ー 

ボルボのクロスオーバーEV「C40リチャージ」が日本デビュー

Writer:大貫直次郎 

ボルボが日本初導入の電気自動車専用モデル「C40リチャージ」を発表。車両価格は719万円に設定し、オンラインのみで販売。まずはサブスクリプション限定で100台を用意

 ボルボ・カー・ジャパンは2021年11月18日、日本初導入の電気自動車専用モデル「C40リチャージ」を発表した。グレードはC40リチャージ・ツイン(C40 Recharge Twin)のみのラインアップで、車両価格は719万円に設定。販売は2022年1月に開設予定の公式オンラインサイトを通じて実施する。また、最初にサブスクリプション限定で100台を用意し、同日より抽選受付を開始。サブスク価格は月額11万円(最長36カ月)に設定した。

▲ボルボC40リチャージ・ツイン 価格:719万円 全長4440×全幅1875×全高1595mm ホイールベース2700mm 車重2160kg 乗車定員5名

 基本骨格にCMAプラットフォームを採用し、クロスオーバーSUVのスタイリングに仕立てたC40リチャージは、パワートレインを前後アクスルにモーターを1基ずつ配する、ツインモーターの電子制御AWDシステムで構成。最高出力は300kW(408ps)/4350~1万3900rpm、最大トルクは660Nm/0~4350rpmを発生する。駆動用リチウムイオンバッテリーは総電力量78 kWhを確保し、総電圧は396Vに設定。充電は普通充電でAC200V(Type1)11kWまで、急速充電でDC(CHAdeMO)150kWまで対応し、150kW急速充電器を使用した際は約40分で0~80%の充電を完了する。一充電走行距離はWLTCモードで485km、交流電力量消費率は同モードで187Wh/kmを実現した。また、車両に組み込んだ通信モジュールにより、ソフトウェアのアップデートをオンラインで行うことを可能としている。

▲パワートレインは前後アクスルにモーターを1基ずつ配する、ツインモーターの電子制御AWDシステムで構成。最高出力は300kW(408ps)/4350~1万3900rpm、最大トルクは660Nm/0~4350rpmを発生する
▲駆動用リチウムイオンバッテリーは総電力量78 kWhを確保し、総電圧は396Vに設定。150kW急速充電器を使用した際は約40分で0~80%の充電を完了する

 走行面では、アクセルペダルのコントロールだけで加速と減速を直感的かつシームレスに制御できるワンペダルドライブ機能を採用する。ペダルを踏むと瞬時に加速し、離すと減速してブレーキをかけて停止。これにより、とくにストップ&ゴーの多い都市交通において、より快適に車両の速度コントロールが可能となり、また緊急時にはアクセルを離した瞬間に制動を開始することで制動距離の短縮に寄与する。さらに、ブレーキエネルギーを積極的に回生することで、航続距離の伸長にも貢献。回生のレベルは、ユーザーの好みに合わせて2つのレベルの設定が可能だ。

▲一充電走行距離はWLTCモードで485km、交流電力量消費率は同モードで187Wh/kmを実現

 エクステリアに関しては、スマートかつ精悍なクロスオーバーSUVのスタイリングを基調に、新開発のピクセルLEDヘッドライト(フルアクティブハイビーム付)やLEDフロントフォグライト(コーナリングライト機能付)、LEDテールライト(シーケンシャルインジケーター)、カラーコーディネート・フロントグリルカバー、パノラマガラスルーフなどを標準で装備。ピクセルLEDヘッドライトは、各ヘッドライトユニットに84個のピクセルLEDを組み込み、カメラセンサーが他の車両を検出すると、同時に最大5台の車両を遮光することができ、他のドライバーを眩惑させることなく常に光のパターンを最適化して前方の道路を効率的に照射する。また、コーナーではステアリング操作に合わせてライトを照射し、進行方向の道路の明るい視界を確保した。一方、足もとには専用デザインの前8.0J×20/後9.0J×20アルミホイールを装着。タイヤは前235/45R20/後255/40R20サイズを組み合わせている。

▲新開発のピクセルLEDヘッドライト(フルアクティブハイビーム付)を装備
▲リアルーフスポイラーとテールゲートスポイラー、LEDテールライト(シーケンシャルインジケーター)を装着
▲乗員の開放感を高めるパノラマガラスルーフを組み込む
▲足もとには専用デザインの前8.0J×20/後9.0J×20アルミホイールを装着

 インテリアに関しては、リサイクル素材を使用したマイクロファイバーと、洗練された感触のハイテク合成素材であるマイクロテックのコントラストによる新シート素材を採用したことがトピック。アクティブなドライビングをイメージしてデザインしたシート造形も印象的だ。また、室内のカーペットには100%リサイクル素材を使用し、環境負荷低減に貢献。一方、バックライト付きの“Topography”半透明のデコラティブパネルとハイレベルのインテリアイルミネーションが、昼夜を問わず独特のキャビン空間を演出する。レザーフリーのテイラードシルクメタル・スポーツステアリング、彫刻的なギアシフト、チャコールのヘッドライニングなどによって、アクティブかつオリジナリティあふれるキャビン空間を創出したことも、C40リチャージの訴求点。さらに、外気温が低い時に周囲の空気またはバッテリーから熱エネルギーを得て、このエネルギーを放出することでキャビンを暖めるヒートポンプ機能を組み込む。Google搭載の新インフォテイメントシステムと9インチタッチスクリーン式センターディスプレイも標準で装備した。

▲レザーフリーのテイラードシルクメタル・スポーツステアリングや彫刻的なギアシフト、チャコールのヘッドライニングなどによって、アクティブかつオリジナリティあふれるキャビン空間を創出
▲バックライト付きの“Topography”半透明のデコラティブパネルを装備
▲リサイクル素材を使用したマイクロファイバーと、洗練された感触のハイテク合成素材であるマイクロテックのコントラストによる新シート素材を採用
▲Google搭載の新インフォテイメントシステムと9インチタッチスクリーン式センターディスプレイを標準装備

 先進安全運転支援機構については、City Safety(衝突回避・被害軽減ブレーキシステム)をはじめ、全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)やパイロットアシスト(車線維持支援機能)、ステアリングアシスト付BLIS(ブラインドスポットインフォメーションシステム)、衝突回避・被害軽減ブレーキ機能付CTA(クロストラフィックアラート)、ランオフロードミティゲーション(道路逸脱回避機能)、オンカミングレーンミティゲーション(対向車線衝突回避支援機能)などを標準で装備。また、最新の先行車発進告知機能やリア衝突回避・被害軽減ブレーキシステムも組み込んでいる。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年2月号

  • ・トヨタ/レクサス 新型BEV 16モデル公開
  • ・日産アンビション 2030 始動
  • ・NEWトヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る