ー 

第8世代の新型フォルクスワーゲン・ゴルフの「TDI」が日本上陸

Writer:大貫直次郎 

フォルクスワーゲンが新型ゴルフのディーゼルエンジンモデルを日本で発売。ツインドージング(デュアルAdBlue噴射)システムを初採用した最新世代「TDI」エンジンを搭載

 フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2021年12月21日、8代目となる新型ゴルフにTDIモデルを設定し、2022年1月7日に発売すると発表した。

▲フォルクスワーゲン・ゴルフTDI Rライン 価格:7DSG408万8000円 全長4295×全幅1790×全高1475mm ホイールベース2620mm 車重1460kg 乗車定員5名

車種展開は以下の通り。
TDIアクティブ・ベーシック:344万4000円
TDIアクティブ・アドバンス:398万9000円
TDIスタイル:403万8000円
TDI Rライン:408万8000円

▲フォルクスワーゲン・ゴルフTDIスタイル 価格:7DSG403万8000円 全長4295×全幅1790×全高1475mm ホイールベース2620mm 車重1460kg 乗車定員5名
▲フォルクスワーゲン・ゴルフTDIアクティブ・アドバンス 価格:7DSG398万9000円 全長4295×全幅1790×全高1475mm ホイールベース2620mm 車重1460kg 乗車定員5名

 新設定のTDIモデルは、パワーユニットに最新のテクノロジーとなるツインドージング(デュアルAdBlue噴射)システムを採用し、窒素酸化物(NOx)の排出量を抑制しつつ、従来よりも最大トルクを増大した新世代の1968cc直列4気筒DOHC16Vコモンレール式直噴インタークーラー付ターボディーゼルユニットを搭載する。ツインドージングシステムは、直列に配置した2つのSCR触媒コンバーターから、尿素SCRシステム専用の高品位尿素水である「AdBlue」を注入することで、窒素酸化物(NOx)の排出量を大幅に抑制。また、最新の排気ガス浄化システムを組み込むとともに、各種の最適化を図る。結果的にNOxの排出量は、従来モデルと比べて最大80%削減した。さらに、従来のTDIエンジンよりも低い回転数から最大トルク(360Nm/1600~2750rpm)および最高出力(150ps/3000~4200rpm)を発揮する特性のため、レスポンスが高まると同時に、燃費性能の引き上げ(WLTCモードで20.0km/リットル)を実現した。

▲最新世代の「TDI」1968cc直列4気筒DOHC16Vコモンレール式直噴インタークーラー付ターボディーゼルエンジンを搭載。最高出力は150ps/3000~4200rpm、最大トルクは360Nm/1600~2750rpmを発生
▲直列に配置した2つのSCR触媒コンバーターから尿素SCRシステム専用の高品位尿素水である「AdBlue」を注入することで、窒素酸化物(NOx)の排出量を大幅に削減する
▲トランスミッションには専用セッティングの7速DSGを組み合わせる
▲WLTCモード燃費はeTSIの17.3~18.6km/リットルを上回る20.0km/リットルを達成

 エクイップメント面では基本的にマイルドハイブリッドモデルの「eTSI」に準じ、同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist”やデジタルメータークラスター“Digital Cockpit Pro”といった新型ゴルフならではの先進装備をエントリーグレードのアクティブ・ベーシックから標準で装備。また、走行モードの切り替えが可能なドライビングプロファイルやシートヒーターなどの快適装備も全グレードに標準で組み込む。一方、TDIには新グレードとしてアクティブ・アドバンスを設定。LEDマトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT”やヘッドアップディスプレイ、フォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”といった通常オプション設定の装備を標準で採用した。

▲ボディカラーは全8色から選択可
▲TDI RラインはRライン専用のレザーマルチファンクションステアリングホイールやアルミ調ペダルクラスター(アクセル/ブレーキ)を装備
▲アンスラサイトのトップスポーツシートを装着
▲TDIスタイルはレザーマルチファンクションステアリングホイールやフォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステム“Ready 2 Discover”を標準装備
▲マイクロフリースシートはブラック(写真・上)とストームグレー(同・下)のカラーを設定
▲TDIアクティブ・アドバンスはフォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”やヘッドアップディスプレイを標準で採用する
▲ブラックのファブリックシートを装着
▲静電容量式センサーを採用したステアリングホイールを軽く握っているだけで前走車との車間および走行レーンの中央維持をサポートする同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist”を設定

 なお、新型ゴルフの日本導入時からユーザーの要望が多かった18インチアルミホイール(7.5J×18・5ダブルスポークアルミホイール。タイヤサイズは225/40 R18)をTDI Rラインのオプションとして、合わせてeTSI Rラインにもオプションとして選択できるようにしている。

▲18インチアルミホイールをTDI Rラインにオプション設定

 また、パッケージオプションとしては以下のメニューを用意した。
■Discover Proパッケージ(TDIスタイル/TDI Rライン):19万8000円
 フォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”(SSDナビゲーションシステム、通信モジュール内蔵、MP3/WMA再生、AM/FM、ワイドFM対応、地デジTV受信、Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォン、コネクティビティ機能“App-Connect”)
■テクノロジーパッケージ(TDIスタイル/TDI Rライン):17万6000円
 LEDマトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT”(ダイナミックターンインジケーター付)/ダイナミックコーナリングライト/ダイナミックライトアシスト/駐車支援システム“Park Assist”/ヘッドアップディスプレイ/LEDテールランプ(ダイナミックターンインジケーター付)
■ラグジュアリーパッケージ(TDIスタイル/TDI Rライン):23万1000円
 電動パノラマスライディングルーフ(サンシェード、UVカット機能付)/プレミアムサウンドシステム“Harman Kardon”(総出力480W、12チャンネル-9スピーカー)

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年1月号

  • ・新型SUBARU・WRX・S4
  • ・NEWマツダCX-5
  • ・特集 2022版最新Kカー選び

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る