• TOP
  • 「最新モデル試乗」Sクラスの完成度を目指したフレッシュプレミアム、新型メルセデス・ベンツCクラス

 ー 

「最新モデル試乗」Sクラスの完成度を目指したフレッシュプレミアム、新型メルセデス・ベンツCクラス

Writer:西川淳 Photo:小久保昭彦

メルセデス・ベンツC200アバンギャルド 価格:9SATC 654万円 試乗記

メルセデス・ベンツC200アバンギャルド 価格:9SATC 654万円 写真はAMGライン(32万6000円)+リア・アクスルステアリング(14万5000円)装着車 全長×全幅×全高4785×1820×1435mm
メルセデス・ベンツC200アバンギャルド 価格:9SATC 654万円 写真はAMGライン(32万6000円)+リア・アクスルステアリング(14万5000円)装着車 全長×全幅×全高4785×1820×1435mm

新型W206型は190E以来、最もSクラスに似たCクラス

 190Eをルーツに持つCクラスは、約40年間にわたってセグメントリーダーに君臨してきた。とくに従来モデルは好評を博し、日本でも販売台数10万台を達成した。SUV全盛の時代にあって憧れのセダン&ワゴンだったのだ。Cクラスとしては5世代目となる新型(W206型)は、高い人気を背景に従来イメージを継承。堅実かつ現代的なモデルチェンジを受けてデビューした。

 昨今の内燃機関を積んだロングセラーモデルが世代交代する際の要点は、電動化とデジタル化に集約される。新型Cクラスの場合、パワーユニットをマイルドハイブリッド(ISG)もしくはPHEVとすることで全グレードの電動化を達成。中でもPHEV(=C350e)は、EVとして最大100kmほど走る電動車。「これからの時代の最適解」となり得るモデルとして、発表直後から大いに話題をさらった。

 デジタル装備関連では、先行デビューしたフラッグシップのSクラスから多くを受け継いでいる。最新の運転支援システムはもちろん、片側130万画素のLEDヘッドライトやARナビゲーション、リアアクスルステアリングなどが、その代表例だ。
 内外装の基本デザインもSクラス譲り。最新メルセデス共通造形でまとめられた。新型は190E以来、最もSクラスに似たCクラスになった。デザインに加えて内容もSクラス譲りであるという点こそがW206型の凄みだ。

AMGライン(写真)は「スターパターングリル」採用 バンパー部のエアインテークは大型形状 スポーティな印象
Cクラスのボディタイプはセダンとステーションワゴン まず一部セダンのデリバリーを開始 ワゴンは来春納車開始予定 EVとして100km走るPHEV(=C350e)はセダンに設定

パワフルで力強い走り。さすがの完成度を誇る

 試乗車はC200アバンギャルドのAMGライン&リアアクスルステアリング装着車。パワーユニットは、新開発1.5リッター直4ターボ(M254型・204ps/300Nm)に15‌kW電気モーターを加えた48VのISGシステムを積む。ボディサイズは全長×全幅×全高4785×1820×1435mm。旧型と比べると全長は80mm長く、全幅は10mmワイド、全高は5mm高い。かつて「コンパクトメルセデス」と呼ばれたCクラスも立派になったものである。ただし、サイズは大きくなっても取り回し性が悪化していないのがメルセデス流。リアアクスルステアリング車の最小回転半径は5m。非装着車でも5.2mと旧型比で小回りが効く。車重こそやや増加しているが、より使い勝手がよくなったのは評価ポイントだ。

 走り出してすぐに力強さを実感した。旧型に比べて明らかに出足が鋭く、その後の常用域におけるトルクの厚みがはっきりと頼もしい。中間加速も鋭さが増しており、非常に扱いやすい。エンジンで20ps/20Nm、モーターで5kWパワフルになった効果は明白。比較のため旧型に乗り換えて、そのパフォーマンス差に驚いたほどだ。

 新型は、モーターをエンジンとミッションとの間に組み込んでいる。これにより一段と効率的にアシストできるようになった。しかもエンジン再始動時の振動は皆無。回生ブレーキやコースティングのスムーズさも見事だ。

インパネは11.9インチメディアディスプレイをドライバー側に6度傾けた造形 メーターは12.3インチ液晶 AMGラインはツインスポーク本革巻きステアリング標準
AMGラインはスポーツ形状のレザーARTICO/ダイナミカシート装着 前席は電動調節&ヒーター付き 着座位置は低めの設定 後席レッグスペースは旧型比21mm拡大 室内の作りは上質
MBUXシステムは多彩な機能を集約した設計 音声対話でコントロールできる 360度カメラシステム標準

高速時の安定性は兄貴分のEクラス同等。室内は全面刷新

 似合わないとは思いつつ、峠道を意識的に攻め込んでみた。スポーツ性が売り物のセダンでないにもかかわらず、ハンドリングは正確。足回りもよく動いており、安心して踏み込んでいける。懐が深く、簡単には破綻しない。高水準のシャシー性能は全域における安心感の源になっている。
 不満は常用域のブレーキフィール。軽く踏んで減速したい場合に思ったほど制動しないことがあった。制動能力自体は高いが、コツをつかむのがちょっと難しい。

 高速走行時の直進安定性は予想どおり素晴らしい。制御の細かいリアステアがよく効いている。安定感、安心感はほとんどEクラスレベル。ボディが少し大きくなった影響もあって、新型CクラスのライバルはひょっとしてEクラスではないか、と思ったほどだ。
 新型ではっきりと違うのはインテリアのデジタル化だ。デザインも機能もすべてがSクラスと同様のメルセデス最新技術でまとめられている。つまり世界トップクラスの新しさと機能が味わえる。

 新型C200の完成度は高い。だが、ドライブフィールそのものは熟成の進んだ旧型最後期モデルもなかなか優秀だった。それを思うと、「いまが乗り換えるタイミングで、車種はCクラスに決めている」というユーザーでない限り、あわててディーラーへ駆け込む必要はないかもしれない。トータルに判断して、新型Cクラスの本命は、PHEVのC350eだと思う。価格も納車時期も未定だが、待つだけの価値はある。C350eを見てから、どのCクラスにするかを決めるのも悪くない。

ボディカラーは写真のモハーベシルバーメタリックなど全10色を設定
M254型 1496cc直4DOHC16Vターボ(204ps/300Nm)+モーター(15kW/208Nm)の48Vマイルドハイブリッド WLTCモード燃費:14.5km/リッター 加速パワフル 0〜100km/h加速:7.1秒(欧州仕様)
ヘッドライトは片側130万画素のLEDを制御し最適配光を実現
AMGラインはフロントが225/45R18/リアは245/40R18タイヤ+新AMG5ツインスポークアルミ装着
リア・アクスルステアリング(4WS)は取り回し性と操縦性を改善
メーターはステアリング部のスイッチ操作で各種デザインが選べる 最上段は速度/回転計ともデジタル表示したスポーツモード 中間は地図モード 下段は運転支援表示モード
ヘッドアップディスプレイはop ナビ誘導を含め各種情報表示

メルセデス・ベンツCクラス 主要諸元と主要装備

グレード=C200アバンギャルド AMGライン装着車
価格=9SATC 654万円
全長×全幅×全高=4785×1820×1435mm
ホイールベース=2865mm
トレッド=フロント:1590/リア:1575mm
車重=1700kg
エンジン=1494cc直4DOHC16Vターボ(プレミアム仕様)
最高出力=150kW(204ps)/5800〜6100rpm
最大トルク=300Nm(30.6kgm)/1800〜4000rpm
モーター最高出力=15kW
モーター最大トルク=208Nm
WLTCモード燃費=14.5km/リッター(燃料タンク容量66リッター)
(市街地/郊外/高速道路=10.2/15.0/17.1km/リッター)
サスペンション=フロント:4リンク/リア:マルチリンク
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=フロント:225/45R18/リア:245/40R18+アルミ
駆動方式=FR
乗車定員=5名
最小回転半径=5.0m(リアアクスルステアリング装着車)
主な燃費改善対策=ハイブリッド/アイドリングストップ/筒内直接噴射/可変バルブタイミング/電動パワーステアリング
主要装備=レーダーセーフティパッケージ(アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック+アクティブブレーキアシスト+アクティブブラインドスポットアシスト+アクティブレーンキーピングアシスト+アクティブステアリングアシスト+トラフィックサインアシストなど)/ドライブアウェイアシスト/リアクロストラフィックアラート/クロスウインドアシスト/アテンションアシスト/360度カメラシステム/パークトロニック/デジタルライト(ウルトラハイビーム付き)/アダプティブハイビームアシスト・プラス/アジリティコントロール・サスペンション/プライバシーガラス/レザーツインシート/前席メモリー付きパワーシート/分割可倒式リアシート/マルチファンクションステアリング(パドルシフト付き)/電動チルト&テレスコピック機構/ダイナミックセレクト/フットトランクオープナー/前席左右独立温度調節式クライメートコントロール/MBUX(11.9インチメディアディスプレイ+12.3インチコクピットディスプレイ+自然対話式音声認識機能+HDDナビゲーションなど)+ETC2.0車載器
装着メーカーop=ベーシックパッケージ(ヘッドアップディスプレイ+MBUX・ARナビゲーション)15万4000円/AMGライン(スターパターングリル+AMGスタイリングパッケージ+18インチAMG5ツインスポークアルミ+ロゴ付きブレーキキャリパー+フロント・ドリルドベンチレーテッドディスク+スポーツサスペンション+AMGスポーツステアリング+レザーARTICO/ダイナミカシート&レザーARTICOダッシュボード+メタルウィーブインテリアトリム+ステンレス製ペダル+スポーツモード)32万6000円/リア・アクスル・ステアリング14万5000円
ボディカラー=モハーベシルバーメタリック(op9万4000円)
※価格はすべて消費税込み ※標準車はフロント:225/50R17/リア:225/50R17+アルミ

ステアリング右側にACCとメーター調節スイッチをレイアウト
トランク容量は455リッター 後席は左右分割トランクスルー機能付き 広く実用性高水準

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報