ー 

ポルシェ718シリーズのサーキット志向モデル「718ケイマンGT4 RS」が日本デビュー

Writer:大貫直次郎 

500ps/450Nmを発生する自然吸気4リットル水平対向6気筒エンジンを搭載したポルシェ718シリーズの最強バージョン「718ケイマンGT4 RS」が日本での予約受注を開始。車両価格は1843万円に設定

 ポルシェ ジャパンは2021年11月17日、718モデルレンジの頂点に位置するサーキット志向のハイパフォーマンスバージョン「718ケイマンGT4 RS」の予約受注を開始した。車両価格は1843万円に設定。ハンドル位置は右/左を用意している。

▲ポルシェ718ケイマンGT4 RS 価格:7DCT1843万円 全長4456×全幅1801×全高1269mm ホイールベース2484mm 車重1415kg 718シリーズの頂点に位置するサーキット志向のハイパフォーマンスモデル

 718ケイマンGT4 RSは、独ヴァイザッハのポルシェ開発センターの南端に位置し、ポルシェレーシングカーの本拠地であるフラハトにおいて、開発およびテストを実施して製作する。パワーユニットには、911 GT3 Rや911 RSRの血統を受け継ぐ、自然吸気の3996cc水平対向6気筒DOHCエンジンを専用チューニングでミッドシップ搭載。6つの個別スロットルバルブが6つのシリンダーのそれぞれに最適な空気を供給し、またセンターオイルフィードや鍛造ピストン、軽量チタン製ピストンロッドなどを採用して、効率性を引き上げるとともに耐久性を向上させた。切り替え可能な2つのレゾナンスフラップも組み込み、最高回転数は9000rpmに設定。最高出力は500ps/8400rpm、最大トルクは450Nm/6750rpmと、既存のケイマンGT4比で80ps/20Nmものアップを成し遂げ、パワーウエイトレシオは2.83kg/psを実現する。さらに、シルバーカラーの“GT4 RS”ロゴが入ったブラックの強化プラスチック製エアボックスを配して視覚的な楽しみを演出し、合わせてその内部に移設した新開発のエアフィルターを装備する。このエアフィルターは、エンジンに新鮮で最適な空気を供給するだけでなく、ピュアなレーシングカーサウンドの発生にも貢献。同時に、リアサイレンサーと分離化した2つのステンレススチール製テールパイプを備えた大容量の軽量ステンレススチールスポーツエグゾーストシステムを採用して、排気背圧を低減した。
 トランスミッションには、専用セッティングの7速ポルシェデュアルクラッチトランスミッション(PDK)をダイナミックギアボックスマウントで配備。PDKセレクターはマニュアルシフトレバーに基づいて設計し、マニュアルでのシフト操作も可能。また、ステアリングホイールのパドルシフトを使用すれば、さらに直感的なギアシフトが楽しめる。伝達能力を高めるために、機械式ディファレンシャルロックも標準で装備した。性能面では、0→100km/h加速が3.4秒、最高速度が315km/h、0→1/4マイル加速11.3秒と公表している。

▲自然吸気の3996cc水平対向6気筒DOHCエンジンを専用チューニングでミッドシップ搭載。最高回転数は9000rpmに設定。最高出力は500ps/8400rpm、最大トルクは450Nm/6750rpmを発生し、パワーウエイトレシオは2.83kg/psを実現する
▲シルバーカラーの“GT4 RS”ロゴが入ったブラックの強化プラスチック製エアボックスを配して視覚的な楽しみを演出し、合わせてその内部に移設した新開発のエアフィルターを装備する。写真はヴァイザッハパッケージ装着車
▲性能面では0→100km/h加速が3.4秒、最高速度が315km/h、0→1/4マイル加速11.3秒と公表。ニュルブルクリンクのノルドシュライフェ(北コース)を7分9秒300で周回する

 シャシー性能の向上も注目ポイントだ。モータースポーツで使用されるヘルパースプリングおよび専用ホイールマウントと組み合わせたリジッドスプリング、専用設計のショックアブソーバーを組み込んだうえで、精緻なホイールコントロールを可能とするボールジョイントを採用。シャシーの高さ、キャンバー角、トー角、スタビライザーを、サーキットの特徴に合わせて個別に調整することができる。また、30mm車高を低くするポルシェアクティブサスペンションマネージメント(PASM、スポーツ/コンフォートとスポーツ/ハードのモードが選択可)を設定し、車両の重心を下げることでコーナリング性能を向上。さらに、センサーの精度アップを図ったポルシェスタビリティーマネージメント(PSM)や機械式リアディファレンシャルを備えたポルシェトルクベクタリングプラス(PTV Plus)、フロントアクスルリフトシステムなどを標準で組み込んだ。一方、制動機構には前φ408mmディスク+対向6ピストンアルミニウムモノブロックキャリパー/後φ380mmディスク+対向4ピストンアルミニウムモノブロックキャリパーを配備。キャリパーはレッドで塗装し、またディスクには鋳鉄・アルミニウム複合材を採用する。オプションとして、ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)も用意した。

▲足回りはモータースポーツで使用されるヘルパースプリングおよび専用ホイールマウントと組み合わせたリジッドスプリング、専用設計のショックアブソーバーを組み込んだうえで、精緻なホイールコントロールを可能とするボールジョイントを採用する

 ボディに関しては、徹底した軽量化を実施。フロントリッド、フロントフェンダー、サイドエアインテーク、リアウィングなどには、軽量で耐久性のある炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を採用し、またリアウィンドウは軽量ガラスで仕立てる。空車重量は1415kg(DIN)を実現した。一方、エアロダイナミクスの向上も行い、ブレーキ冷却用のNACAエアインテークを配したフロントリッドや新しいデザインのフローアラウンドサイドブレード付フロントスポイラーリップ、ブラック樹脂のGT4 RSロゴ付きサイドブレード、ホイールアーチの空気の流れを最適化するサイドルーバー、リアディフューザーと接続したアンダーボディパネル、気流の動圧を高めてエンジンに空気を供給するリアサイドエアインテーク、スワンネック式の大型リアウィングなどを設定。足もとには、前8.5J×20鍛造アルミホイール+245/35ZR20タイヤ/後11J×20鍛造アルミホイール+295/30ZR20タイヤ(“RS”ロゴ入りホイールハブカバー付)を装着した。

▲ブレーキ冷却用のNACAエアインテークを配したフロントリッドを設定
▲気流の動圧を高めてエンジンに空気を供給するリアサイドエアインテークを装備
▲スワンネック式の大型リアウィングを装着。サイドには“GT4 RS”のロゴを刻む

 内包するインテリアは、断熱材や快適装備を一部省略したうえで、ドライバーの総合的な心地よさ、アクセシビリティ、直接読み取れる情報、優れた機能性、最適な人間工学などに基づいて、コクピットをアレンジする。装備面では、Race-Texで仕立てたステアリングホイールリム、セレクターゲーター、PDKセレクターグリップ、ドアハンドル、ドアパネルアームレスト、センターコンソールアームレスト、Aピラーを含むルーフライニングを採用。ステアリングトップセンターには、イエローのマーカーを配する。また、シートボルスター、ヘッドレスト、ステアリングホイールエアバッグモジュール、ドアパネルアームレストサイド、センターコンソールストレージコンパートメントリッドサイドなどにはレザーを、ダッシュボードとセンターコンソールのデコレーティブトリムにはサテンカーボン織目模様仕上げを導入。さらに、ドアオープナーにはモータースポーツに由来するナイロン製のドアプルループを採用し、合わせてドアにはシンプルな収納ネットを配した。一方、シートにはカーボン織目模様仕上げの炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製フルバケットタイプを採用。最小限の重量で、とくに優れた横方向のサポート性を実現する。また、シートセンターはアークティックグレーまたはダークシーブルーのブラックのパンチング加工を施したRace-Texで仕上げ、ヘッドレストには“GT4 RS”ロゴを刺繍で刻印。フロア面には軽量カーペットを配備した。

▲Race-Texで仕上げたステアリングホイールリム、セレクターゲーター、PDKセレクターグリップ、ドアハンドル、ドアパネルアームレスト、センターコンソールアームレスト、Aピラーを含むルーフライニングを配備
▲シートにはカーボン織目模様仕上げの炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製フルバケットタイプを採用

 最後に、オプション設定のヴァイザッハパッケージ(Weissach package)の内容を紹介しよう。外装の装備アイテムとしては、カーボン織目模様で仕上げたフロントラゲッジコンパートメントリッド、プロセスエアインテーク、クーリングエアインテーク、エアボックスカバー、エクステリアミラーアッパートリム、リアウィングのほか、チタン製のロールケージおよびテールパイプ、リアウィンドウ貼付“PORSCHE”ロゴなどを設定。内装については、Race-Texで装飾したダッシュボード上部や、サーキットをデザインした“Weissach”および“RS”ロゴを刺繍するヘッドレストなどを配備する。また、ヴァイザッハパッケージを選ぶと、約10kgの軽量化を果たす20インチ鍛造マグネシウムホイールをオプションで選択することが可能だ。

▲オプション設定のヴァイザッハパッケージではチタン製のロールケージやサーキットをデザインした“Weissach”および“RS”ロゴを刺繍するヘッドレストなどを設定
▲ヴァイザッハパッケージを選ぶと、20インチ鍛造マグネシウムホイールをオプションで選択することが可能

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年8月号

  • 【特集1】買って後悔しないクルマ
  • 【特集2】いまどきのクルマの買い方
  • 【連載】クルマの通知表

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

Special Magazine別冊

SUV YEAR BOOK 2022

  • 【特別企画】電動車のあるエコロジー&エコノミーな生活
  • 【特別企画】生活を豊かにする新ラグジュアリーSUVの真価
  • 【特集】国産・輸入SUVオールアルバム

SUV YEARBOOK 2022 CAR and DRIVER特別編

詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る