ー 

スポーティさをより際立たせたフィアット500の限定モデルが登場

Writer:大貫直次郎 

イタリアブルーのボディカラーや専用エアロパーツを纏ったフィアット500の特別仕様車「500スポーツ」が日本デビュー。販売台数は185台限定

 FCAジャパンは2022年1月6日、フィアット500に特別仕様車「500スポーツ(500 Sport)」をラインアップし、1月15日より販売すると発表した。車両価格は274万円に設定。販売台数はデュアロジック(ATモード付5速シーケンシャル)仕様が150台、5速MT仕様が35台の限定だ。

▲フィアット500スポーツ 価格:5MT/5AMT274万円 全長3610×全幅1625×全高1515mm ホイールベース2300mm 車重1040kg 乗車定員4名 販売台数はデュアロジック(ATモード付5速シーケンシャル)仕様が150台、5速MT仕様が35台の限定

 今回の特別仕様車は、パワーユニットに875cc直列2気筒マルチエア・インタークーラー付ターボエンジン(85ps/145Nm)を搭載する500ツインエアをベースに、専用の内外装パーツやボディカラーを採用して、スポーティ感をより際立たせたことが特徴である。

▲ボディカラーに地中海をイメージさせる鮮やかなブルーの「イタリアブルー」を採用。合わせて空力特性を高める専用デザインの前後バンパーやサイドスカートを特別装備する

 まず外装では、ボディカラーに地中海をイメージさせる鮮やかなブルーの「イタリアブルー」を導入したことがトピック。合わせて、空力特性を高める専用デザインの前後バンパーやルーフスポイラー、サイドスカートを特別装備する。さらに、ダークグレー仕上げのドアミラーカバーや“SPORT”エンブレム(フェンダー部)を専用装備。足もとには、16インチ14スポークアルミホイール+195/45R16タイヤを組み込んだ。

▲ボディ同色のルーフスポイラーを設定
▲ダークグレー仕上げのドアミラーカバーを専用装備
▲足もとには16インチ14スポークアルミホイール+195/45R16タイヤを装着
▲フェンダー部に“SPORT”エンブレムを貼付

 内装については、シックなブラック基調のカラーで仕立てたうえで、レザースポーツステアリング(オーディオ/ハンズフリーコントローラー付)やダークグレー仕上げインストルメントパネル、専用シフトノブ(5速MT)、専用フロアマットを特別装備してスポーティ感をアップ。また、シートにはテクノレザーとファブリックを組み合わせた専用表皮を採用した。

▲シックなブラック基調の内装カラーで仕立てたうえで、レザースポーツステアリングや専用シフトノブ(5速MT)を特別装備。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲ダークグレー仕上げのインストルメントパネルを装着
▲テクノレザーとファブリックを組み合わせた専用シート表皮を採用。“500”ロゴをレッドのステッチで入れる

 機能面では通常モデルのツインエア・ドルチェヴィータと同様、バイキセノンヘッドライトやTFTメータークラスター(ECOインジケーター付)、フルオートエアコンディショナー、Apple CarPlay/Android Auto対応オーディオプレイヤー(Uconnect)/7インチタッチパネルモニター、マルチファンクションディスプレイ、ガラスルーフ(固定式)などを標準装備。先進安全機構として、ABS+EBDやESC(エレクトロニックスタビリティコントロール)、7エアバック、リアパーキングセンサーなども組み込んでいる。

▲パワーユニットには875cc直列2気筒マルチエア・インタークーラー付ターボエンジン(85ps/145Nm)を搭載

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年2月号

  • ・トヨタ/レクサス 新型BEV 16モデル公開
  • ・日産アンビション 2030 始動
  • ・NEWトヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る