• TOP
  • 【トヨタBEV戦略】[1]トヨタが2030年までに30車種のバッテリーEVの展開を予告。まずは「ゼロを超えたその先へ=beyond ZERO」を謳うbZシリーズが始動

 ー 

【トヨタBEV戦略】[1]トヨタが2030年までに30車種のバッテリーEVの展開を予告。まずは「ゼロを超えたその先へ=beyond ZERO」を謳うbZシリーズが始動

Writer:大貫直次郎 Photo:TOYOTA 三橋仁明/N-RAK PHOTO AGENCY

トヨタが新たな電気自動車(バッテリーEV=BEV)戦略を発表。2030年までにグローバルで30車種のBEVを市場に放ち、年間350万台の販売を目指すと予告

 トヨタ自動車は2021年12月14日、今後のバッテリーEV(BEV)戦略の概要を発表。合わせて、bZシリーズ、レクサスBEV、Lifestyle BEV(ライフスタイルBEV)にカテゴライズされた新型BEVのプロトタイプを公開した。

▲トヨタが電気自動車(バッテリーEV=BEV)の新戦略を発表。2030年までにグローバルで30車種のBEVを市場に放ち、年間350万台の販売を目指す

 最初にトヨタの新BEV戦略から解説し、続いてプロトタイプのBEV群を3回に分けて紹介していこう。

 トヨタは世界中のユーザーに支えられているグローバル企業であることを自負し、BEVでも多様な志向に即したモデルをラインアップして、“カーボンニュートラル”の選択肢を精力的に広げていくと宣言。数値としては、2030年までにグローバルで30車種のBEVを市場に放ち、年間350万台の販売を目指すと予告する。このうち、レクサスは100万台を販売し、また北米や欧州、中国市場では100%BEVにする計画だ。電動化における新規投資(研究開発および設備投資)の面では、2022年から2030年の9年間にかけて、BEVに4兆円(うち電池投資に2兆円。本年9月発表の1.5兆円から増額)、HEV/PHEV/FCEVに4兆円、計8兆円を注ぎ込む予定である。
 ここで注目したいのが、BEVと同規模でHEV/PHEV/FCEVに投資する点。これに関して豊田章男社長は、以下のようにコメントする。
「カーボンニュートラルのカギを握るのがエネルギー。現時点では、地域によって、エネルギー事情は大きく異なる。だからこそトヨタは各国、各地域の、いかなる状況、いかなるニーズにも対応し、カーボンニュートラルの多様な選択肢を提供していきたい」
「経営的には、選択と集中をしたほうが効率的かもしれない。しかし、私は未来を予測することよりも、変化にすぐ対応できることのほうが大切だと考えている。だからこそ、正解への道筋がはっきりするまで、(フルラインアップという形で)ユーザーの選択肢を残し続けたい」
 そして、「トヨタが目指すのは、地球環境への貢献や人々の幸せを願い、行動し、寄り添う企業。私たちは、人と社会の“幸せを量産する会社”になりたい」と締めくくった。

▲「ゼロを超えたその先へ=beyond ZERO」を謳うbZシリーズ

 プロトタイプのBEV群を見ていこう。
 まずは「beyond ZERO」を謳うbZシリーズ。会場では、富士重工業と共同開発したEV専用プラットフォームを採用してCセグメントクラスの電気自動車SUVに仕立てた「bZ4X」を最初に紹介。現在、2022年年央の発売に向けて、トヨタ元町工場で生産準備中だという。さらに、BEV新時代を予感させるクーペライクな美しいシルエットをSUVのスタイルに凝縮させた「bZコンパクトSUV(bZ COMPACT SUV)」、125Wh/kmの電費を目指して開発が進行中の小型クロスオーバーSUV「bZスモールクロスオーバー(bZ SMALL CROSSOVER)」、ファーストカーへの期待に寄り添うミディアムクラスのセダン「bZ SDN」、3列シートの配備も可能なラージクラスSUV「bZラージ SUV(bZ LARGE SUV)」といった、多ジャンルの新世代BEVを披露した。

▲Cセグメントクラスの電気自動車SUV「bZ4X」。2022年年央の発売に向けてトヨタ元町工場で生産準備中
▲クーペライクなシルエットをSUVスタイルに凝縮させた「bZコンパクトSUV(bZ COMPACT SUV)」
▲bZシリーズで最もコンパクトな小型クロスオーバーSUV「bZスモールクロスオーバー(bZ SMALL CROSSOVER)」
▲ミディアムクラスのスタイリッシュな4ドアセダン「bZ SDN」
▲3列シートの配備も可能なラージクラスSUV「bZラージ SUV(bZ LARGE SUV)」

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報