• TOP
  • SUBARUレヴォーグがマイナーチェンジ。新開発2.4リットル直噴ターボ"DIT"エンジンを搭載する「STI Sport R」を新規にラインアップ

 ー 

SUBARUレヴォーグがマイナーチェンジ。新開発2.4リットル直噴ターボ"DIT"エンジンを搭載する「STI Sport R」を新規にラインアップ

Writer:大貫直次郎 

SUBARUがレヴォーグの一部改良を実施。機能装備のバージョンアップや新ボディカラーの採用、新開発2.4リットル直噴ターボエンジンを搭載する「STI Sport R」の新設定などを敢行

 SUBARUは2021年11月25日、人気パフォーマンスワゴンのレヴォーグの改良モデルを発表した。

▲SUBARUレヴォーグSTI Sport R EX 価格:8CVT 477万4000円 全長4755×全幅1795×全高1500mm ホイールベース2670mm 車重1630kg 乗車定員5名 WLTCモード燃費11.0km/リットル

車種展開は以下の通り。
GT:310万2000円
GT EX:348万7000円
GT-H:332万2000円
GT-H EX:370万7000円
STI Sport:370万7000円
STI Sport EX:409万2000円
STI Sport R:438万9000円
STI Sport R EX:477万4000円
月販計画は従来と同様、2200台に設定している。

「SUBARUの未来が、ここから始まる」と謳って昨年10月にデビューした第2世代のレヴォーグは、SUBARUに脈々と受け継がれる「より遠くまで、より早く、より快適に、より安全に」というグランドツーリングのDNAを継承し、そのうえでSUBARUの最新技術を鋭意結集して「先進安全」「スポーティ」「ワゴン価値」という3つの価値を革新的に進化させたパフォーマンスワゴンに仕立てている。今回の改良は、その価値をいっそう高める目的で、機能装備のバージョンアップや新ボディカラーの採用、そして新開発の2.4リットル直噴ターボエンジンを搭載する「STI Sport R」の新設定などを実施した。

▲SUBARUレヴォーグGT-H EX 価格:8CVT370万7000円 全長4755×全幅1795×全高1500mm ホイールベース2670mm 車重1570kg 乗車定員5名 WLTCモード燃費13.6km/リットル

 注目の新グレード、STI Sport Rから解説しよう。SUBARUのモータースポーツ活動を統括するSTIとともに開発したSTI Sport Rは、パワーユニットにFA24型2387cc水平対向4気筒DOHC16V・デュアルAVCS直噴ターボ“DIT”エンジンを搭載。最高出力は275ps/5600rpm、最大トルクは38.2kg・m/2000~4800rpmを発生する。トランスミッションには、FA24エンジンと組み合わせるために開発した、スバルパフォーマンストランスミッションと称する
8速マニュアルモード付きの電子制御CVTを採用。駆動機構はVTD-AWD[不等&可変トルク配分電子制御AWD]で構成する。また、Comfort/Normal/Sport/Sport+/Individualから選択できる統合制御機構のドライブモードセレクトを設定。足回りには、専用セッティングのZF製電子制御ダンパーを組み込んだ。

▲STI Sport RはパワーユニットにFA24型2387cc水平対向4気筒DOHC16V・デュアルAVCS直噴ターボ“DIT”エンジンを搭載。最高出力は275ps/5600rpm、最大トルクは38.2kg・m/2000~4800rpmを発生
▲トランスミッションにはFA24エンジンと組み合わせるために開発した、スバルパフォーマンストランスミッションと称する8速マニュアルモード付きの電子制御CVTを採用
▲足回りには専用セッティングのZF製電子制御ダンパーを組み込む

 エクステリアに関しては、STI Sportフロントグリル(メッキ加飾付、ダークグレーシリカ塗装)やSTI Sportフロントバンパー(スカート部:メッキ加飾付)、STIロゴ入り大型マフラーカッター(デュアル)、STIエンブレム(フロント&リア)などを専用装備。シューズには18インチアルミホイール(ブラック塗装+切削光輝)+225/45R18タイヤを装着した。

▲STI Sportフロントグリル(メッキ加飾付、ダークグレーシリカ塗装)を配備
▲STI Sportフロントバンパー(スカート部:メッキ加飾付)を設定
▲STIロゴ入り大型マフラーカッター(デュアル)を配する
▲18インチアルミホイール(ブラック塗装+切削光輝)+225/45R18タイヤを装着

 インテリアについては、本革巻ステアリングホイール(レッドステッチ、高触感革、ピアノブラック調加飾パネル)や本革巻シフトレバー(ピアノブラック調+ダークキャストメタリック加飾)、レッドステッチ入りシフトブーツ、メーターバイザーリング(ダークキャストメタリック加飾)、インパネミッドトリム(表皮巻+レッドステッチ)、インパネ加飾パネル(ダークキャストメタリック)、センタートレイ加飾(ダークキャストメタリック、表皮巻+レッドステッチ)、フロアコンソールリッド(レッドステッチ、ソフトパッドタイプ)、フロント&リアインナードアハンドル加飾パネル(ダークキャストメタリック)、フロント&リア大型ドアポケット(ボトルホルダー付、フェルトタイプ)などを標準で装備。また、STI Sport R EXには12.3インチフル液晶メーター(レッドリング、STIロゴ入り)を、STI Sport Rには4.2インチマルチインフォメーションディスプレイ付ルミネセントメーター(レッドリング照明、STIロゴ入り)を配備する。さらに、シートには本革表皮[ボルドー/ブラック(レッドステッチ)]を採用した。

▲本革巻ステアリングホイール(レッドステッチ、高触感革、ピアノブラック調加飾パネル)や本革巻シフトレバー(ピアノブラック調+ダークキャストメタリック加飾)、レッドステッチ入りシフトブーツなどを標準で装備
▲ボルドー/ブラック(レッドステッチ)カラーの本革シートを採用

 シリーズ全体の変更内容に話を移そう。
 まず外装では、従来型から開口面積を拡大し、さらなる開放感が味わえる電動サンルーフをメーカー装着オプションとして設定(GT-H/GT-H EX、STI Sport/STI Sport EX、STI Sport R/STI Sport R EXで選択可)。また、パワーリアゲートは車内からドアロックしている状態でも運転席スイッチでの開閉操作が可能となり、日常域での使い勝手を向上させた。

▲従来型から開口面積を拡大した電動サンルーフをメーカー装着オプションとして設定

 ボディカラーに関しては、よりスポーティな世界観を表現するセラミックホワイト、サファイアブルー・パール、イグニッションレッドを新たに設定。従来から継続するクリスタルホワイト・パール、アイスシルバー・メタリック、マグネタイトグレー・メタリック、クリスタルブラック・シリカ、WRブルー・パール(STI Sport/STI Sport EX、STI Sport R/STI Sport R EXで選択可)と合わせて、全8色の展開とした。

▲ボディカラーにはセラミックホワイト(写真・上)、サファイアブルー・パール(同・中)、イグニッションレッド(同・下)を新たに設定

 安全面では、アイサイトXの「ドライバー異常時対応システム」機能により車線内で停車した際、すべてのドアを自動で開錠し、非常時の車外からのアクセス・救出をスムーズに行える仕組みに変更している。
 なお、GT/GT EX、GT-H/GT-H EX、STI Sport/STI Sport EXに搭載するCB18型1795cc水平対向4気筒DOHC16VデュアルAVCS直噴ターボ“DIT”エンジン(最高出力177ps/5200~5600rpm、最大トルク30.6kg・m/1600~3600rpm)+8速マニュアルモード付リニアトロニック(電子制御CVT)+アクティブトルクスプリットAWD[電子制御AWD]のパワートレインは、基本的に従来型を踏襲している。

▲ドライバー異常時対応システム機能により車線内で停車した際、すべてのドアを自動で開錠する機能を導入

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年2月号

  • ・トヨタ/レクサス 新型BEV 16モデル公開
  • ・日産アンビション 2030 始動
  • ・NEWトヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る