ー 

BMWの次世代電気自動車「iX」が日本デビュー。車両価格は981~1116万円に設定

Writer:大貫直次郎 

BMWがスタイリッシュな新型電気自動車SUVの「iX」を日本で発売。航続可能距離は650kmを実現

 BMWジャパンは2021年11月4日、次世代電気自動車のSUVであるiXを発売した。

▲BMW iX xDrive50 価格:1116万円 全長4955×全幅1965×全高1695mm ホイールベース3000mm 車重2530kg 乗車定員5名 一充電走行距離はWLTCモードで650kmを実現

車種展開は以下の通り。
iX xDrive40:981万円
iX xDrive50:1116万円

▲iX xDrive50は190kW/365Nmを発揮するフロントモーターと230kW/400Nmを発揮するリアモーター、総電力量111.5kWhのリチウムイオン電池でBMW eDriveシステムおよびエレクトリックxDriveシステムを構成

 注目のパワーユニットは、iX xDrive50に最高出力190kW/8000rpm、最大トルク365Nm/0~5000rpmを発揮するフロントモーターと同230kW/8000rpm、400Nm/0~5000rpmを発揮するリアモーターに、総電力量111.5kWhのリチウムイオン電池を、iX xDrive40に同190kW/7000rpm、290Nm/0~5000rpmを発揮するフロントモーターと同200kW/7000rpm、340Nm/0~5000rpmを発揮するリアモーターに、総電力量76.6 kWhのリチウムイオン電池を搭載して、BMW eDriveシステムおよびエレクトリックxDriveシステム(電子制御前後駆動力配分4輪駆動)を構成。一充電の走行距離はiX xDrive50がWLTCモードで650km、iX xDrive40が同450kmを、交流電力量消費率はiX xDrive50がWLTCモードで190Wh/km、iX xDrive40が同183 Wh/kmを実現した。また、基本的に無音である電気自動車において、オーディオスピーカーから特別に作曲された音を発することで、次世代の走りが体感できるBMWアイコニック・サウンド・エレクトリックも組み込んでいる。

▲充電は急速充電器で最大150kW、自宅や公共の普通充電の設備で最大11kWでの充電が可能

 充電に関しては、急速充電器で最大150kW、自宅や公共の普通充電の設備で最大11kWでの充電が可能。150kWの急速充電利用時では40分以内で約80%までの充電が完了し、また10分の急速充電で約100kmの航続可能距離を伸ばすことができる。11kWの普通充電では、約7時間で0から100%の状態までの充電が可能だ。ブレーキエネルギー回生システムも標準で採用している。

▲高張力鋼板やアルミニウム材、カーボンファイバー材を適材適所に配して高剛性ボディを実現

 基本骨格に関しては、高張力鋼板やアルミニウム材、カーボンファイバー材を適材適所に配した高剛性ボディに、前ダブルウィッシュボーン式/後マルチリンク式のサスペンションを専用セッティングでセット。また、iX xDrive50には走行状態に合わせて常に最良の車両地上高を保つ4輪アダプティブ・エアサスペンションや、走行状況に応じて後輪を積極的に操舵させることで街中での取り回しやスポーティ走行性能を高めるとともに旋回時の安定性を向上させるインテグレイテッド・アクティブ・ステアリング(前後輪統合制御ステアリングシステム)を標準で採用する。さらに、高性能プロセッサーによる高い解析能力で精度と正確性がより向上したドライビングアシスト・プロフェッショナルも組み込んだ。

▲後方へ狭まりながらリアまで続くウィンドウグラフィック“ストリームフロー”や、BMWのSAVでは初採用のフラッシュ・ドアハンドルおよびフレームレスドアを採用
▲大型化したキドニーグリルにはカメラテクノロジーやレーダー機能、最先端センサーテクノロジーといった機構を内包
▲従来のBMW車以上に薄く、かつシャープにアレンジした新デザインのLEDヘッドランプを装備
▲オプションで9.5J×22エアロダイナミックホイール+275/40R22タイヤを設定

 エクステリアに関しては、リアトレッドをワイド化したうえで、最新のエアロダイナミクス技術によって全身を磨き上げたことが訴求点。後方へ狭まりながらリアまで続くウィンドウグラフィック“ストリームフロー”や、BMWのSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)では初採用のフラッシュ・ドアハンドルおよびフレームレスドア、専用デザインのディフューザーなどを採用し、0.25という優れたCd値(空気抵抗係数)を成し遂げる。また、必要な時以外は目立たないよう車両に組み込むという最新の“シャイ・テク”コンセプトのもと、大型化したキドニーグリルにはカメラテクノロジー、レーダー機能、最先端センサーテクノロジーおよびヒーターエレメントといった機構を内包。フロントのLEDヘッドライトとリアのコンビネーションランプを、従来のBMW車以上に薄く、かつシャープにアレンジして、次世代モデルとしての存在感を高めたことも特徴である。一方、足もとには9J×21エアロダイナミックホイール1010バイカラー3Dポリッシュ(ガンメタルグレー)+255/50R21タイヤを標準で採用し、オプションとして9.5J×22エアロダイナミックホイール1021マルチカラー3Dポリッシュ(フローズンミッドナイトグレー)+275/40R22タイヤや9.5J×22エアロダイナミックホイール1020バイカラー3Dポリッシュ(ジェットブラック)+275/40R22タイヤなどを用意した。

▲メーターパネルとコントロールディスプレイを一体化。ディスプレイにはカーブドタイプを採用して操作性と視認性を向上する。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲BMW特有のiDriveコントローラーを他モデルと同様に装備して優れた操作性を実現

 内包するインテリアも、次世代を彷彿とさせるデザインエレメントを数多く取り入れている。BMWライブコックピットは、カーブドディスプレイの12.3インチ・マルチディスプレイ・メーターパネルと14.9インチ・ワイドコントロールディスプレイ(タッチパネル機能付)を、BMW車としては初めて一体化して配備。デザインを際立たせるのと同時に、形状を湾曲したカーブドディスプレイとすることで、操作性と視認性を高めた。また、多くのボダン類を廃止し、合わせて送風口をスリム化することで、運転席まわりをすっきりとさせつつ、BMW特有のiDriveコントローラーを他モデルと同様に装備して優れた操作性を実現する。六角形のステアリングホイールをBMW車として初採用したこともトピックだ。さらに、最新のBMWコネクテッドドライブ・プロフェッショナやBMWインテリジェントパーソナルアシスタントを標準で装備している。

▲ヘッドレスト一体型のシートやセンタートンネルを廃した後席足もとスペースなどによって快適なキャビン空間を創出。写真はSuiteレザー・カスタネア
▲後席にはスルーローディング・システム(40:20:40分割可倒式リアシート)を採用する

 キャビン空間はヘッドレスト一体型のシートやセンタートンネルを廃した後席足もとスペース、開放感を高めるスカイラウンジ・パノラマガラスサンルーフなどを採用して、快適な移動空間を創出。シート自体は、Atelierセンサティック(オイスター/モカ/ブラック)やSuiteレザー(アミド/カスタネア)、Loftクロスストーングレーなどを設定する。また、従来のエアコンディショナーによる温風やシートおよびステアリングヒーターに加えて、センターコンソール/フロントドアパネル/リアドアパネル/ダッシュボード下部の表面が加熱される表面加熱技術を組み込んだヒート・コンフォート・パッケージを標準装備。さらに、後席にはスルーローディング・システム(40:20:40分割可倒式リアシート)を導入する。オプションとして、クラフテッドクリスタルフィニッシュのiDriveコントローラーやスタート/ストップ・ボタンなどを採用したファーストクラス・パッケージ、マルチ・ファンクション・シートなどを配したラウンジ・パッケージも用意した。

▲BMW iX xDrive40 価格:981万円 全長4955×全幅1965×全高1695mm ホイールベース3000mm 車重2380kg 乗車定員5名 一充電走行距離はWLTCモードで450km
▲iX xDrive40は190kW/290Nmを発揮するフロントモーターと200kW/340Nmを発揮するリアモーター、総電力量76.6 kWhのリチウムイオン電池でシステムを構成
▲クラフテッドクリスタルフィニッシュのiDriveコントローラーやスタート/ストップ・ボタンなどを採用したファーストクラス・パッケージをオプション設定

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報