• TOP
  • 名車GT1300ジュニアをオマージュしたアルファロメオ・ジュリア/ステルヴィオの限定モデルが日本上陸

 ー 

名車GT1300ジュニアをオマージュしたアルファロメオ・ジュリア/ステルヴィオの限定モデルが日本上陸

Writer:大貫直次郎 

アルファロメオのスポーツサルーンのジュリアとプレミアムSUVのステルヴィオに特別限定モデルの「GTジュニア」を設定。1965年に登場したGT1300ジュニアをイメージした「リーパリーオーカー」の専用ボディカラーを採用

 FCAジャパンは2022年1月5日、アルファロメオのスポーツサルーンのジュリアとプレミアムSUVのステルヴィオに特別仕様車の「GTジュニア(GT Junior)」をラインアップして発売した。車両価格および販売台数は、ジュリアGTジュニアが680万円/99台限定、ステルヴィオGTジュニアが792万円/40台限定に設定する。

▲アルファロメオ・ジュリアGTジュニア(写真・左) 価格:8SAT680万円 販売台数は99台限定 アルファロメオ・ステルヴィオGTジュニア(同・右) 価格:8SAT792万円 販売台数は40台限定

 今回の特別仕様車は、いわゆる“段付き”のフード(前期型)や1本タイプのホリゾンタルバーのフロントグリルなどを採用し、パワーユニットに2基のツインチョークウェバーキャブレターを組み合わせる1290cc直列4気筒DOHCエンジン(89ps)を搭載した、かつてのジュリア・シリーズの高性能ベルリネッタ(クーペ)「1300GTジュニア」(1965~1977年)をオマージュして製作される。ベース車は、ジュリアが1995cc直列4気筒マルチエア16V直噴インタークーラー付ツインスクロールターボエンジン(280ps/400Nm)を搭載する2.0ターボ・ヴェローチェ、ステルヴィオが同ユニットに電子制御式4輪駆動システムのQ4を組み合わせた2.0ターボ・Q4ヴェローチェだ。

▲今回の特別仕様車は1965年から1977年まで生産して10万台あまりが販売された、かつてのジュリア・シリーズの高性能ベルリネッタ「1300GTジュニア」をモチーフに製作される。写真は“段付き”フードを配した前期型

 エクステリアでは、ボディ色に1300GTジュニアのイメージカラーを現代風にブラッシュアップした、特別設定色で三層コートの「リーパリーオーカー」を採用したことがトピック。1960年代の古き良き時代を彷彿させつつ、モダンかつグラマラスなルックスをいっそう際立たせている。合わせて、ブラック仕上げのフロントグリル/ミラーハウジング/エキゾーストパイプやダーク仕上げの車名および“VELOCE”エンブレムを特別装備。足もとには、ジュリアが新デザインの19インチ5ホールデザインアルミホイール(モノトーンセンターキャップ)+前225/40後255/35R19ランフラットタイヤを、ステルヴィオが新デザインの21インチ5ホールデザインアルミホイール(モノトーンセンターキャップ)+255/40R21タイヤを装着した。

▲ジュリアGTジュニアの主要諸元は全長4655×全幅1865×全高1435mm/ホイールベース2820mm/車重1660kgに設定。ボディカラーには特別設定色で三層コートの「リーパリーオーカー」を纏う。ポップアップ式ヘッドライトウォッシャーを特別装備
▲ステルヴィオGTジュニアの主要諸元は全長4690×全幅1905×全高1680mm/ホイールベース2820mm/車重1880kgに設定。ボディカラーには特別設定色で三層コートの「リーパリーオーカー」を採用する
▲ブラック仕上げのフロントグリル(写真・上)とミラーハウジング(同・下)を特別装備
▲ジュリアGTジュニアには新デザインの19インチ5ホールデザインアルミホイール(モノトーンセンターキャップ)を装着
▲ステルヴィオGTジュニアには新デザインの21インチ5ホールデザインアルミホイール(モノトーンセンターキャップ)を組み込む

 内装については、ダブルサンルーフや後席シートヒーターを配して快適性を高めたことが訴求点。ベースモデルと同様、スポーツレザーステアリング(ステアリングヒーター付)やブラックスポーツレザーシート、Connect システム(8.8インチタッチディスプレイ、ロータリーパッド、音声認識機能)、ナビゲーションシステム、地上デジタルTVチューナー、harman/kardonプレミアムオーディオシステムなども標準で採用している。

▲ベースモデルと同様にスポーツレザーステアリング(ステアリングヒーター付)やConnect システム(8.8インチタッチディスプレイ、ロータリーパッド、音声認識機能)を標準で組み込む。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲開放感を高めるダブルサンルーフを特別装備
▲ブラックスポーツレザーシートを採用。前席は8ウェイパワー調整機構付き
▲前席に加えて後席にもシートヒーターを配備

 機構面に関しては、減衰力調整式のアクティブサスペンション“ALFAアクティブサスペンション”や、コーナーの立ち上がりでのトラクションと走行安定性を高めるリミテッドスリップディファレンシャル(LSD)を標準で採用。また、スポーツブレーキ/ブラック仕上げブレーキキャリパーを特別装備した。

▲スポーツブレーキ/ブラック仕上げブレーキキャリパーを特別装備

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年2月号

  • ・トヨタ/レクサス 新型BEV 16モデル公開
  • ・日産アンビション 2030 始動
  • ・NEWトヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る