ー 

マツダが北米市場向けのクロスオーバーSUV「CX-50」を初披露

Writer:大貫直次郎 

マツダがクロスオーバーSUV商品群の拡充の一環として、米国新工場で生産する新型クロスオーバーSUVの「CX-50」プロトタイプを公開。生産は2022年1月より開始予定

 マツダの北米事業を統括する「マツダ ノースアメリカン オペレーションズ(Mazda North American Operations)」は2021年11月16日、米国市場向けの新型クロスオーバーSUV「CX-50」のプロトタイプを世界初公開した。

▲マツダCX-50(プロトタイプ) 米国市場向けの新型クロスオーバーSUVで、生産はトヨタ自動車との合弁新工場「Mazda Toyota Manufacturing, U.S.A., Inc.(MTMUS)」にて2022年1月より開始する予定

 マツダは本年10月7日に2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の拡充計画を発表し、スモール商品群の「CX-50」、ラージ商品群の「CX-60」「CX-70」「CX-80」「CX-90」を、2022年から翌年にかけて新たに導入すると公表している。その皮切りになるのが、今回公開された「CX-50」だ。
 CX-50は、マツダにとって最重要市場の1つである米国におけるビジネスを支える基幹車種として新設定。SUVらしい存在感やオフロード性能を求める米国を中心としたユーザーのニーズを取り込み、北米のラインナップに新たに追加する新世代のクロスオーバーSUVである。生産はトヨタ自動車との合弁新工場「Mazda Toyota Manufacturing,U.S.A.,Inc.(MTMUS)」 (米国アラバマ州ハンツビル)において、2022年1月より開始する予定。そして、同工場から送り出される初のマツダ車となる。

▲エレガントな上質感とSUVに求められる力強さおよびタフな機能性を融合させたスタイリング。ホイールアーチやサイドシルなどはブラックの樹脂で仕立てる

 CX-50の特徴を見ていこう。
 まずデザイン面では、新世代の車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を基調に、マツダの造形テーマ「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」のエレガントな上質感とSUVに求められる力強さおよびタフな機能性を融合させた、自然の中でも際立った存在感を放つクロスオーバーSUVに仕立てことが訴求点だ。オフロード走行でも安心な最低地上高を確保し、また高強度ルーフレールなどによるルーフ部への積載性アップや使いやすいパッケージングを成し遂げ、さらにパノラマサンルーフを採用して乗員の開放感を演出するなど、ユーザーがアウトドアアクティビティを満喫できるようにアレンジしている。

▲誰もが安心して運転に集中できるコクピット、ドライバーの視界を広げる安全技術を鋭意採用。空調パネルやメーターパネルなどは新デザイン
▲乗員の開放感を高めるパノラマサンルーフを装備

 パワーユニットは、ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G2.5T」またはガソリンエンジン「SKYACTIV-G2.5」を搭載。全車に最新の電子制御4WDシステム「i-ACTIV AWD」を組み合わせ、さらに新世代走行モードシステムの「MAZDA INTELLIGENT DRIVE SELECT (マツダ インテリジェント ドライブ セレクト、Mi-Drive)」によってオンロードの人馬一体の走りはそのままに、多種多様な路面において高いコントロール性による安心・安全な走りを提供する。また、数年以内にハイブリッドモデルも追加する予定だ。

▲パワーユニットはガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G2.5T」とガソリンエンジン「SKYACTIV-G2.5」を設定。後にハイブリッドを追加予定

 マツダのジェフリー・エイチ・ガイトン専務執行役員 北米事業統括、マツダモーターオブアメリカ,Inc.社長兼CEOは、「米国新工場のMTMUSで生産する初のマツダ車となるCX-50は、米国を中心とするユーザーのニーズを十分に取り込んだモデルとして、マツダの北米市場への強いコミットメントを示す1台。この商品を通じて、ユーザーとの特別な絆をさらに深めていきたい」とコメントしている。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報