ー 

トヨタの超小型電気自動車「C+pod」が個人ユーザーも対象にした販売をスタート

Writer:大貫直次郎 

トヨタが環境に優しい2名乗りタイプのEV「C+pod(シーポッド)」をすべての法人ユーザーや自治体、さらに個人ユーザーに向けて発売。販売契約はリース形式

 トヨタ自動車は2020年12月25日に一部の法人ユーザーや自治体などに向けて販売を開始した超小型BEV「C+pod(シーポッド)」を、2021年12月23日よりすべての法人ユーザーや自治体、さらには個人ユーザーも対象にして販売すると発表した。

▲トヨタC+pod・G 価格:171万6000円 乗車定員2名 写真のボディカラーはオプションのスーパーホワイトⅡ/黒色樹脂ルーフ

車種展開は以下の通り。
X:165万円
G:171万6000円
なお、販売契約はリース形式で、トヨタ販売店およびトヨタレンタリース店にて取り扱いを実施。また、KINTOでの取り扱いも2022年春ごろより開始する予定である。

 環境に優しい2名乗りタイプのEVとして誕生したC+podは、人の移動における1人当たりの高いエネルギー効率を徹底追求。日常生活における近距離移動に加え、定期的な訪問巡回といった法人利用や都市・山間部などそれぞれの地域に即した安心・自由かつ環境に良い移動手段を目指して開発された。

▲トヨタC+pod・X 価格:165円 乗車定員2名 写真のボディカラーはボディ&ドアを白色樹脂の無塗装、ルーフを黒色樹脂の無塗装で仕立てた標準色の2トーンカラー

 ボディサイズは全長2490×全幅1290×全高1550mm、ホイールベース1780mm、トレッド前1105/後1095mmと超コンパクトに設定。最小回転半径は3.9mとし、狭い曲がり角や車庫入れ時などにも切り返しが少ない優れた取り回しを実現する。パワーユニットはコンパクトな1RM型モーター(最高出力9.2kW、最大トルク56Nm)をリアに、リチウムイオンバッテリー(容量51Ah、総電力量9.06kWh)をシート足元の床下に搭載して後輪を駆動。また、基本骨格には高剛性かつ軽量な専用ボディと、路面の凹凸を効果的に吸収する前ストラット式(スタビライザー付)/後トーションビーム式のサスペンションを採用し、上質な乗り心地ときびきびとした安定感のある走りを具現化する。最高速度は60km/hに設定した。

▲ボディサイズは全長2490×全幅1290×全高1550mm、ホイールベース1780mmと超コンパクトに設定。最小回転半径は3.9mとし、狭い曲がり角や車庫入れ時などにも切り返しが少ない優れた取り回しを実現する
▲コンパクトなボディサイズにより駐車スペースを有効に活用できる

 一充電での航続距離はWLTCモード値クラス1(高速道路モードを含まない、最高速度が制限された電気自動車に対応する走行モード規定)で150kmを、交流電力量消費率は同54Wh/kmを達成。付属の充電ケーブル(AC200V・AC100V兼用)を使ったゼロから満充電に要する時間は、単相200V/16Aの普通充電によって約5時間、単相100V/6Aの普通充電によって約16時間でこなす。また、外出先ではEV・PHV充電サポートに加入することでG-Station(充電器)を設置するトヨタ車両販売店をはじめ、全国の普通充電スポットでの充電が可能だ。

▲パワーユニットはコンパクトな1RM型モーター(最高出力9.2kW、最大トルク56Nm)をリアに、リチウムイオンバッテリー(容量51Ah、総電力量9.06 kWh)をシート足元の床下に搭載
▲一充電での航続距離はWLTCモード値クラス1で150kmを、交流電力量消費率は同54Wh/kmを達成する
▲日常で使う充電/給電インレットをヘッドランプの間に設置

 EVならではの利便性を確保した点もアピールポイントだ。停電・災害時などの緊急時に役立つ、最大1500W(AC100V)の外部給電機能を標準で装備。助手席足もとに設けたアクセサリーコンセントに加え、オプションのヴィークルパワーコネクターを車両前方の普通充電インレットに差し込めば、外部給電用のコンセントとして電力が供給できる仕組みとした。

▲助手席足もとにはアクセサリーコンセントを配備する
▲オプションのヴィークルパワーコネクターを車両前方の普通充電インレットに差し込めば、外部給電用のコンセントとして約10時間程度の電力が供給できる

 エクステリアに関しては、モダンで親しみやすいシンプルな造形で構成。キャビン部はブラックアウト化し、そこに特徴的なLEDヘッドランプやLEDリアコンビネーションランプなどを取り込んで凝縮感とEVデザインとして印象的なグラフィックを創出する。また、日常で使う充電/給電インレットをヘッドランプの間に設けて扱いやすさに配慮。外板には軽量な樹脂製パーツを多用し、車重は670~690kgに収めた。ボディ色はボディ&ドアを白色樹脂の無塗装、ルーフを黒色樹脂の無塗装で仕立てた2トーンカラーを標準色として設定し、Gグレードのオプションで2トーン・ボディ(2万7500円)のスーパーホワイトⅡ/黒色樹脂ルーフ、ブラック/黒色樹脂ルーフ、クリームベージュ/黒色樹脂ルーフ、シアンメタリック/黒色樹脂ルーフ、オレンジメタリック/黒色樹脂ルーフという5タイプを用意。さらに、Gグレードのオプションでボディ/ドア/ルーフを塗り分けた2トーン・ドア(4万4000円)のブラック/クリームベージュ/黒色樹脂ルーフ、ブラック/シアンメタリック/黒色樹脂ルーフ、ブラック/オレンジメタリック/黒色樹脂ルーフという3タイプをラインアップした。

▲Gグレードはオプションでボディ/ドア/ルーフを塗り分けた2トーン・ドアのブラック/クリームベージュ/黒色樹脂ルーフ、ブラック/シアンメタリック/黒色樹脂ルーフ、ブラック/オレンジメタリック/黒色樹脂ルーフという3タイプのボディカラーも選択可

 インテリアについては、室内寸法を長1290×幅1100×高1070mmに設定したうえで、大人2名が並んで座れるシンプルなキャビン、助手席オープントレイやカップホルダーなどの収納スペース、日常の買い物の荷物が十分に積載できる長335×幅619×高767mmのラゲッジルームを内包。また、乗降性を重視して、高さ1116mmを確保した大開口のドアに、地上高335mmと低くかつ段差のない乗り込み口、乗り降りしやすいシート高などを採用する。そして、シート表皮はグレーのファブリックで仕立て、Gグレードには快適温熱シートを組み込んだ。一方、インストルメントパネルにはメーターを中心とする機能系装備をホワイトのセンタートレイ上に配置。ブラックを基調とするインテリアとのコントラストにより、実際のサイズ以上に見た目の広さを演出する。スイッチ類もセンターパネルに集約し、人にやさしい操作性を実現した。

▲インストルメントパネルにはメーターを中心とする機能系装備をホワイトのセンタートレイ上に配置
▲室内寸法を長1290×幅1100×高1070mmに設定したうえで、大人2名が並んで座れるシンプルなキャビンを実現
▲高さ1116mmの大開口のドアに、地上高335mmと低くかつ段差のない乗り込み口を確保
▲日常の買い物の荷物が十分に積載できる長335×幅619×高767mmのラゲッジルームを内包

 安全面においては軽自動車向けの基準をもとに、新たに設定された超小型モビリティ用の安全基準に対応。万が一の事故に備え、衝突エネルギーを多くの部材へ効率よく分散吸収させる構造を導入するなどして、前面、側面、後面といったあらゆる方向からの衝突に対しての高い安全性を確保する。また、歩行者への衝撃を緩和する歩行者傷害軽減ボディも採用した。さらに、予防安全技術として車両(昼夜)、歩行者(昼夜)および自転車運転者(昼間)を検知可能なミリ波レーダー+単眼カメラ方式のプリクラッシュセーフティを標準で装備。低速走行時における壁などの障害物との衝突回避または被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]も設定し、合わせてVSC&TRCやEBD付ABS、運転席・助手席SRSエアバッグ、運転席・助手席ELR付3点式シートベルト(プリテンショナー&フォースリミッター機構)なども組み込んで、日常生活での安全な走行をサポートしている。

▲予防安全技術としてミリ波レーダー+単眼カメラ方式のプリクラッシュセーフティを標準装備

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年1月号

  • ・新型SUBARU・WRX・S4
  • ・NEWマツダCX-5
  • ・特集 2022版最新Kカー選び

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る