ー 

東京オートサロン2022で新型日産フェアレディZの日本仕様モデルが初公開

Writer:大貫直次郎 

日産自動車が東京オートサロン2022の出展概要を発表。新型フェアレディZの日本仕様の初公開、キャラバンのカスタマイズコンセプトカーやオーテックのカスタマイズカーの出展など、注目モデルが盛り沢山

 日産自動車およびニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)、オーテックジャパンは2021年12月21日、2022年1月14日~16日に幕張メッセで開催される東京オートサロン2022での出展概要を発表した。

▲新型フェアレディZの日本仕様モデルを初公開。写真は米国仕様モデル

 最大のトピックは、本年8月にワールドプレミアを果たした新型フェアレディZの日本仕様モデルの初公開。魅力的なスタイリングと先進技術がもたらすダイナミックパフォーマンスを有する新世代スポーツカーが、右ハンドルモデルとなっていよいよお披露目されるのだ。また、歴代フェアレディZのスタイリングやカラーリングをオマージュしたカスタマイズプロトモデル「フェアレディZ CUSTOMIZED PROTO」も出展。さらに、2022年シーズンよりSUPER GTシリーズ GT500クラスに参戦する「ニッサンZ GT500」をひな壇に上げる予定だ。

▲2022年シーズンよりSUPER GTシリーズ GT500クラスに参戦する「ニッサンZ GT500」も登場

 本年10月にマイナーチェンジしたキャラバンをベースとする2台のカスタマイズコンセプトカーも要注目。
 1台は「キャラバンMOUNTAIN BASE CONCEPT」で、トレイルランナーが山で遊びつくすための基地として活用できるカスタマイズの提案形だ。車両全体には木目調のラッピングを施し、クラシックな山小屋感を表現。一方、可動式太陽光パネルやインテリアパネルから画面が透過する最新技術など、イノベーティブなアイテムを精力的に採用している。

▲トレイルランナーが山で遊びつくすための基地として活用できるカスタマイズの提案形の「キャラバンMOUNTAIN BASE CONCEPT」

 もう1台は「キャラバンMY ROOM CONCEPT」で、キャラバンが有する広い室内空間を活かして、素敵な部屋を載せた“どこでもMY ROOM”をコンセプトにデザイン。普段の生活のなかで、大切な人と、お気に入りの場所で過ごす――そんなさげなくゆったりとした時間の楽しみ方を、キャラバンをベースに提案している。

▲素敵な部屋を載せた“どこでもMY ROOM”をコンセプトにデザインした「キャラバンMY ROOM CONCEPT」

 本年中にデビューして注目を集めた特別仕様車も多数出展。コロンビアスポーツウェアジャパンとの共同企画により誕生したアウトドア志向の特別仕様車「キックスCOLUMBIA EDITION」、“駿足の電動シティレーサー”をコンセプトにニスモの魂とこだわりを注ぎ込んだスポーツモデル「ノート・オーラNISMO」、クリア塗装を施したニスモ専用カーボン製エンジンフード(NACAダクト付)やレッドリム加飾付きの20インチ専用レイズ製アルミ鍛造ホイール、高精度重量バランスエンジン部品および専用カラー“匠”ネームプレートなどを特別装備する「GT-R NISMO Special edition」2022年モデルといった珠玉のクルマが披露される。さらに、日産の英知を結集した新時代のクロスオーバーEV「アリア」もブースに展示する予定だ。

▲コロンビアスポーツウェアジャパンとの共同企画により誕生したアウトドア志向の特別仕様車「キックスCOLUMBIA EDITION」
▲“駿足の電動シティレーサー”をコンセプトに開発したスポーツモデル「ノート・オーラNISMO」
▲クリア塗装を施したニスモ専用カーボン製エンジンフード(NACAダクト付)などを特別装備する「GT-R NISMO Special edition」2022年モデル
▲日産の英知を結集した新時代のクロスオーバーEV「アリア」

 関連会社のオーテックからは、ノートをベースとした2台のカスタマイズカーが出展される。
 1台は「ノート・オーテック・クロスオーバーCUSTOMIZED」で、オーテックブランドのコンセプト“プレミアムスポーティ”と、SUVの機能やスタイルを融合させ、同ブランド初のコンパクトクロスオーバーモデルとして本年10月に誕生した「ノート・オーテック・クロスオーバー」をベースとする。出展モデルでは、専用デザインのスキッドプレートプロテクターを装着したほか、17インチアルミホイールとリフトアップサスペンションを組み込んで、アクティブな印象をより強調するスタイルに仕上げた。

▲専用デザインのスキッドプレートプロテクターや17インチアルミホイール、リフトアップサスペンションを組み込んだ「ノート・オーテック・クロスオーバーCUSTOMIZED」

 もう1台は「ノート・オーテックCUSTOMIZED」で、ノートのプレミアム感や特別感をさらに強調した「ノート・オーテック」をベースに、17インチアルミホイールやローダウンサスペンションなどを採用して、スポーティなイメージをいっそう高いレベルへと昇華させている。

▲17インチアルミホイールやローダウンサスペンションなどを装備した「ノート・オーテックCUSTOMIZED」

 なお、ショー当日の会場では日産ブース内にグッズ販売のコーナーを設置し、NISSANブランド、NISMOブランド、新型フェアレディZ等のグッズ、限定ミニカー等の販売を実施。また、ブースの様子やトークショーをSNSで生中継する予定である。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年1月号

  • ・新型SUBARU・WRX・S4
  • ・NEWマツダCX-5
  • ・特集 2022版最新Kカー選び

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る