ー 

マツダ・キャロルが全面改良を実施。マイルドハイブリッド車を新設定

Writer:大貫直次郎 

スズキからOEM供給を受けるベーシック軽乗用車のマツダ・キャロルがフルモデルチェンジ。親しみやすく愛着のわく内外装デザインに、マイルドハイブリッドシステムを新搭載

 スズキは2021年12月23日、軽乗用車のアルトを全面改良し、2022年1月中旬より発売すると発表した。

▲マツダ・キャロル・ハイブリッドGX・2WD(写真・右) 価格:CVT125万9500円 全長3395×全幅1475×全高1525mm ホイールベース2460mm 車重710kg 乗車定員4名 WLTCモード燃費27.7km/リットル マツダ・キャロルGL・4WD(同・左) 価格:CVT112万9700円 全長3395×全幅1475×全高1525mm ホイールベース2460mm 車重730kg 乗車定員4名 WLTCモード燃費23.5km/リットル

車種展開は以下の通り。
GL・2WD:CVT99万8800円
GL・4WD:CVT112万9700円
ハイブリッドGS・2WD:CVT109万7800円
ハイブリッドGS・4WD:CVT122万8700円
ハイブリッドGX・2WD:CVT125万9500円

 スズキからOEM供給を受けて販売するキャロルは、アルトをベースとするマツダ・ブランドのベーシックな軽乗用車だ。今回の全面改良では、世代を超えて親しみやすく愛着のわく内外装デザインを採用したうえで、マイルドハイブリッドの搭載や先進安全装備の拡充などによって、ベーシック軽としての訴求力をいっそう引き上げたことが特徴である。

▲マツダ・キャロル・ハイブリッドGS・2WD 価格:CVT109万7800円 全長3395×全幅1475×全高1525mm ホイールベース2460mm 車重700kg 乗車定員4名 WLTCモード燃費27.7km/リットル

 まずエクステリアは、“気軽”“安心”“愛着”をコンセプトにデザインを刷新。親しみやすさを演出するために、丸みを帯びた柔らかなフォルムの中に楕円形のモチーフを取り入れ、小さな車体でも安心感のある立体的な断面にこだわった造形を創出する。さらに、ホイールにはシャープなスポーク形状の14インチアルミホイールのほか、楕円形をモチーフとした14インチフルホイールキャップを設定した。一方、ボディカラーは新色のダスクブルーメタリックとソフトベージュメタリックをはじめとする6タイプのモノトーンカラーに加えて、ホワイトルーフのダスクブルーメタリック2トーンカラーをラインアップしている。

▲ボディカラーは新色のダスクブルーメタリックとソフトベージュメタリックをはじめとする6タイプのモノトーンカラーに加えて、ホワイトルーフのダスクブルーメタリック2トーンカラーを設定

 パッケージングの面では、従来比で全高を50mm、室内高を45mm、室内幅を25mm拡大し、前後席ともに広いヘッドクリアランスやゆとりのあるショルダールームとすることで快適な室内空間を演出。また、フロントドア開口部の高さを20mm拡大して乗降性を高める。合わせて、室内空間を拡大しながら最小回転半径は4.4mに抑え、良好な小回り性を達成した。

▲室内空間を拡大しながら最小回転半径は4.4mに抑え、良好な小回り性を実現

 インテリアについては、抑揚のある面や線で厚みと立体感を表現した、毎日乗っても飽きのこないデザインを実現。また、インパネとドアトリムには落ち着きのあるネイビーカラーを導入し、上質感や居心地のよさを表現する。シート表皮はデニム調のファブリックで仕立て、背面にはブラウンのカラーを採用した。

▲抑揚のある面や線で厚みと立体感を表現した、毎日乗っても飽きのこないインテリアデザイン。インパネとドアトリムにはネイビーカラーを取り入れる
▲シート表皮はデニム調ファブリックで、背面にはブラウンのカラーを採用。室内高は従来比で45mm、室内幅は同25mm拡大

 機能面のグレードアップも新型のアピールポイントで、新設のインパネトレー(助手席)やフロアコンソールトレー、インパネドリンクホルダー(運転席/助手席)をはじめ、大型のスマートフォンも収納できるインパネセンターポケットなど、ドライバーから手の届く位置に豊富な収納スペースを設置。また、アンサーバック機能付アドバンストキーレスエントリー&キーレスプッシュボタンスタートシステムも採用する。荷室スペースは長425(後席格納時1225)×幅905mm、荷室開口幅975×高710mm、開口部地上高660mmを確保した。

▲荷室スペースは長425(後席格納時1225)×幅905mm、荷室開口幅975×高710mm、開口部地上高660mmを確保
▲アンサーバック機能付アドバンストキーレスエントリー&キーレスプッシュボタンスタートシステムを採用

 パワーユニットには、従来から継承するR06A型658cc直列3気筒DOHC12Vエンジン(最高出力46ps/6500rpm、最大トルク5.6kg・m/4000rpm)+CVTとエネチャージの組み合わせに加えて、新たにR06D型657cc直列3気筒DOHC12V・VVTエンジン(最高出力49ps/6500rpm、最大トルク5.9kg・m/5000rpm)+WA04C型モーター(最高出力1.9kW/1500rpm、最大トルク40Nm/100rpm)/ISG(モーター機能付発電機)+リチウムイオン電池(容量3Ah)+CVTで構成するマイルドハイブリッドを採用。WLTCモード燃費は軽自動車トップの27.7km/リットル(2WD)を実現し、軽自動車初の2030年度燃費基準95%達成でエコカー減税(重量税)を成し遂げている。

▲R06DエンジンにISG(モーター機能付発電機)とリチウムイオン電池を組み合わせたマイルドハイブリッドを新搭載

 基本骨格に関しては、剛性、衝突性能、走行性能などに優れ、軽量化にも貢献する軽量・高剛性の新プラットフォームを採用。バックドア、センターピラー、サイドドアでそれぞれ環状構造を形成する“環状骨格構造”とすることで、ボディ全体の剛性を向上させる。また、ボディのルーフパネルとルーフメンバーの接合部に高減衰マスチックシーラーを取り入れ、こもり音や雨音を低減。さらに、懸架機構には専用セッティングの前マクファーソンストラット、後トーションビーム(2WD)/アイソレーテッドトレーリングリンク(4WD)を組み込んで、高剛性ボディとともに快適な乗り心地を実現した。

▲バックドア、センターピラー、サイドドアでそれぞれ環状構造を形成する“環状骨格構造”とすることでボディ全体の剛性を向上

 安全面では、夜間の歩行者も検知するステレオカメラ方式の衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」をはじめ、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシスト、後退時ブレーキサポート、後方誤発進抑制機能などの先進安全システムを全車に採用する。さらに、6エアバッグ(運転席・助手席SRSエアバッグ/フロントシートSRSサイドエアバッグ/SRSカーテンエアバッグ)も全車に標準で装備した。

 なお、新型キャロルは経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーSワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS2)認定車」に該当している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報