ー 

新型フォルクスワーゲン・ゴルフの「GTI」が待望の日本デビュー!

Writer:大貫直次郎 

フォルクスワーゲンが新型ゴルフのGTIを日本でリリース。245ps/370Nmを発生する最新世代の2.0TSIエンジンを搭載

 フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2021年12月22日、8代目となる新型ゴルフにGTIモデルをラインアップし、2022年1月7日に発売すると発表した。車両価格は466万円に設定する。

▲フォルクスワーゲン・ゴルフGTI 価格:7DSG466万円 全長4295×全幅1790×全高1465mm ホイールベース2620mm 車重1430kg 乗車定員5名 WLTCモード燃費12.8km/リットル

 新設定のGTIモデルは、パワーユニットに第4世代の“2.0TSI”1984cc直列4気筒DOHC16V直噴インタークーラー付ターボエンジンを搭載。圧縮比は9.6に設定し、先代のGTIをベースとしたハイパフォーマンスモデルのGTIパフォーマンスと同等の最高出力245ps/5000~6500rpm、最大トルク370Nm/1600~4300rpmを発生する。トランスミッションには専用セッティングの7速DSGを組み合わせ、さらに通常の「コンフォート」に加えてエンジン/シフトプログラムおよびエアコンディショナーを省エネモードで作動させる「エコ」、エンジン/シフトプログラムおよびステアリングトルクやアクセルレスポンスをスポーツドライビング志向に最適化する「スポーツ」、ACCやステアリングトルクなどを個別に制御設定できる「カスタム」というドライビングプロファイル機能を組み込んだ。

▲パワーユニットには第4世代の“2.0TSI”1984cc直列4気筒DOHC16V直噴インタークーラー付ターボエンジンを搭載。最高出力は245ps/5000~6500rpm、最大トルクは370Nm/1600~4300rpmを発生
▲トランスミッションには専用セッティングの7速DSGを組み合わせる

 一方で駆動機構には、コーナー内側のタイヤの空転を検知するとディファレンシャル内部のクラッチを締結し、ホイールの回転数や車速などに応じて0~100%の範囲で左右輪のトルクを最適配分する電子制御油圧式フロントディファレンシャルロックを標準装備。また、電子制御式ディファレンシャルロック“XDS”と電子制御油圧式フロントディファレンシャルロックを統合制御することで、より正確性の高いハンドリングを成し遂げる“ビークルダイナミクスマネージャー“を採用する。さらに、操舵機構には専用チューニングのプログレッシブステアリングを装備。前マクファーソンストラット式/後4リンク式の足回りには車高を低く設定(標準仕様比-10mm)するとともに特性を最適化した専用スポーツサスペンションを配し、オプションとして乗り心地をコンフォートからスポーツまで段階的に調整することが可能なアダプティブシャシーコントロール“DCC”を設定した。シューズに関しては7.5J×18・5スポークアルミホイール+225/40R18タイヤを標準で装着し、オプションで8J×19・5ダブルスポークアルミホイール+235/35R19タイヤを用意している。

▲ホイールの回転数や車速などに応じて0~100%の範囲で左右輪のトルクを最適配分する電子制御油圧式フロントディファレンシャルロックを標準装備
▲乗り心地をコンフォートからスポーツまで段階的に調整することが可能なアダプティブシャシーコントロール“DCC”をオプションで設定
▲シューズには7.5J×18・5スポークアルミホイール+225/40R18タイヤを標準で装着
▲オプションとして8J×19・5ダブルスポークアルミホイール+235/35R19タイヤを設定

 エクステリアに関しては、GTI専用のアレンジを随所に採用する。フロント部ではGTI伝統のハニカムグリルからヘッドライトへとつながる赤いストライプを施し、合わせて新造形の大型フロントスポイラーや片側5灯のLEDをX字型に配した専用LEDフォグランプなどを組み込んで、アグレッシブで精悍なマスクを創出。一方、リアビューではルーフ後端に配したスポイラーや専用デザインのディフューザーおよびそこから左右から突き出たクローム仕上げのツインエキゾーストパイプなどを配備して、スポーティかつ印象的な後ろ姿を実現した。ボディカラーはキングズレッドメタリックなど全 7 色をラインアップしている。

▲ボディの全周を取り囲むようにフロントスポイラー、サイドシル、リアディフューザーを設置。空気抵抗係数(Cd値)は0.275を実現
▲片側5灯のLEDをX字型に配した専用LEDフォグランプを組み込む
▲フロントフェンダー、テールゲート、ラジエーターグリルにクローム/レッド仕上げのGTIエンブレムを装着
▲専用デザインのディフューザーに左右から突き出たクローム仕上げのツインエキゾーストパイプを配備
▲ボディカラーはキングズレッドメタリックなど全 7 色をラインアップ

 内包するインテリアは、レッドのアクセントとGTIエンブレムを組み込んだパーフォレーテッドレザー巻きマルチファンクションステアリングホイールやアルミ調ペダルクラスター(アクセル/ブレーキ)、ハニカムメッシュのプリントを配したダッシュパッド、新しいエンジンスタート/ストップボタンなどを標準で装備。また、タコメーターを中央に配置したGTI専用グラフィックのデジタルメータークラスター“Digital Cockpit Pro”や、フォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステム“Ready 2 Discover”も採用する。一方、前席にはGTI伝統のタータンチェック柄を施したファブリック&マイクロフリース表皮のトップスポーツシートを装着。オプションとして、横溝を刻んだ専用レザーシートを用意した。

▲レッドのアクセントとGTIエンブレムを組み込んだパーフォレーテッドレザー巻きマルチファンクションステアリングホイールや新しいエンジンスタート/ストップボタン、VW純正インフォテイメントシステム“Ready 2 Discover”などを標準で採用
▲タコメーターを中央に配置したGTI専用グラフィックのデジタルメータークラスター“Digital Cockpit Pro”を組み込む
▲ハニカムメッシュのプリントを配したダッシュパッドを装着
▲前席にはGTI伝統のタータンチェック柄を施したファブリック&マイクロフリース表皮のトップスポーツシートを装着。後席は分割可倒式
▲横溝を刻んだ専用レザーシートをオプションで用意

 なお、パッケージオプションとしては以下のメニューを設定している。
■Discover Proパッケージ:19万8000円
 フォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”(SSDナビゲーションシステム、通信モジュール内蔵、MP3/WMA再生、AM/FM、ワイドFM対応、地デジTV受信、Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォン、コネクティビティ機能“App-Connect”)
■テクノロジーパッケージ:17万6000円
 LEDマトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT”(ダイナミックターンインジケーター付)/ダイナミックコーナリングライト/ダイナミックライトアシスト/駐車支援システム“Park Assist”/ヘッドアップディスプレイ/LEDテールランプ(ダイナミックターンインジケーター付)
■DCCパッケージ:22万円
 アダプティブシャシーコントロール“DCC”/ 8J×19・5ダブルスポークアルミホイール+235/35R19タイヤ
■レザーシートパッケージ:28万6000円
 レザーシート/パワーシート(運転席〈前後・高さ・角度・リクライニング〉、メモリ付)/パワーランバーサポート(運転席)/シートベンチレーション(運転席/助手席)
■ラグジュアリーパッケージ:23万1000円
 電動パノラマスライディングルーフ(サンシェード、UVカット機能付)/プレミアムサウンドシステム“Harman Kardon”(総出力480W、12チャンネル-9スピーカー)

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年1月号

  • ・新型SUBARU・WRX・S4
  • ・NEWマツダCX-5
  • ・特集 2022版最新Kカー選び

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る