ー 

三菱エアトレックが電気自動車となって中国で復活。航続距離は最大約520kmを実現

Writer:大貫直次郎 

三菱自動車が中国の広州モーターショーでSUVタイプの新型電気自動車「エアトレック」を発表。2022年春に中国市場に投入予定

 三菱自動車の中国における生産・販売合弁会社である広汽三菱汽車有限公司は2021年11月19日、広州モーターショー(会期11月19日~11月28日)においてSUVタイプの新型電気自動車(EV)の「エアトレック(AIRTREK)」を世界初披露した。

▲EV化を果たした新型三菱エアトレック。2022年春より中国市場に投入予定。日本への導入は現在のところ計画されていない

 エアトレックは三菱自動車が2001年から2008年にかけて日本でリリースしていたクロスオーバータイプのSUVモデルで、スマートかつ精悍なスタイリングに、一般的な立体駐車場に入庫可能な1550mm以下のボディ高、そして快適な乗り心地などで好評を博したが、実質的な後継モデルとなるアウトランダーの登場によって、1代限りで姿を消していた。その車名が、新しいEVとなって復活を果たしたのだ。
 EV化した新型エアトレックは、“Electric(電気自動車の「電気」)”“Expanding(カーライフの「拡張」)”“Expressive(三菱自動車らしさの「表現」)”の3つのキーワードからなる「“e”-cruising SUV」というコンセプトを基本にデザイン。EVらしい先進的で洗練させたスタイリングに仕立てるとともに、フロントデザインコンセプト“ダイナミックシールド”や、六角形をモチーフとしたテールゲートなどを採用して、三菱自動車らしい力強い走りを表現するアピアランスを具現化した。

▲“Electric”“Expanding”“Expressive”の3つのキーワードからなる「“e”-cruising SUV」というコンセプトを基本にデザインを手がける

 内包するインテリアは、開放感があって前方の視界がよく、かつ運転姿勢がつかみやすい水平基調のインストルメントパネルを採用。人が触れる部分にソフトパッドを採用して質感を高め、さらにステッチを細部にまで多用するなど、高級で上質な居住空間を創出する。また、ロングホイールベースと幅広いボディ幅によって、ゆったりと家族で過ごせる広々としたキャビンスペースを実現した。

▲ロングホイールベースと幅広いボディ幅によって、ゆったりと家族で過ごせる広々としたキャビンスペースを創出

 EVコンポーネントとしては、70kWhの大容量の駆動用リチウムイオンバッテリーを搭載し、最大約520km(中国CLTC基準)の航続距離を達成。また、バッテリーをフロア中央にレイアウトすることで、低重心かつ理想的な前後重量配分を成し遂げる。さらに、軽量・高剛性なボディに、モーター、インバーター、減速機を1つの軽量コンパクトなユニットに集約し、出力およびトルクを向上させた駆動システムと組み合わせて、電気自動車ならではの力強く滑らかな走りと、キビキビとした操縦性をいっそう際立たせた。

▲70kWhの大容量の駆動用リチウムイオンバッテリーを搭載し、最大約520km(中国CLTC基準)の航続距離を成し遂げる

 なお、新型エアトレックの中国市場への投入は2022年春を予定。日本への導入は、現在のところ計画されていない。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年2月号

  • ・トヨタ/レクサス 新型BEV 16モデル公開
  • ・日産アンビション 2030 始動
  • ・NEWトヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る