• TOP
  • SUBARUが東京オートサロン2022でモータースポーツ車両のスタディモデル「STI E-RA CONCEPT」を世界初公開

 ー 

SUBARUが東京オートサロン2022でモータースポーツ車両のスタディモデル「STI E-RA CONCEPT」を世界初公開

Writer:大貫直次郎 

SUBARUが東京オートサロン2022の出展内容を予告。モータースポーツ車両のスタディモデル「STI E-RA CONCEPT」やSTIパフォーマンスパーツを装着した「WRX S4 STI performance CONCEPT」「レヴォーグ STI performance CONCEPT」を参考出品

 SUBARUおよびスバルテクニカインターナショナル(STI)は2021年12月23日、2022年1月14日~16日に幕張メッセで開催される東京オートサロン2022での出展概要を発表した。

▲SUBARUのブースでは世界初公開のモデルを含む6台をメインに実車を披露。STIパフォーマンスパーツおよびSUBARU/STIグッズの展示コーナーも設ける

 注目の出品車を見ていこう。
 まず、モータースポーツ車両のスタディモデル「STI E-RA CONCEPT」を世界初公開。同車はカーボンニュートラル時代に向けて、モータースポーツの世界で新しい技術の経験と修練を積むことを目的に新プロジェクトを立ち上げて開発した新世代のモータースポーツ車両で、スタイリングはもちろん、新しいパワートレインにも期待が高まる1台だ。

▲カーボンニュートラル時代に向けたモータースポーツ車両のスタディモデルとなる「STI E-RA CONCEPT」を世界初公開

 “スポーティさ”と“愉しさ”を徹底追求したSTIパフォーマンスパーツを組み込む2台の参考出品車も見逃せない。
 1台は「WRX S4 STI performance CONCEPT」。通常モデルのWRX S4 STI Sport Rグレードをベースに、チェリーレッドのアンダースポイラーをはじめとするSTIパフォーマンスパーツを装着し、さらにカーボンリアスポイラーやパフォーマンスマフラーを特別装備して、究極の一体感を引き上げたスポーツセダンに仕立てている。
 もう1台は「レヴォーグ STI performance CONCEPT」。通常モデルのレヴォーグSTI Sport Rグレードをベースに、チェリーレッドのアンダースポイラーなどのSTIパフォーマンスパーツやワゴンならではの使い勝手を向上させるアイテムを装着し、同時にパフォーマンスマフラーを特別装備して、高いユーティリティとパフォーマンス性能を高次元で融合させている。

▲“スポーティさ”と“愉しさ”を徹底追求したSTIパフォーマンスパーツを組み込む「WRX S4 STI performance CONCEPT」を参考出品

 一方、カスタマイズモデルとして「BRZ STI performance」を披露。BRZ SグレードをベースにSTIパフォーマンスパーツを装着したうえで、随所にチェリーレッド装飾を施して、至極のスポーツクーペモデルに仕上げている。
 また、BRZではSUPER GT 2021 GT300クラスのシリーズチャンピオンマシンである「BRZ GT300 2021」も実車展示。合わせて、STIの平岡社長より2022年のモータースポーツ体制とSTIの今後の活動についてもアナウンスする予定だ。

▲SUPER GT 2021 GT300クラスのシリーズチャンピオンマシンである「BRZ GT300 2021」を実車展示

 なお、SUBARUのブースではWRX S4、BRZ、モータースポーツに関するトークセッションも開催。また、「クルマが当たる!! 東京オートサロン2022アンケートプレゼント」の特賞として、WRX S4 STI Sport R EXをプレゼントとして提供する予定である。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年1月号

  • ・新型SUBARU・WRX・S4
  • ・NEWマツダCX-5
  • ・特集 2022版最新Kカー選び

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る