラックで仕立てる
▲ブラック塗装の7J×18専用10スポークアルミホイールを装着
▲ボディカラーは全6色を設定。ルーフカラーはすべてブラック

 インテリアに関しては、ピアノブラックのダッシュパッドやブラックのヘッドライナー、ブラック基調のシート表皮などを採用してシックかつスポーティに演出。また、先進のインフォテインメントシステム“Discover Media”を標準で装備した。

▲ピアノブラックのダッシュパッドを配備
▲VW純正インフォテインメントシステム“Discover Media”を標準装備
▲シートカラーもブラック基調で仕立てる

 機能面では、パークディスタンスコントロール(フロント/リア、前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能付)とオプティカルパーキングシステムを標準で組み込み、駐車時の利便性および安全性をいっそう引き上げている。

▲パークディスタンスコントロール(フロント/リア、前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能付)を標準装備
▲センサーにより障害物などを検知してディスプレイで知らせるオプティカルパーキングシステムを採用

 T-Roc Black Styleの発売と合わせて、フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンはコンパクトSUVの「T-Cross(ティークロス)」に新たなデザインパッケージ「ダークデニム」をTSI Styleにオプションで用意した。外装ではブラック仕上げのドアミラーや専用18インチアルミホイールを、内装ではダークデニムカラーのダッシュパッドやチタンブラック/ダークデニムのシートを採用。オプション価格は13万2000円に設定している。

▲フォルクスワーゲンT-Cross TSI Styleには新デザインパッケージ「ダークデニム」をオプション設定。価格は13万2000円
▲外装にはブラックのドアミラーや専用18インチアルミホイールを採用
▲内装にはダークデニムカラーのダッシュパッドやチタンブラック/ダークデニムのシートを配備

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報