• TOP
  • フル電動スポーツカーのポルシェ・タイカンにグランツーリスモスポーツモデルの「GTS」を新設定

 ー 

フル電動スポーツカーのポルシェ・タイカンにグランツーリスモスポーツモデルの「GTS」を新設定

Writer:大貫直次郎 

ポルシェがEVスポーツカーのタイカンに最大504kmの航続距離を実現した新グレードの「GTS」を設定して予約受注を開始。ローンチコントロール使用時オーバーブースト最高出力は440kW(598ps)を発生

 ポルシェ ジャパンは2021年11月17日、フル電動EVスポーツカーのタイカン(Taycan)にグランツーリスモスポーツモデルの「GTS」をラインアップし、同日より予約受注を開始した。車両価格は1807万円に設定する。

▲ポルシェ・タイカンGTS 価格:1807万円 全長4963×全幅1966×全高1381mm ホイールベース2900mm タイカン4Sとタイカンターボの間に位置するグレードで、シリーズ中のスポーティなオールラウンダーという性格を有する

 新設定のGTSは、タイカン4Sとタイカンターボの間に位置するグレードで、シリーズ中のスポーティなオールラウンダーという性格を有している。パワートレインは前後アクスルにモーターを1基ずつ配する、ツインモーターの4輪駆動システムで構成。モーター自体にはソレノイドコイルのヘアピン巻線を採用し、より多くの銅をステーターに組み込むことで、通常の巻線と体積は同じままで出力とトルクを向上させる。また、総容量93.4kWhのパフォーマンスバッテリープラスを搭載し、世界最高レベルの高速充電を実現する800Vの電圧システムを組み込んだ。スペックは最高出力380kW(517ps)、ローンチコントロール使用時オーバーブースト最高出力440kW(598ps)、最大トルク850Nmを発生。性能面では0→100km/h加速が3.7秒以内、最高速度が250km/hに達する。また、充電は普通充電(11kW AC)で0~100%を約9時間、急速充電(50kW DC)で0~80%を約93分でこなし、航続距離はWLTPモードで最大504kmを実現した。

▲パワートレインは前後アクスルにモーターを1基ずつ配する、ツインモーターの4輪駆動システムで構成。スペックは最高出力380kW(517ps)、ローンチコントロール使用時オーバーブースト最高出力440kW(598ps)、最大トルク850Nmを発生する
▲総容量93.4kWhのパフォーマンスバッテリープラスを搭載。航続距離はWLTPモードで最大504kmを実現

 シャシーについてはGTS専用のチューニングを施すとともに、ポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)を統合したアダプティブエアサスペンション、ハンドリングの応答性とコーナリング中のトラクション性能を高めるポルシェトルクベクタリングプラス(PTV Plus)を標準で装備。オプションで専用セッティングのリアアクスルステアリングも用意する。一方、制動機構には前φ360mmディスク+6ピストンアルミニウムモノブロックキャリパー/後φ358mmディスク+4ピストンアルミニウムモノブロックキャリパーを配したポルシェ サーフェスコーテッドブレーキ(PSCB)を採用。キャリパーはレッドで塗装した。

▲シャシーについてはGTS専用のチューニングを施すとともに、ポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)を統合したアダプティブエアサスペンションやポルシェトルクベクタリングプラス(PTV Plus)を標準で装備する

 エクステリアに関しては、ポルシェアクティブエアロダイナミクスシステム(PAA)(アクティブエアインテークフラップおよびアダプティブリアスポイラーを含む)や、ティンテッドのマトリックスビームLEDヘッドライトおよびポルシェダイナミックライトシステムプラス(PDLS Plus)、スポーツデザインのフロントエプロン、“GTS”ロゴをあしらったブラックのインレイを備えるサイドスカート、ブラックでカラーリングされたリアの“Taycan GTS”ロゴと“PORSCHE”ロゴを配したライトスリップ、ハイグロスブラック仕上げのサイドウィンドウトリム、ブラック仕上げのブラシュッドアルミニウムドアエントリーガード、ハイグロスブラックインレイ付のルーバーデザインリアディフューザーなどを専用装備して、スポーティかつ精悍なアピアランスを創出。足もとには、サテンブラック塗装の20インチタイカンターボSエアロホイール(フルカラーのポルシェクレストホイールセンターキャップ付)を装着する。また、ドライブ時の状況や気象条件に応じて日光を部分的に遮ることが可能なパーシャルシェードや、センターコンソールのPCMもしくはダイレクトタッチコントロールを操作すると可変セグメントの照度をリアルタイムで個別に調節できるライトを組み込んだサンシャインコントロールパノラミックルーフをオプション設定(2022年3月発売開始予定)。さらに、カーボンファイバー製のインレイや専用リアディフューザーなどで構成するカーボンスポーツデザインパッケージもオプションで用意した。

▲ティンテッドのマトリックスビームLEDヘッドライトおよびポルシェダイナミックライトシステムプラス(PDLS Plus)を採用
▲“GTS”ロゴをあしらったブラックのインレイを備えるサイドスカートを装着
▲ブラックでカラーリングされたリアの“Taycan GTS”ロゴと“PORSCHE”ロゴを配したライトスリップを設定
▲サテンブラック塗装の20インチタイカンターボSエアロホイール(フルカラーのポルシェクレストホイールセンターキャップ付)を装着
▲サンシャインコントロールパノラミックルーフをオプションで用意

 内包するインテリアは、Race-Texのマイクロファイバー素材とブラックのスムースレザー、高品位な装飾ステッチ、そしてブラックアルマイト仕上げのブラッシュアルミニウムインテリアパッケージを採用して、エレガントかつダイナミックな雰囲気を強調したことが訴求点。また、Race-Tex仕上げのマルチファンクションGTスポーツステアリングや湾曲した16.8インチディスプレイ、ダイレクトタッチコントロール付のセンターコンソール、ステンレススチールのペダルパッドエッジなどを標準で装備する。さらに、前席には18way電動調節式のアダプティブスポーツシートを組み込み、合わせて前後席のヘッドレストには“GTS”ロゴを刻印した。

▲インテリアにはRace-Texのマイクロファイバー素材とブラックのスムースレザー、高品位な装飾ステッチ、そしてブラックアルマイト仕上げのブラッシュアルミニウムインテリアパッケージを採用。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲前席には18way電動調節式のアダプティブスポーツシートを組み込み、合わせて前後席のヘッドレストには“GTS”ロゴを刻印する

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年2月号

  • ・トヨタ/レクサス 新型BEV 16モデル公開
  • ・日産アンビション 2030 始動
  • ・NEWトヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る