• TOP
  • 【最新モデル試乗】この広い自由空間をどう使う!? タフで便利、7速ATでキビキビ走る新しい日産キャラバンの可能性

 ー 

【最新モデル試乗】この広い自由空間をどう使う!? タフで便利、7速ATでキビキビ走る新しい日産キャラバンの可能性

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 Photo:小久保昭彦

日産キャラバン・プレミアムGX 価格:7SAT 302万3900円 試乗記

日産キャラバン・プレミアムGX 最大荷室長3050mmを誇るユーティリティモデル 4ナンバー登録車(車検初回2年/以後1年) 両側スライドドアは手動式 新型は一段と装備が充実したグランドプレミアムGX(319万2000円)を新設定
日産キャラバン・プレミアムGX 最大荷室長3050mmを誇るユーティリティモデル 4ナンバー登録車(車検初回2年/以後1年) 両側スライドドアは手動式 新型は一段と装備が充実したグランドプレミアムGX(319万2000円)を新設定

新型はガソリン仕様のみ。ディーゼルは鋭意開発中

 日産キャラバンがマイナーチェンジした。キャラバンはプロユースの商用ライトバン&ワゴン。最近ではアクティブなライフスタイルを楽しむプライベートユーザーからも支持されている。ちなみにリファインを受けたのはガソリン仕様のみ。ディーゼルは現在開発中。当面は従来モデルを継続販売する。

 メカニズム面はトランスミッションを従来の5速ATから、7速ATに変更。合わせてエンジンの改良を行い、排気ガスのクリーン化と燃費の改善を図った。主力となる2ℓユニットのスペックは96kW/178Nm。WLTCモード燃費は8.3km/ℓをマークする。

 安全装備の充実も新型のポイントだ。カメラとミリ波レーダーで構成する新システムにより衝突被害軽減ブレーキの検知性能を引き上げ、車線逸脱警報、標識認識機能、ハイビームアシスト機能をプラス。乗用車と同等のハイスペックに仕上げた。中級グレード以上はアラウンドビューモニターも標準装備する。ただしアダプティブクルーズコントロールはオプションでも設定されない。

 外装は、新意匠グリルとフロントバンパーによりダイナミックな印象が増した。室内はシートを改良。前席を骨盤と胸郭をしっかりサポートする形状に変更し、合わせてクッション部にスラブウレタン層を追加した。メーターやステアリング形状も新しい。

小型車枠に収まるサイズ設定ながら存在感抜群 もちろんユーティリティは満点 全長×全幅×全高4695×1695×1990mm
ボディ色は全8色 写真のピュアホワイトパール(op)はスクラッチシールド仕様

圧倒的なスペース性。走るフリー空間、夢が広がる!

 テストコースでライトバンの上級グレード、プレミアムGXに試乗した。ボディサイズは全長×全幅×全高4695×1695×1990mm。一見、大柄に見えるが、小型車規格に収まる。取り回し性は優秀。驚いたのは圧倒的なスペース性だ。最大荷室長はクラストップの3050mm。後席を立てた状態でも1860mmを確保する。バイクや自転車の積み込みは自由自在。趣味用のプライベート空間としてぴったりのフリースペースである。遊びに長けたプライベートユーザーが注目するのも納得だ。

 ステップに足をかけ、運転席に収まる。前席はちょうど前輪の上に位置する。アイポイントは高く見晴らしは上々。通常のSUV以上の開放感が気持ちいい。ただし運転環境はややタイト。ステアリングシャフトのため足元スペースは制限され、頭上空間もあまり広くない。

 走りは実用十分なイメージ。加速は意外に力強く、7速ATの効果で巡航時のエンジン回転が抑えられ静粛性も高い。乗り心地は上々。空荷での試乗だったが、後輪からの不快な突き上げはなく、しっとりとした乗り味が印象に残った。ボディはしっかりしている。
 キャラバンはプロユースに応える抜群のスペース性の持ち主。酷使に耐えるタフな作りと相まってユーティリティが驚くほど高い。仕事の相棒としてはもちろん、遊びのパートナーとしても気になる存在である。

走りは力強く快適 良好な視界も魅力ポイント ディーゼルは遅れて登場予定
前輪の上にシートを配置 着座位置は高く視界は見晴らし感覚 ステアリングは新Dシェイプ形状 シフトセレクターはインパネにマウントする
新型はシートを改良 前席はクッション部にウレタン層を追加したスパイナルサポート形状 後席は5対5の分割可倒式
荷室は広大 後席使用時の荷室長×幅×高1860×1520×1525mm
便利なマルチベッド仕様(349万8000円〜)を設定 最新版のベッドは3分割構造
メーターは中央部に5inTFTディスプレイを内蔵した新デザイン 回転計標準
新型は7速ATを新採用 ギアレシオの細分化で加速が向上 高速時の静粛性もアップ
ルームミラーはデジタル仕様 アラウンドビューモニター標準
グリルとバンパー形状を一新 ダイナミックな印象を強めた ヘッドライトはハロゲン式
195/80R15タイヤ+カバー付きスチール装着 最小回転半径は5.2m

日産キャラバン 主要諸元と主要装備

グレード=プレミアムGX
価格=7SAT 302万3900円
全長×全幅×全高=4695×1695×1990mm
ホイールベース=2555mm
トレッド=前1475×後1450mm
最低地上高=170mm
荷室長×幅×高=3050×1520×1325mm
車重=1820kg
最大積載量=1000/950/850kg
エンジン=1998cc直4 DOHC16V(レギュラー仕様)
最高出力=96kW(130ps)/5600 rpm
最大トルク=178Nm(18.1kgm)/4400rpm
WLTCモード燃費=8.3km/リッター(燃料タンク容量65リッター)
(市街地/郊外/高速道路=6.2/8.6/9.4km/リッター)
サスペンション=前ダブルウィッシュボーン/後リーフ・リジッド
ブレーキ=前ベンチレーテッドディスク/後ドラム
タイヤ&ホイール=195/80R15+スチール
駆動方式=FR
乗車定員=2/3/5名
最小回転半径=5.2m
●主な燃費改善対策:未公表
●主要装備:インテリジェントエマージェンシーブレーキ/LDW(車線逸脱警報)/インテリジェントDA(ふらつき警報)/VDC/ハイビームアシスト/ヒルスタートアシスト/インテリジェントアラウンドビューモニター/前後カラードバンパー/メッキグリル/メッキバックドアフィニッシャー/ハロゲンヘッドライト/サイドターンランプ内蔵電動格納式ドアミラー(メッキ)/抗菌仕様/ファインビジョンメーター/前席吹き出し口加飾(サテンクロム)/インテリジェントキー/インテリジェントルームミラー/ステアリングスイッチ/オートエアコン+リアクーラー/リアヒーター/LEDリアコンビランプ/スライドサイドウィンドウ(リア両側)/スパイナルサポート機能付きシート(前席・2層ウレタン構造)/分割&リクライニング付きリアシート/ボディサイドトリム/フルルーフトリム/フルラゲッジトリム
●ボディカラー:ピュアホワイトパール(op5万5000円)
※価格はすべて消費税込み

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年8月号

  • 【特集1】買って後悔しないクルマ
  • 【特集2】いまどきのクルマの買い方
  • 【連載】クルマの通知表

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

Special Magazine別冊

SUV YEAR BOOK 2022

  • 【特別企画】電動車のあるエコロジー&エコノミーな生活
  • 【特別企画】生活を豊かにする新ラグジュアリーSUVの真価
  • 【特集】国産・輸入SUVオールアルバム

SUV YEARBOOK 2022 CAR and DRIVER特別編

詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る